1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

2020新卒入社の何です。〜This Is Why I Joined eureka〜

こんにちは。2020年4月に新卒としてエウレカにjoinしました、何 雨瀟(@yuxiao_he)と申します。Web Front-end Teamに所属しており、国内最大級のマッチングサービス「Pairs」のWebアプリケーションの開発を担当しています。

※全社員リモートワークへ移行中のため、掲載画像はZoomにて撮影しています(2020年4月17日現在)

自己紹介

21歳まで母国の中国で過ごし、学部3年の頃に中国の大学から名古屋大学に編入し、日本に留学しにきました。学部では、プログラミングの基礎や、3Dモデリング、映像制作などを学んでいました。学部卒業後、東京大学の大学院に進学し、画像処理の研究をしていました。

卒業研究でWebアプリをつくったのが、初めてのWebフロントエンドの開発経験です。それからWebフロントエンド開発にハマり、普段でも自分の趣味に関連するアプリを書いています。

入社経緯

2018年のサマーインターンはエウレカとの最初の出会いでした。自分のWebフロントエンド開発のスキルを上げたいと考えて応募しました。現場のエンジニアにサポート・フィードバックをもらいながら、個人開発とチーム開発を両方体験できた2週間でした。その後、ありがたいことに、1年以上に長期インターンとして働かせてもらい、実務のプロダクト開発をしていました。これらの経験を通して、技術力が大きく成長しただけではなく、エウレカという会社の魅力を感じました。

入社の決め手

新卒入社を決めるのにあたって、私なりの判断基準がありました。

  1. 技術力の成長
  2. 自分に対する評価
  3. 働きやすさ

そして、エウレカが以上の基準のいずれに対しても優れる職場だと思い、入社を決断しました。

これらの判断基準に対してエウレカはどうなのかについて、詳しく話していきたいと思います。

1. 技術力の成長

エウレカのWeb Front-end Teamでは現在、ペアプロやモブプロの開発スタイルを採用しています。自分のコーディングスタイルと考え方に対して先輩エンジニアから意見をもらい、その先輩のコーディングを見て、自分のコーディングを洗練させることができます。また、一行一行のコードを書く理由をきちんと議論し、プロダクトの品質担保を重視したマインドセットを持って開発を行っています。

Web Front-end Teamでは、週に1回勉強会を開催し、チームメンバーが自分たちがシェアしたい知識や情報をプレゼンして議論します。Web技術以外のテーマも多く、様々なものを勉強できる貴重な場です。

また、会社からは毎月1万円の自己研鑽費が支給されます。私は技術力アップのため、この自己研鑽費を利用して「egghead.io」というweb developers向けのチュートリアルサイトを利用しています。海外の有名カンファレンス参加の支援、有料セミナーの参加費用負担などもあり、エンジニアの技術力成長に対するサポートが充実しています。

2. 自分に対する評価

エウレカでは、「ユニバーサルに優秀な人材として成長し続ける」という哲学に基づいた人事評価制度が制定されています。どこでも通用できる技術者・ビジネスパーソンとしての評価基準が非常に細かく設定されており、自分の長所と短所を客観的に知ることができます。その上で、月2回の上長との1on1で、正確な課題分析と適切な成長戦略の設定をサポートしてもらい、効率良く成長することができます。

3. 働きやすさ

自由な雰囲気で満ち溢れる居心地良い職場でありながら、メンバー全員がエウレカのVisionに真剣に向き合っている姿勢も常に感じられる働き甲斐のある職場です。

また、非常にグローバルの職場でもあります。私みたいな外国籍のメンバーが多数在籍しており、同じチームのイギリス出身の同僚と英語でぺアプロすることもあります。全社会の資料は基本英語で、日本語の発表に伴って英語の同時通訳もされています。福利厚生のなかには、「オンライン英会話学習補助」のプログラムもあり、英語話者に対しては日本語学習の補助も用意されています。外国籍の方にとっても、外国語を勉強したい方にとっても素晴らしい職場だと思います。

また、今まさに渦中にあるCOVID-19の影響でリモートワークに移行して間もなく、会社から在宅勤務補助費が出ることや、入社時にMaxスペックのMacbook Proを選べるなど、様々な福利厚生が存在しており、従業員へのケアが厚いです。

そして、なんと言っても!オフィスが驚くほど綺麗です。そのため、雑誌の撮影現場として利用されたこともありました。個人的に(乃木坂46のファンとして)乃木坂46のメンバーが、2回もオフィスに雑誌撮影にきた(1回目2回目)ことが非常にテンションが上がりますし、誇りに思えます(笑)。

エウレカでやっていきたいこと

これからは、Web Front-endの技術を応用し、会社と事業が実現したいプロダクト・抱えている課題を高いクオリティで、素早く解決できるようなエンジニアになりたいと考えています。そのために、周りの資源と環境を活用しつつ、自己研鑽し、技術力をレベルアップさせていきます。そして、事業の全体像の理解を深めて、UXを重んじ、俯瞰的に開発できるようになりたいです。

私の働きが、オンラインデーティングサービスを日本・アジアの文化として定着させることに貢献できるよう精進していきます。


===
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

エウレカでは、新たなメンバーを募集しています!私たちと一緒に『Pairs』を、アジアを代表する国内最大級のオンラインデーティングサービスに成長させたいという方は、ぜひエントリーください。

たくさんのご応募、お待ちしております!

インターン/Webアプリ
マッチングアプリPairsの開発を実践!Webフロントエンドインターン募集
株式会社エウレカは、2012年10月にローンチしたオンラインデーティングサービス「Pairs」と2019年7月にローンチした「Pairsエンゲージ」を展開しています。 私たちのコアサービスである「Pairs」は、日本でも急成長中のオンラインデーティングサービス市場において国内最大級を誇り、現在、日本と台湾・韓国を合わせて累計会員数1,000万人を突破しています。 また、2015年5月にはオンラインデーティングサービス領域における世界的リーディングカンパニー「Match Group」に、M&Aにより参画。Match Group(NASDAQコード: MTCH)は、「Tinder」「Match」「Plenty Of Fish」「OkCupid」「OurTime」「Meetic」といった、恋活・婚活マッチングサービスを世界190カ国以上・42言語で展開しています。私たちは、このグローバルカンパニーのノウハウとアセットを生かし、まずはアジア全域でのサービス展開を推し進めています。 その第1フェーズとして2013年10月にリリースした台湾版「Pairs」は、すでに台湾最大級のオンラインデーティングサービスに成長。第2フェーズとして、2017年に韓国版をリリース。“アジア全域”における、オンラインデーティングサービスのリーディングブランドになることを目指しています。
株式会社エウレカ


Instagramはじめました*

株式会社エウレカでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう