1
/
5

Wantedlyがつなげてくれた出逢い。Iターン就職し移住を決断した新卒メンバーへインタビュー


今年の4月に入社式の記事を書いていたのをみなさま、覚えていらっしゃいますでしょうか?
新卒で入社したメンバーもあっという間に半年が経ちました。



株式会社イーダブリュエムファクトリー(以下 EWM)には、Webインテグレーション事業部とソーシャルデザイン事業部があります。
これまで、主軸であるWebインテグレーション事業部のエンジニアやディレクターの社員インタビューをご紹介いたしました。今回は弊社のもう一つの事業部、ソーシャルデザイン事業部(地域事業の運営、地域創生などを行う事業部)に2020年4月に新卒入社した山口さんへインタビューをしたいと思います!!


まずは山口さん、自己紹介をお願いします。

山口桃子さん
ソーシャルデザイン事業部 / 2020年4月1日入社
出身:千葉県松戸市
大学卒業後、EWMへ入社し縁もゆかりもない佐賀県へ移住。
趣味:旅行
好きな食べ物:餃子



自己紹介にもあったように、山口さんのご出身は千葉県。
佐賀はもちろん九州にも縁もゆかりもありません。 Iターン就職をしようとおもったきっかけなどいろいろとお話しをうかがっていきたいと思います。



――なぜ、佐賀にあるEWMへ応募しようとおもったのですか?入社経緯やEWMの魅力を感じたところを教えてください。

就職活動をする中で、クリエイティブな仕事がしたかったこともあり「地方創生」を中心にWantedlyなどたくさんの募集ページをみました。

なかなか自分がやりたいこととマッチする企業が見つからず、周りの就職活動の雰囲気にめげそうになりかけていたとき、EWMのページを発見!
EWMのソーシャルデザイン事業部では、地域を盛り上げていくさまざまな企画を立て、どんどんチャレンジできる環境がある。「まさに、わたしがしたいこと!求めていたこと!」そのものだったので、迷わずエントリーしました。

まずはカジュアル面談を行っていただきました。面談中に感じたEWMの魅力は「一人一人の責任は重くあるものの、自由でやりたいことをまっとうできる環境がある」ところです。
これは、入社後のいまも変わりません

ーーはじめて佐賀に来たのはいつですか?

はじめての佐賀は、二次面接のときです。
それまで、佐賀のイメージといえば芸人のはなわさんのイメージしかなかったです(笑)

実際佐賀について、佐賀空港からバスで移動したときの景色は衝撃でした!


まっすぐな道にひろい空と一面の田んぼ!

都会では見ることができない光景に、新鮮でとても気持ちよかったです。



二次面接は、とっても緊張していたのですが、面接中に前日に行けなかった佐賀の餃子屋さんの話をしたところ「面接終了後に一緒に行こう!」と声をかけてくださり、先輩方と一緒に餃子を食べに行きました。
あんなに緊張しながら食べた餃子は生まれて初めてです(笑)


――EWMに就職が決まったときの感想や、移住への不安はありましたか?

最終選考で代表の友納さんとの面接が終わり、内定の連絡がきたときは素直にうれしかったです!
しかも、わたしはEWMしか受けていないかったので、安心したと同時にこれから新しい土地で生活できるのか~というワクワクも感じていました。

移住への不安が唯一あるといえば、地域のコミュニティに受け入れてもらえるのかは不安でしたが、問題ありませんでした。

また、都会から地方へ拠点をうつしたことで「不便じゃない?」と聞かれることがありますが、全然そんなことありません。 必要なものが必要なだけある。これで十分だとおもっています。


――ソーシャルデザイン事業部での、現在の業務内容を教えてください

ソーシャルデザイン事業部は、各々が別の仕事を抱えている珍しい部署なのですが、私はいまは、ライブ配信とドローン、SNSの更新などをしています。

ライブ配信もドローンも全く経験がなく知らないことばかりなので、先輩に教わりながら普段はアシスタントのような動きをしていますが、日々新鮮で面白いです!

入社してすぐに、ドローンを飛ばさせてもらいましたが、「もう、すごくこわかったですッ!!!」
いままでラジコンすらも操縦したことがなかったのであんなぶんぶん回っているなんて信じられませんでした!
現在は、ライブ配信の案件が多くなかなか練習ができていないのですが、のちのちドローンインストラクターの資格を取得したいとおもいます!




配信の業務では、2020年8月にSSP杯という佐賀県大会の柔道をyoutubeで配信しました。
こちらの配信をきっかけに佐賀県内はもちろん県外からの問い合わせも増え、熊本や岡山への出張もありました。

岡山では、はじめての一人撮影。先輩がそばにいないので絶対失敗できない!と思いながらの撮影はとても緊張しましたが、無事に終えて安心しました。

もしかしたら、今秋に千葉での撮影予定なので、それまでにもう少し上手くできるよう勉強していきたいと思います!


――いちばん大変なことはなんですか?

デスクワークではないので、移動したり、機材運んだりで結構体力仕事なところです 。

ドローンでの空撮業務でも、事前にロケハンし、電波チェック、機材チェックなどを行ってから、やっと空撮できるようになります。なんだか放送局のADさんのようですが(笑)。いまは体力面は慣れてきましたが、入社したてのころはヘトヘトになっていました。でも、周りのみなさんが重いものを持ってくださったり、優しく気遣ってくださるので助かってます!


――いちばんよかったことはなんですか?

0→1を生み出す仕事なので、こうして仕事ができていくのか~と日々学べているところです!

今後はイベントプロデュースなどもしてみたいので、毎日勉強できる環境がありがたいとおもっています。東京でOLしていたら体験できないようなことを、たくさん経験させていただいています。


――これからやってみたいことはなんですか?

これからやってみたいことが、2つあります。

1つめは、イベント関係のプロデュース
とくに結婚式や、生前葬のプロデュースができるようになりたいです。そのために、いまは先輩方の姿をみて勉強しています。

2つめは、自分で畑を持ち作物を育てること
じつは、ドローン事業で農薬散布もおこなっているのですが、その中で農家さんとお話しできる機会があることはEWMに入って、佐賀にきてよかったなと思っています。
農薬散布の事業もまだまだこれからなので、お米にどんな虫がつくのかなどもっともっと検証していく必要があります。お仕事の一環で、農家さんのお手伝いができるのも楽しみです!



取材後記

山口さんは、いつも元気で笑顔で、そして前向きに仕事に向き合っている姿勢がとても輝いています。
今回のインタビューでは、彼女の魅力が存分に伝わったのではないでしょうか。
EWMでは、常に学びアウトプットしていくことを大切にしています。一人一人仕事への責任をもち取り組む、この当たり前のことを当たり前にできることはとても素晴らしいと思います。

山口さん、ありがとうございました!

株式会社イーダブリュエムファクトリーでは一緒に働く仲間を募集しています
15 いいね!
15 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう