1
/
5

なにをやっているのか

天井高5m以上の開放感あるオフィスです。2020年にリニューアルして、二階部分は全員が集まってのミーティングなどに利用しています。椅子は全脚アーロンチェアを導入しています。
キッチンなどの共有スペースでは、たまに社員が雑談しています。Nespresso やハンドドリップコーヒーなど、フリードリンクも多いです。たまに高級なものを会社で買ったりします ;D
メイン事業として、国内クレジットカード会社との協業によるポイントモールサイトを開発・運用しています。2010年に第一社目のクレジットカード会社と協業を開始し、2021年現在ではその数も20社以上に増えました。 このポイントモールサービスでは、金額換算で月に1億円以上をユーザーに還元することができています。私たちはこの「ユーザーに還元できた金額」をサービスの KPI として設定し、この金額を最大化するにはどうすれば良いかという視点で、日々のサービス開発を進めています。 またユーザーへの還元金額が大きくなるということは、ポイントモールを経由したオンラインショッピングの取引額が大きくなるということです。ユーザーファーストでサービスを改善し、それによってオンラインショッピングをもっと活発に、そして便利に利用できるようにしていきたいです。 ポイントモール事業は、グループ親会社の Wano株式会社の一事業として始まりました。そして 2016年6月に、事業部をスピンオフする形で EDOCODE株式会社が創業されました。安定した収益事業を持ちながらスピンオフした企業であるため、資金力が十分にありながらも、スタートアップ的なマインドセットでプロダクト開発を行うことができています。 ポイントモール事業での収益を支えに、EDOCODE では新規事業を開発していきたいと考えています。「世界中の人々に使ってもらえるサービス」を一緒に開発しませんか?🙂 【 ポイントモールのサイト例 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 三井住友VISAカード https://pointupmall.com/ 東急カード https://www.tokyupointmall.com/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なぜやるのか

まだまだ小さいスタートアップですが、いろんなバックグラウンドを持ったメンバーが集ってきています。
2020年はリモートワークとオフィスワークが混在し、ミーティングは基本的にビデオ会議という状況でした。2021年現在では全社がフルリモートワークとなり、このような写真の光景が懐かしく感じます。
世の中には常に不便があると思います。その不便がどうやったらなくなるだろうかと考え、解決策を世の中に出していくことが、私たちの存在意義になると考えています。 難しいのは、良いアイデアやユーザーから価値を感じてもらえるサービスであっても、収益がないと成り立たないことだと思います。「ユーザー」「技術」「ビジネス」の3つがバランス良くお互いを支え合いながら、プロダクトを開発していける組織を目指しています。 それがもし達成できれば、世の中の不便を解消できるサービスを生み出せるはずだし、それをやるのが EDOCODE の使命であると考えています。

どうやっているのか

2020年はリモートワークのメンバーとオフィスのメンバーが Zoom で繋いでランチをしたりしていました。Slack ボットがランダムに 4人を選ぶ「シャッフルランチ」では、会社からランチ代の支給もあります :)
リモートワークの環境でも、オンラインで繋がっての交流をできるだけ組織として取り入れています。早く今の状況が変わることを願っています。
(2021年9月現在、全社員リモートワーク中です) 【 多様性/インクルージョン 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「世界中の人びとに使ってもらうプロダクト」を作りたいのだったら、多様性のある組織のほうが良いのではないか、という考えのもと、積極的に色んな文化・属性の方を採用しています。 多様性が高くなってくると、自分と違う意見や考え方の人たちが多くなります。そのため、多様性の高い組織では「インクルージョン」というコンセプトもしっかり考えていかないといけないと思っています。 リモートワークが当たり前になり、コミュニケーションが以前よりもさらに難しくなりました。雑談が大幅に減ってしまったため、仕事以外のトピックを話したり、お互いの背景をふとしたきっかけでしゃべることも消えてしまい、同僚がどういう価値観を持っているのかを知ることが難しくなっています。 今後、どうやってそのような課題を解決していくかが組織のテーマになっていくと思います。こうした問題に興味がある方は、ぜひ EDOCODE にジョインしていただきたいです! *** 現在の EDOCODE 社員の構成は、以下のとおりです。 (2021年9月時点) # 性別 - 男性11人(55.0%) : 女性9人(45.0%) # 出身国・地域 - 🇯🇵日本 12人(60.0%) - 🇺🇸アメリカ 2人(10.0%) - 🇳🇵ネパール 1人(5.0%) - 🇨🇳中国 2人(10.0%) - 🇹🇼台湾 1人(5.0%) - 🇮🇩インドネシア 1人(5.0%) - 🇧🇳ブルネイ 1人(5.0%) 少し前に比べると、男女比や国籍では多様性が改善してきました。EDOCODE は、今後も多様性や個の尊重について理解ある方々と、ぜひ一緒に働きたいと考えています。 会社について詳しく知りたい方は、採用候補者むけの会社説明資料もご覧ください。 https://bit.ly/aboutEDOCODE