1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「webマーケがやりたい」から「EXIDEAに入りたい」へ変わった瞬間

こんにちは!EXIDEAwebメディア事業部の高正です。

私は新卒で入社した印刷会社を退職し、現在はEXIDEAでwebサイトのディレクターを務めています。いわゆる「未経験からの転職組」です。

転職活動のためにWantedlyを閲覧している方の中には「web系の仕事に挑戦したいけど、業務経験が一切ない」という方も多いかと思います。実際、昨年の私がそうでした。前職ではサイトやリスティング広告の運用経験もありませんし、HTMLやCSSを触ったこともありません。

今回は、そんな私がweb未経験でEXIDEAへ転職するに至った理由と、経緯についておはなしさせていただければと思います。「未経験だけど、webマーケティング業界やEXIDEAへの転職を検討している」方は是非参考にしていただけると嬉しいです。

そもそも、なぜ転職しようと思ったか

私は、「モノやサービスを広める仕事がしたい」という軸を持って新卒で大手の印刷会社に就職しました。歴史のある大企業で安定もしていたのですが、仕事をこなすうちに以下のような理由で転職を考えるようになります。

就活の軸と実際の業務内容が乖離している(私が配属された部署はクライアントのバックオフィス支援が中心でした)
スキルに対する不安感(会社がなくなっても転職できる、生きていける自分固有のスキルが欲しい)

「モノやサービスを広めることができ、将来活かせるスキルにもなる仕事って何だろう?」という問いに対しての答えが、自分にとってはwebマーケティングでした。転職せずに社内でwebマーケティングに携わることも目指しましたが、それは叶わず働きながら転職活動をスタートすることとなります。

ただ、転職活動は上手くいかず、「未経験歓迎」の企業に5ヶ月で20社以上受けて内定はゼロ。非常に落ち込みました。

当時は落ちた原因を「自分の職務経歴などに問題があったのかな」と考えていましたが、今振り返ると「絶対にこの会社に入りたい」という熱意や、姿勢を伝える部分でどこか欠けていたのだと感じています。

転機となったEXIDEAとの出会い

転職活動開始から5ヶ月経った頃、「エージェントに頼るやり方を変えよう」と思い立ち、Wantedlyに登録。そして、登録後すぐに出会ったのがEXIDEAです。

人事の山本さんにコンタクトを取ったところ、「ミートアップ」と呼ばれる社員と交流できるイベントの案内をいただきました。このミートアップこそ私の転職活動が大きく変わるきっかけとなります。

まずミートアップで衝撃を受けたのが、「EXIDEAはグロースハッカー集団である」ということ。グロースハッカーについてものすごくざっくり言うと「分析・戦略立案・実行のサイクルを圧倒的な回数で繰り返し、事業の成長を導くwebマーケター」のことを指します。

webマーケティング系の企業では、「分析」「戦略立案(企画)」「実行(ライティング・コーディング)」など分業化されているところが多いのですが、EXIDEAではこの全てを1人で行うのが特徴。「将来のためにスキルを身に着けたい」と考えている私にとってまさに理想的な職種でした。

加えて、衝撃を受けたのが同年代の社員のレベルの高さです。ミートアップで交流した社員は私と同い年である瀬田(執行役員)や篠原の2人。2人ともグロースハッカーとして多種多様な業務を任されているのですが、会話を通じてスキル面はもちろん、最先端のwebマーケティングを追い求める視座の高さがひしひしと伝わってきたことを今でも覚えています。そんな2人の姿は、当時の自分にとって「こうなりたい」という羨望の対象になりました。(今も思ってます!)

ミートアップに参加した結果として、私の転職活動は「webマーケがやりたい」から「EXIDEAに入社したい」、「EXIDEAでグロースハッカーになりたい」に変わることとなります。

「EXIDEAに入社したい!」がもたらしたもの

その後、EXIDEAから内定オファーをいただき、こうして今フィードを書くことができているのですが、オファーをいただけたのも「EXIDEAに入社したい」という強い想いがあったからこそだと考えています。

私の場合、EXIDEAに入社したいという想いが「志望動機」や「入社してこうなりたい」という部分の深掘りに繋がり、その内容を選考時に熱を込めて話せるようにもなりました。

アリストテレスは人を動かす3つの要素としてロゴス(論理)・エトス(信頼)・パトス(感情)があると言いましたが、「EXIDEAに入社したい」という想いは、私の言葉にパトスを乗せてくれたのだと思います。

最後になりますが、現在転職活動に苦戦しているのであれば一度選考をストップして、ミートアップに参加してみてもいいかもしれません。働いているメンバーと話すことで、自分が「パトスを乗せて話せる」ような、どうしても行きたい企業が見つかることもあります。

そして、その企業がEXIDEAなのであれば、熱意はきっと面接でも伝わるはずです。是非、一緒にグロースハッカーを目指しましょう!

株式会社EXIDEAでは一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング