1
/
5

最短最速の成長を遂げ3年連続MVPを受賞した採用責任者から見るイードアとは。

こんにちは。採用担当の市原です!

今回は、イードア史上最短でマネージャ―に昇格し入社以来3年連続でMVPを受賞し、今期から採用責任者を兼任することになった野口さんからみるイードアについてお話をお伺いしました!

―野口さんの入社経緯について教えて下さい!

イードアには、2017年に中途で入社しました。前職は300名ほどのブライダル企業に勤めていました。何故ブライダル業界に決めたのか就職活動を振り返ると、正直なところ仕事に対して本気で考えていなくて色々な企業を見て行く中でブライダル業界と自分の相性の良さを感じて決断しました。有難いことに入社してみると営業適性が少しあったみたいで全国トップの営業成績を収めることが出来ました。


―全国営業トップ!凄いですね、何故転職を考えたんですか?

そうですね、だんだん違和感を覚えるようになっていたんです。社内で評価される一方で、この評価って外の世界でも通用するものなのか、、、と。井の中の蛙になっているような気がしていたんですよね、、、

そんななか、転職エージェントに相談しに行って「とりあえず話聞いてみてはどうでしょうか?」という形で紹介されたのがイードアでした。なので、最初は転職前提ではなかったんです、、、笑

それから実際に話を聞きに行って代表の中村と話した時、衝撃を受けました。こんなにも世の中のことを考えていて、世の中への使命感というか、後世のためにより良い社会を残したいと熱く語る姿には驚きました。当時の自分がよく接していた周りの人々の中にはそのレベルで物事を考えている人はいなくて…。当時は話のレベルが高すぎてすべては理解できなかったですが笑、自分もこんな人になってみたい!と思い、転職を決意しました。



―実際にイードアに入社してみてどうでしたか?

代表直下の部署に配属されITベンチャー企業向けの支援をすることになりました。最初は言っていることも分からず何をやっているか分からない、見たことない領域だったので抵抗感がありました。前職みたいにある程度の努力でいけるかなと思ったら、そんなことはありませんでした。入ってから3ヶ月くらいは本当に鳴かず飛ばずでした、、、

ただ前職も始めから上手くいったわけでなく死ぬ気でやっていくなかで成績トップを取れた体験から「努力は必ず報われる」ということを信じていました。


―2年目以降はどのような意識で仕事をしていたんですか?

成績が出ていく中でやりがいがどんどん増してきたのですが、はじめは組織でというよりプレイヤーとしてやりがいを感じていた節がありました。

そんな自分に評価面談の時に中村から「組織を育てられないマネージャーにはなって欲しくない」と指摘されたことがあって今振り返ると変化を遂げるキッカケだったと思います。元々クライアントに貢献したいという想いは持っていたのですが、今まではそれが「個人として」という考えが根強くあり、もっと貢献するためには見方を変えなければいけないと気づかされました。

その時、本当に中村がとことん向き合ってくれたんです。考え方や個人の生き方を尊重しながら成長に対してどのようにアプローチすることが建設的なのかを一緒に考えてくれました。単純に結果を出せばよいという発想から脱することができました。

今は「組織としてクライアントへの貢献を最大化するためには?」という問いに対して日々向き合っており非常に充実しています。

正直なところ、今はこの先個人として明確に何をやりたいってあまりないんですよね。変化を遂げられたからこそキッカケをくれた中村に恩返ししたいと思っています。その一つの手段として中村の夢(イードアのビジョン)を実現させるため重要な戦力になりたいと考えてます。



―何故、採用に携わられることを決めたんですか?

マネジメント経験し、組織をつくる上で「人・モノ・金」の経営リソースの中でも…

特に「人」の大事さ痛感したんです。

自分達の面接時のアセスメント力の足りてなさや、期待値調整を誤り入社後に大きなギャップを感じさせてしまうこと、育成の仕組みがない故に迷惑をかけてしまうことがありました。

どういう人なのであれば活躍できるんだろう…と考えるようになり、採用という入口の大切さに気付かされました。そこで今の組織状態を具体値で語れるのは現場にいる人だと思い、組織に最大限寄与出来ることがしたいと思い、自社の採用に携わるようになりました。


―最後に、採用責任者として今後一緒に働きたい人を教えて下さい!

まず一つ、前提としてミッション・ビジョンに共感いただいていることですね。正直ベースでお話をすると、イードアは何も整っていません。マニュアルなどもあるものとないものがあり、社内でメンバーとディスカッションしながら形づくっている最中です。時に泥臭いと感じるような一面もあります。ただ、今その中で分からない事を形にするの楽しいよねという風土感があって、そういうのを面白いねと思える人と一緒に働きたいと思っています!

野口さんありがとうございました!現場を経験したからこそ気づく採用にかける想いが伝わってきました。これからも一緒によろしくお願いします!イードアでは、一緒に未来をつくっていくメンバーを募集しています。もっと知りたい!と思われた方は、是非ご連絡ください!皆さんとお会い出来る事心待ちにしています。


株式会社イードアでは一緒に働く仲間を募集しています
23 いいね!
23 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング