1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

やりたいことを探すことが、今のやりたいこと!物足りなさ解消のために、個人事業主からエフ・コードにジョインした理由とは?

ファーストキャリアとして大手企業に入ったものの、「物足りなさ」を感じて、個人事業主として営業代行を行っていた、Webコンサルティングユニットの宮村 捷也(かつや)。

「やりたいことを探すのが、今のやりたいこと」と言う宮村が、エフ・コードにジョインした理由や、働きがいについて語りました。

安定よりも、成長速度が欲しかった

「就活のときには、知名度がある企業に入りたかった。」そんな気持ちで、大手不動産会社に入ったものの、感じたのは「物足りなさ」でした。

確かに、安定していたとは思いますが、成長曲線が緩やかだと感じていました。

例えば、一人前の担当としてお客様を任せていただくのには、数年単位で時間を要します。もちろん、不動産売買の知識や経験が必要となるので、当然といえば当然なのですが、成果のわかりやすさや、頑張った分だけの評価が欲しいと思っていましたね。

独立と、マーケティングの可能性

その後、個人の力で営業をやりたいと思い、営業代行として独立します。

当時お付き合いがあった企業が開発・運営している社会人向け研修プログラムを販売するという形です。

ここで感じたのは、リード獲得の大変さです。

新規で営業するよりも、成約率の高いリードがデジタルマーケティング経由で獲得出来るという話を聞き、仕組みやノウハウのほうに興味を持つようになっていきました。


エフ・コードとの出会い

転職活動と言うよりは、マーケティングに知見のある方に話を聞くなかで、出会ったのがエフ・コードでした。

直接話を聞いて感じたのは、ベンチャーによくあるような“変なテンション”というか、ギラギラ感がないということでした。

もちろん、仕事自体は、与えられた役割をこなすという形ではなく、個々の「スキルセット」を生かした動き方が求められます。

手を挙げた人に積極的に案件が振られ、やりたいことをどんどんやれるという環境です。

個人的には、すべて整備されている環境よりも、いい意味で“カオス”な環境が好きだったので、合っていると思います(笑)。

働きがいとダイバーシティ

いい意味で「カオス」というのは、色々な考え方、バックボーン、スキルセットの方がいるということです。

例えば、成長欲求が高く貪欲に仕事に向かい合うメンバーがいる一方で、趣味の時間を確保するために、働く時間をしっかり決めて、時間内でのクオリティを徹底的に上げようとしている方。

フレックスタイムやリモートを上手く生かして、家事や育児と仕事の両立を行っている方もいらっしゃいます

また、最初のうちは、作業的なタスクが多いのが一般的だと思いますが、クライアントへの提案やアイディア・仕組みづくりにも携われるので、そういった点は自分の期待通りでした。。

実際、ある有名ネット企業の新規事業初期プロモーション案件では、市場分析から顧客ターゲティング、実際の施策に至るまで包括的な提案をさせていただきました。ロールモデルがない中で当然正解もなく、最適解を導き出し、それを正解にするための施策を実行するところまで携われることはエフ・コードならではの面白みだと思います。プレッシャーもそれなりにありますけど(笑)



やりたいことが、「今」なくてもいい

就活や転職の際に、「自分のやりたいこと」を聞かれるのが、実は、結構苦手でした。

「何かやりたいことがないとダメ」みたいな風潮を敬遠していましたが、今は、「30歳までにやりたいことを見つける」というのが目標だと胸を張って言えます。

そして、それを見つけたときに、世に広めるための方法として・広告やマーケティングを学んでいます。

こういう価値観になれたのも、色々な方がいるエフ・コードの環境によるところが大きいかも知れません。

また、個人的には、陸上競技が長くやっていたことで、課題は「自分の中」にしかなく、常に改善の一手を考えていた習慣が、上手く機能していると感じています。

エフ・コードでは、「今、何ができるかどうか」よりも、改善するための行動を止めない姿勢が求められます。

そういった環境を「面白い」と、前向きに捉えられる方と、ぜひ一緒に仕事ができたらと思います。


株式会社エフ・コードでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング