1
/
5

なにをやっているのか

次世代モビリティ、スマートエネルギー、クラウドプラットフォームの分野を主に、専門性を持った個人・企業パートナーとリモートで協業し、国内外の大手企業・スタートアップ企業向けに様々なプロジェクトを遂行しています。さらにここでの知見・ネットワークを生かし、地方都市のスマートコミュニティ化に向けた取組を始めています。

なぜやるのか

「住みたいところに住み、やりたい仕事をする。」豊かな自然、ゆとりのある空間、緩やかな時の流れ、地方の良さを生かしながら、先端技術を活用した刺激的なプロジェクトに加わり、志を同じくする世界中の仲間とのコラボレーションによって、新たな価値を創造する。そのようなライフ・ワークスタイルを日本でも実践したい、それが多くの人の選択肢になるような社会を目指して活動を進めています。 社名のEnvitalは、環境(Environment)と活性化(Vitalization)の2語を組み合わせて作った造語で、2010年に米国カリフォルニア州サンディエゴ市にて創業、2019年から東京ベースで活動しています。地球環境の保全と人間の経済活動の両立という大きなテーマへの問題意識を持ちながら、まずは自らの周囲の人々(これもEnvironment)を生かし/生かされ(これもVitalization)、草の根的なムーブメントに繋げていきたいとの思いも込められています。

どうやっているのか

現在、海外企業の日本市場エントリーや新規事業開発支援など複数のコンサルティングプロジェクトを手掛けており、外部の専門家と協業する形でプロジェクトを遂行・拡大させています。またこれと並行しながらシナジーさせる形で、スマートシティのコンセプトを取り入れた新たな地域創生のあり方を提言し、長崎県大村市での取組を手始めに様々な仕掛けを展開、関連する新会社の設立の準備を進めています。 スマートシティの考え方も取り入れながら、新規性の高いサービスのための実験フィールドを提供することで、技術力・資本力を持った多くの国内外の企業にプロジェクトに参画いただき、それにより地域に新たな経済価値・人的交流を生み出し育てていくことが、これからの地方創生のあり方だと考えます。 現在重点的に関与している長崎県大村市においては、既に国内外の大手企業・ベンチャー・団体、個人の皆さまに賛同いただくことができ、また、新たにご興味いただけるケースが増えています。今後これらを一つ一つ具体化し、さらには、全国的な大きなうねりへの一翼を担っていけたらと思っています。