1
/
5

第一回 Embrace NOW 開催!

去る11月16日、都内会場にて「Embrace NOW」というイベントを開催しました。

目的は、エンブレースが次なるステージを迎える今、今後の事業展開についてステークホルダー、パートナー等と共有して、エンブレースが目指すヘルスケアサービスの共通理解を得るというもので、社員合わせて総勢55名もの方が集まりました。

当社のような小さな会社にも関わらず、著名な方も多数お集まりいただき、大盛況に終わりましたので、このフィードで一部をお伝えしたいと思います。


■当日の準備

初めてのイベントということもあり、当社のサービスである「MedicalCare Station(MCS)」のロゴが入った、マグカップ、ステッカー、そしてクッキーを受付にて一人ひとりにプレゼントしました。
背景は真っ白、熱く、エネルギッシュで、生命力に溢れる赤がよく映えます。

* 当日実際にお渡ししたお土産三点セット。賞味期限のあるクッキーはお早めに。


用意した席は予定通り埋まり、始まる前には当社社員がご来賓の方々同士をつないだり、当日お渡しした医療現場の生の声をまとめた事例集(MedicalCare POST)を、熱心に目を通している方もいました。


*Webもいいですが、紙ならではの読みやすさも捨て切れません。


■第一部

第一部はセミナー形式で行いました。
エンブレースからは会長の伊東、社長の松下より発表させていただきまして、
その後、特別講演として
株式会社INCJ 土田誠行専務取締役
長島整形外科 長島公之先生
国際医療福祉大学大学院教授 武藤正樹先生
の御三方にご講演いただきました。

*会長の伊東。何度も大勢の前でプレゼンしてきましたが、いつも以上に楽しそうでした。

*続いて松下。9月に社長として着任後、はじめての関係者を集めた発表でした。

*株式会社INCJ 土田専務取締役からはエンブレースへの期待をお話ししていただきました。

*長島先生からは、医療者の立場からエンブレースについて熱くお話していただきました。

*武藤正樹先生からは、2040年問題とICTについてお話いただきました。


*当日は社員も参加し、真剣に聞き入っていました。

エンブレースの伊東、松下からの発表は、参加いただいた方だけではなく、社員に向けてのメッセージでもありました。組織が急に増えて行く中、会社の方針や現状をきちんと伝わらない部分も出てくるため、数字等も噛み砕いて話をしました。

また、特別講演においては、ここまでの豪華メンバーが揃うイベントはあまり見たことがなく、参加者全員が登壇者の思いを共有できたことは、次につながると感じました。

■第二部

第二部では交流が始まる前に、当日ご参加いただいた土屋医院院長で、全国医療介護連携ネットワーク研究会 理事長の土屋先生、法山会 山下診療所 理事長の山下先生よりお話いただきました。
現場の医療に携わっているお二人の先生からのお話は、心に刺さりました。


*土屋先生からは、お父様が在宅医療に熱心だったこと、MCSの最初のユーザーになった経緯をお話いただきました。

*山下先生からは、当社が以前に足繁く通った話や、伊東と副社長の小倉の人柄についても触れてくださってました。


*当日は社員同士のみならず、参加者皆様と交流しました。

*ワイン片手に話し合うグループもありました。あれ?みんな白ワインですね。

*残念ながら参加できなかった技術顧問のまつもとゆきひろ氏よりビデオメッセージ。

*食事をするのを忘れて(??)、最後まで話が盛り上がっていました。


■最後に

Embrace NOWという会を開催できるようになったのも、多くの皆様の支えがあってこそと改めて感じました。「2回目もぜひ」という声もいただいたので、次回幹事は誰かに譲りつつ、さらに素晴らしい会にしていければと思っております。

年末も近づいてきて慌ただしい日々かと思いますが、いつでもオフィスに遊びに来てください。
もしかしたら、ロゴ入りステッカーをお渡しできるかもしれません。


エンブレース株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング