1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

DA流、21新卒内定セレモニー【Meetup vol.3~内定式スペシャル~】

こんにちは!ドリームアーツ採用担当の髙橋です。
ドリームアーツでは例年、10月に内定式を実施してきました。しかし今年はコロナの影響もあり、内定式の実施自体を見直すことに。そもそも内定式ってなんだっけ?どんな意義があるんだっけ?コロナ禍で遠方からわざわざ集まってもらう意味ってあるのかな?内定式を通して内定者に持ち帰ってほしいもの、伝えたいことはなんだっけ?...などさまざまディスカッションを重ねた結果、従来のいわゆる「内定式」はしないことに決めました。

とはいえ、改めて内定証書をお渡しし入社への想いや決意を新たにする意味でも、節目のセレモニーは必要!ということで、8月から3回目となるMeetupは内定式スペシャルバージョンとして開催!今日はその当日の様子をお届けします⭐

(直接手渡しすることがかなわない内定証書は、筒に入れて事前送付しました。卒業証書みたいですが、内定証書です!!)

最終面接ぶりの再会!代表・山本からのメッセージ

10月は入社まであと半年という区切りのタイミング。学生生活のゴールも見えてきて、社会に出ることへの意識が少しずつ強くなり始める人も多いこの時期なので、改めて代表の山本から内定者の皆さんへメッセージを送ってもらいました。

(真剣・・・)

2020年はコロナショックにより、あらゆる面でさまざまなことが激変しました。人類にとって忘れられない記憶になるような地球規模での大変革が起きたし、現在進行形で起きています。人類の節目と、就職という自分の人生の節目とがぴたっと重なっているのは、プラスにとらえるべきことですよ(自分で選んでこのタイミングを選ぶことはできないですからね…!)という序章にはじまり、約1時間。詳しい内容は省略しますが、

・2025年、大企業・組織とITトレンドはどうなるか 
・super VUCAと言われる不安定な環境で、これから何が起こるか
・ドリームアーツが何を考え、ものづくりとお客さまへの価値提供をしているか
・なぜ「協創」が重要か
・「行動格差の時代」をどう生きるか

など、これだけで記事一本かけるくらい濃密な話でした。これから続く社会人としての人生と比べればあっという間の学生生活を終え、これまでとは異質な世界に飛び込む内定者に向けたエール。そして、これから自分たちが生きていく場所がどういう世界なのかを理解しておくことの必要性、まためまぐるしく変化を続ける世の中で勉強し続け、学びを消化し自分なりのオピニオンを持つことの重要性が伝わる強いメッセージでした。ピリッと背筋が伸びた気配も画面越しに感じられ、改めて働くということへのイメージができたのではないでしょうか。

リアル「同じ釜の飯を食う」ランチタイム!

今回は午前中からの開催だったので、ランチタイムもはさみました。「同じ釜の飯を食う」ということわざがありますが、リアルに顔を合わせることができずとも、同じごはんを一緒にいただくことで少しでも一体感や臨場感みたいなものが生まれたらいいなあ、と思い、今回は参加者全員に「Welcomeランチセット~広島スペシャル~」をお届け。ドリームアーツにはグループ会社含め5つの拠点がありますが、そのうちのひとつが、本社のある広島です。昨年まで内定式を広島本社で実施していたこともあり、広島の風を感じてもらえたらなあと思い、今回は広島名物で埋め尽くしたオリジナルランチセットをつくってみました。

参加する先輩社員の分もあわせて12人分。すごい量の広島名物が積みあがりました。メインの釜めしは4種類から好きなものを選んでもらい、もみじまんじゅうとサイダーは数種類の味をセレクトしたので、何が入っているかはお楽しみ。ランチタイムで初めて人によって中身が違うと気づいたみなさん、「わ、そっちもおいしそう!△△さんはなんの味?」っと会話がはずんでおりました(それがねらい。笑)楽しんでもらえたようで良かったです♪

ランチのあとはひと笑い 役員Q&Aセッション

山本の話を受けて、もっと聞いてみたいと思ったことや分からなかったこと、それ以外にも入社までに聞いておきたいことなど、なんでも聞いていい時間!ということで用意したこのQ&Aセッション。登場したのは選考中、2次面接で全員が会ったことのある牧山ですが、ちゃんと自己紹介したことはないよなあ、、ということで、牧山の自己紹介からスタート。「どっから話せばいいかな、えー、先祖は長崎の平戸・・・」と「えっそこから!?!?」なまさかの展開に一同爆笑、和やかな雰囲気でのセッションとなりました。

お気づきの通り、おそろいのオリジナル背景です。ちょっとおめでたい雰囲気に。

日本の大企業を相手にビジネスをするドリームアーツは、どのようにお客さまと良い関係性を築いている?Microsoft Japan Partner of the Year受賞()までにどんな経緯があった?発展し続けるAPIエコノミー、これからお客さまにさらなる価値を提供していくために重要となる考え方は?など山本の話から派生した話もあれば、残りの大学生活でやっておくべきことは?など入社までの期間を有意義に過ごすためのヒントに関する話もありました。疑問をひもとくだけではなく、面接とは違う切り口でよりお互いを知ることができ、良い時間を過ごせたのではないでしょうか。

今回のMeetupはこれにて終了。第1回、第2回とは違った雰囲気で、また新たなドリームアーツの一面を内定者のみなさんに知ってもらうことができたのではと思います。入社まであと半年、長いようで短い学生生活もラストスパートです。それぞれ充実した日々を過ごし入社の日を迎えてほしいなと思います。
それでは次回の配信をお楽しみに~!

⭐こちらもぜひどうぞ!関連リンク⭐
2020年新卒内定式(2019/10/1、広島オフィスにて実施)
2021年内定者Meetup第1回(アイスブレイク)
2021年内定者Meetup第2回(就活ペアインタビュー)

同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう