1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

デイサービス燦はね様
ミライプロジェクト様
私たちは、介護施設さまに300種類のバリエーションを持つレクリエーションを提供しています。愛知県内を中心とし、延べ50,000人以上の高齢者にサービスを提供してきました。 【例】オンライン旅行、 オンライン体操、書道、マグロ解体ショー、遺影の撮影会、親子三世代交流会、音楽療法、演奏会、体操、アロマテラピー、アニマルセラピー、デザートバイキング、夏祭り運営、など。 私たちは楽しませるプロのレクリエーション提供者、エンターテイナーの派遣屋ではありません。 人が人生の最後に何したいか、どんな生活をしたいか、と考え、介護現場の意見、高齢者の想いを大事にしながら、サービスの構築をしています。 高齢者がひとりの人間として、本当にのぞむ毎日を過ごせるを社会を目指しています。 すぐにスケールをしない選択だとしても、顧客に寄り添いながら業務を進めることが、結果的に、うまくいくと信じています。 ▼ Healthcare Venture KNOT 2019登壇、優勝賞を受賞致しました https://everyplus.jp/blog/5983 ▼ 中日新聞にサービスが掲載されました https://everyplus.jp/blog/6009 ▼NHKまるっとさんにオンラインレクサービスとして取材していただきました https://everyplus.jp/blog/6929 ▼介護施設向けレクリエーション業務支援プラットフォーム「えぶりプラス」を運営する株式会社エブリ・プラス、資金調達のお知らせ https://everyplus.jp/blog/7008 ▼介護施設向けレクリエーション業務支援プラットフォーム「えぶりプラス」を運営する株式会社エブリ・プラス、資金調達のお知らせ https://everyplus.jp/blog/7008 ▼Open Network Labさんに取材していただきました https://everyplus.jp/blog/7268 HP: http://everyplus.jp FB:https://www.facebook.com/everyplus/ ビジョン ・最後まで自分らしい人生を ミッション ・全ての人に選択肢を

なぜやるのか

レクリエーションを提供いただくパートナーさんです。個人の方、業者さん、地域の団体さんなど、介護業界に興味がある皆様。想いを持って活動している多くの方に賛同し、ご登録いただいてます!
全国に、要介護(要支援)認定者数は、656万人います。(出典;平成31年1月 厚生労働省 介護保険事業状況報告) 「施設も、介護スタッフも、家族も、高齢者が自分らしく生きることを望んでいる」 介護施設に入居をしたり、利用している高齢者は1日の大半が余暇の時間です。 また、介護サービスを利用している高齢者は、誰かのサポートがなければ出かけたり、好きなことができない状態です。 そこで、少しでも楽しい時間を送ってもらうために、介護業界では“レクリエーション”という文化があります。 介護施設経営者、スタッフ側も、高齢者に少しでも楽しい生活を送ってほしいという気持ちで、仕事をしています。  しかしながら、現在多くの介護施設では人材不足で、高齢者ひとりひとりに向き合う時間や、要望を実現するために時間を割くことができていません。 楽しい時間を過ごして欲しい気持ちはあるけれど、様々な条件の中で、マンネリをしているレクリエーションを日々行なっているや、イベントやレクリエーションができていない施設や、出来ていても、本当に高齢者が楽しんでいるか、望んでいるかわからない、と気持ちを抱えたままレクリエーションやイベントを開催している施設も多くあります。 私たちは、誰もが歳をとっても自分のやりたいことができる社会を目指し、世の中にある数多くの選択肢を介護施設に届けるサービスを行なっています。 また、社会問題にもなっている介護業界の人材不足。 私たちは、介護の関係人口を増やしていくことでこの問題の解決にも寄与したいと考えています。

どうやっているのか

レクリエーション勉強会
レクリエーション提供パートナー様との懇親会
300のレクリエーション提供者さま 私たちは、レクリエーションを提供する地域住民、個人講師、業者と提携をしています。  2014年に個人事業として1種類のレクリエーション提供からスタートして、要望に応え続けてきた結果、現在なんと300種類ものコンテンツができあがりました。 現在はコロナの影響も多くありますが、その中で私たちにできることは何かを徹底的に考えています。 2020年の現時点では愛知・岐阜・三重を中心とした東海エリアでのサービス展開ですが、今後全国に展開をしていきます。