This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

新入社員が決算説明会に参加してみた!!vol.2

こんにちは!

株式会社エディアでデザイナーをしています、瀬下です!新卒としてこの4月からエディアの一員となり、現在ゲーム内のデザインを制作しています。

こちらの記事は、前回のvol.1に続き、決算説明会に参加した様子について紹介させて頂きます。今後の成長戦略の ” ライセンスビジネス展開 ” についての説明からになりますので、宜しくお願い致します。

※vol.1同様、社長の賀島が説明した部分に関しては説明骨子として「」で記載させて頂きます。

<前回までの記事はこちら>

ライセンスビジネスについて

「これまでのようなコンテンツ制作に加え、一つ前でお伝えしたようなIPの制作・育成を積極的に行うことで、エディアグループから日本国内の企業、海外の企業に対してライセンスビジネスを強化していきます。ティームエンターテインメントではオリジナルドラマCDタイトルの販売好調につき、新規シリーズや人気シリーズの続編をリリースしています。こちらも年間50タイトルほどをリリースする予定で、とても活発な事業となっていく予定です。」


「また、自社IP、共同保有IPを活用し、DeNA社が運営する小説投稿サイト「エブリスタ」にて、一二三書房及びティーム エンタテインメントと共同で小説・脚本コンテストを開催するなど、積極的に活動の幅を広げていきます。」


「これらのIPは創出して終わり。というわけではありません。急速に拡大している電子コミックの市場において自社、共同IPを展開することによって、幅広い世代のユーザーに知ってもらう、親しんでもらうことでこれらのIPをさらに大きくしていくことが可能となります。このようなビジネスを展開し、これまでのBtoCの形態だけでなくBtoBも事業に組み込むことでマネタイズの多角化を図ります。


このライセンスビジネスについては、自分たちクリエイター視点からみても、自分が作ったもの、携わったものが街の中で見かけるようになるのではないか、と思うととてもワクワクします!さらに自分を含め、もっと多くの人の目に見える形でコンテンツを展開できるので、グループ全体の活躍が今よりもさらに明確に知ることができる。直接肌で感じることができるのかな。と感じました!


自分は現在エディアに所属してコンテンツを作り出していますが、自社IPがどんどん増えていくというのはとても心強く、今後これら多くのIPを活用して様々なコンテンツの制作に携わられるかと思うと、とても楽しみです!

MAPLUS+声優ナビについて

「エディアが今まで培ってきた位置情報の技術を利用したナビゲーションアプリです。MAPLUS+声優ナビではキャラクター等のコンテンツを増加させることによりユーザー数を増加させ収益拡大を図り、機能面を充実させ、スマホナビアプリのNo.1を目指します。また、新たな動的プロモーションとして活用し、人を動かすことで新たなコンテンツを創出していきます。」


ここでMAPLUS+声優ナビの説明が一通り終わったあと、PVが流れました。ご存知の方も多いかわいいキャラクターとのコラボ映像が流れました。この瞬間、会場の緊張も少し解けた気がします!w


MAPLUS+声優ナビは、エディア社内でも特に力を入れていると感じます。今後追加されるキャラクターや、ボイスなども楽しみです。自分の好きなアニメのキャラクターが追加されても嬉しいですし、ユーザー参加型のプロモーション!これも普段から自分が推しているコンテンツなどとのコラボレーションがあればとてもワクワクしますね!これからの動向がとても楽しみなコンテンツのひとつだと思うので、要チェックです!・・・と、ここまでが決算報告会での様子となります。

質疑応答

僕も一息つこうかと思った時、『では、質疑応答のお時間になります。』と司会の方が進行し、そうだ!ここからが決算説明会の醍醐味じゃなか!とまた気を引き締めました。

アナリストの方が挙手制で質問をしていきます。

<質問>
「なぜこのタイミングで社長が交代されたのですか?またなぜアライアンスでIP創出をするのですか?」

かなりストレートな質問を頂きました。
(僕が答える訳ではないのに、会場の雰囲気のせいかとても緊張…!)

<賀島からの回答>
「交代した理由としては、前社長は会長という立ち位置になりエディアだけでなくグループ全体を見ることに専念できるようにし、迅速な対応がとれるようにするため。エディアは前副社長である私が社長を引き継ぎ、これはゲーム以外のコンテンツも成長させるためでもある。アライアンスでのIP創出については、エディアだけではまだまだコンテンツ力は大きくないので、提供を多く受けることで総合エンターテイメント企業として事業を展開していく。」と話していました。


今回の社長の回答を聞き、総合エンターテイメント企業として成長したいという思いは本当に強いものだと改めて実感しました。以上が決算説明会の様子です。

編集後記

今回は、入社して4ヶ月ほどの自分がもっと会社について知ることができる機会だと思い、新卒ながら参加させてもらうことができました。このような機会をいただいてとても嬉しく思います。

まずはじめに決算説明会についてですが、今回初めてその存在を知りました。決算説明会とは何かということを学ぶことから始まった今回のレポートでしたが、このような場は上場企業として、投資家やエディアを知らない方々にももっと会社のことを知ってもらえる場であり、とても大切な機会であるという印象でした。今、まさに会社が大きく動いている時だと感じました。

新卒の自分たちにはスキルの高い先輩社員の方々には及ばないところもあると思いますが、若手としての意見を積極的に表現していくことが求められていると強く感じましたし、今回こうして自分の思いをアウトプットする機会を得ることができ、常に新しいことにチャレンジすることができる企業だと再認識することができました!

長くなってしまいましたが、最後までお付き合い頂きありがとうございます。会社と一緒に自分も業界の最前線に立てるように成長していきたいと思います。

これからも社員一丸となって、皆さまに楽しんで頂けるようなコンテンツの提供を目指して頑張ります!!


※各データの引用元はこちら
 https://ssl4.eir-parts.net/doc/3935/ir_material_for_fiscal_ym/68015/00.pdf

株式会社エディアでは一緒に働く仲間を募集しています
13 いいね!
13 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう