1
/
5

RPOキャリアの利点:Agentからの視点

1. 人材紹介Agentの職務内容

人事領域の中でも「人材紹介」は営業職に分類されます。企業と日々良い関係を築き、継続的な取り引きをすることが大切になります。

企業側が希望する求人と転職希望者をマッチングさせるだけの業務ではなく、転職先を探している登録者に対しては、登録する際の面談やコンサルタントをおこなうだけでは終わりません。面接対策として模擬面接を行う、安心して就業できるまでアフターフォローをする、などのきめ細かいサポートが求められています。

2. AgentからRPOに転職する理由(RPOキャリアの魅力)

近年「人材紹介」からRPOへの転職が増えていますが、その理由は社外からではなく、当事者として採用を実行したいなどの動機が挙げられます。またRPOを選ぶ最大の魅力としては、真の「採用スペシャリスト」としての専門的なスキル向上です。RPOにとって重要なのは、候補者とサービス満足度の2つの質です。採用マネージャーと共にディスカッションを行いながら、採用を成功に導きます。

またRPOコンサルタントが、多様なクライアントプロジェクトを通じて新しい経験を得ることも、魅力のひとつです。

さらに各企業の人事部門では、母集団形成や応募者管理、面接・選考・内定といった採用活動にかかる業務量が増加しています。これらの課題対し、採用担当者の業務負荷を減らすと同時に、優秀な人材を獲得すべく、「採用スペシャリスト」であるRPOサービスを活用し、自社の採用競争力を向上させたいと考える企業が増えています。このようにRPO市場の成長性もあり、RPOは「魅力的なキャリア」であることが認識されはじめています。

3.AgentからRPOに転職した人のリアルボイス

●前職:人材紹介RAとCAの両面対応【Aさん】

人材紹介は、キャリアコンサルティングの知識がつき、やりがいのある仕事でした。ただ営業としての側面が強く求められる職種の為、企業と候補者の双方が良い結果に結びつかず、苦悩した時もありました。採用は、企業のこれからの成長を支える重要な役割ですから、もっと企業の中に入り採用をやっていきたいという気持ちが強くなっていきました。

もやもやした日々を過ごしていた中で、出会ったのがRPOでした。はじめは「採用代行」のイメージが先行し、もっと採用の専門的なスキルを磨きたかった私には魅力的に感じませんでした。ですがRPOを正しく認識していくと、自分のスキルの専門性と成長速度、市場全体の需要の高まり等、目の前のキャリア展望がとてもクリアになり、「採用スペシャリスト」なりたいと感じました。

今はEnvisionに転職し、採用コンサルタントとして企業と共に最良の成果につなげる為、共に人材獲得にまい進しています。グローバルスタンダードなRPO企業なので、裁量も自分でコントロールでき、自分の時間を作る事ができるので、採用に関する情報収集と、英語スキルのアップの為オンラインレッスンも受けて、充実した毎日を送っています!

【Envision】RPOサービスを展開し、採用コンサルとしてサービスを提供。職場環境は多様性があり、英語や日本語が飛び交っています。#リモートワーク を実施しています。

※採用・キャリアについてカジュアルにお話ししましょう!ぜひお気軽に下記よりエントリーください!


Envision Co., Ltd.では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング