1
/
5

最高のチームを目指して、マネジメントにも奮励努力【2020年度新入社員インタビュー第3弾!】

2020年度新入社員のK.MとY.S。

入社2年目に入り、昨年以上の成果を求めると同時に、チーム内ではマネジメントの役割も担うなど着実にステップアップを重ねている二人のインタビュー、第3弾をお届けします。

インタビュー第1弾はこちらから
インタビュー第2弾はこちらから

K.M.(写真:右)
担当部署/職種:社長室 ときめきVR/グループリーダー
入社年:2020年4月

Y.S.(写真:左)
担当部署/職種:経営企画室 美少女図鑑/事業部長
入社年:2020年4月

入社2年目、組マネジメントの立場へ

M:私は2021年4月に、「美少女図鑑」から新VRコンテンツサービス「ときめきVR」担当になりました。「ときめきVR」は人気VTuberとファンの方々が1対1で気軽にファンミーティングを楽しめるVRコンテンツサービスです。VRによる体験の臨場感と、オンラインならではの安全性を両立し、VRによる三次元の体験をオンラインで提供しています。
現在は営業・バックオフィス業務など、グループリーダーとしてチームの業務全般を担当しています。

S:私の所属する「美少女図鑑」チームには今春、新入社員3名が配属されました。私自身、事業部長に昇格し、新入社員の育成・マネジメント・プロジェクトの進捗管理の他、アルバイトやインターン全員のマネジメントも担当しています。また昨年から引き続き、渉外営業や企画なども行っています。

「チーとして」の視点

M:改めて1年目の自分を振り返ってみると、少し傲慢な面があったなと思います。一人で成し遂げられることは限られているにも関わらず、何でも一人でできる!やれる!と思って仕事をしている部分がありましたね。

一人で生み出せる売上には限界がありますが、チームで取り組むことで会社にもより大きな利益をもたらすことができます。ですから、今はチームとして仕事をすることの意義や成果の見せ方をより強く意識するようになりました。
誰が何を担当すればチームとして最高のパフォーマンスや成果を残せるのか、お互いにフォローしあえるのかを一番に考え、適材適所・それぞれの得手不得手を考えて、目標達成できるチームマネジメントに取り組んでいます。

S:昨年は少人数のチームで、成果を追い求めるための合理的な意思決定を優先していました。今はただ成果を求めるだけではなく、そこにたどりつくための過程を重視したり、結果に直結する短期的な視点だけでなく、後輩やチームが成長できるような、中長期的な視点で意思決定をすることもあります。

マネジメントの立場で気付いたこと

M:DONUTSに入社した初日に、上司である執行役員 兼 経営企画室 室長の假屋に言われた「自分の態度を意識する」ことの重要性を、日々実感しています。マネジメントする立場になって初めて、自分の言動や精神状態がチームに与える影響の大きさを知りました。余裕や覇気の有無もチーム内に伝播するので、成果に厳しくもゆとりある心を常に持って、いける!やれる!とチームを鼓舞する雰囲気を自分から作れるよう意識しています。これは目標に向かって走り続けていた1年目では、あまり考えなかったことですね。

ピンチはチャンス!コロナ禍も追い風に

S:コロナ禍と同時にDONUTSに入社しましたが、そこは一切関係なく、目標は常に高く、大胆に設定してきましたね。

M:コロナ禍だからこそのサービスの価値は、常に考え続けています。昨年はコロナ禍によってライブ配信事業など関連マーケットが拡大し、この追い風も味方につけて、目標を大幅に達成することができました。特にミクチャ事業の業績向上に伴って美少女図鑑の売上もアップしたことで、運営も円滑になり満足度が向上したので、営業も仕掛けやすくなりました。入社直後に営業をした際には、この追い風はあまり感じなかったように思います。

S:実際にお会いしてお話しすることでしか得られないことはもちろんありますし、現地での対面での打ち合わせをご要望いただくこともありますが、リモートワークの浸透も事業のスピード感につながっています。

M:結果的に渉外営業での提案の幅も広がりました。ミクチャを絡めて、自信をもって先方にメリットを提供できる魅力ある提案ができたことで、より多くの協賛の獲得にもつながったと思います。

改めて感じる、DONUTSの魅力

S:2年目になって改めて思いますが、DONUTSは働き方が自分次第で、とても居心地がいいです。他の会社に就職した大学の同期や先輩の話を聞くと、自分はやりたいように、やりたい仕事ができる恵まれた環境で仕事ができているなと実感します。

M:DONUTSには数字に対する執着を持って、シビアに仕事に取り組んでいる人がとても多いですね。多くの社員から、強気の目標を設定して絶対に達成するぞ!という気概を感じます。勝利への執着を持ち、常にプロ意識と緊張感を忘れずに目の前の仕事と向き合うことで、DONUTS社員として理想的な姿を社員一人ひとりが体現していますね。この真摯な姿勢が、会社の成長を根本から支えていると思います。

より厳しい状況で…勝負と挑戦の年

M:「ときめきVR」はまだ立ち上がったばかりの新規事業です。ゼロからのスタートですので状況は厳しいですが、目先の売り上げと利益を結果として残すことが2年目の目標です。事業を軌道に乗せ、来年度以降にしっかりとつなげたいですね。
そして来年度、「ときめきVR」は社内で一番いいチームだ、Mに新入社員を任せたい、と誰もが認める最高の強いチームになれるよう、毎日ワクワクしながら試行錯誤しています!

また、自分で事業を立ち上げた経験はありませんが、営業だけでなく会計や法務関係の知見を要求される場面も多いので、個人的には昨年以上に厳しい環境での挑戦と勉強の年になると思っています。

S:2年目は挑戦!ですね。チームのメンバーにはDONUTSの中枢を担う人になってほしいです。人材の育成は自分にとって大きな挑戦でもあります。
いち個人としては、昨年より大きなスケールで事業の全体を見ながら、難しいことにも挑戦していきたいです。テレアポで初回から驚くような成果をあげるインターンもいるので、負けていられません!

「人として」魅力ある存在でありたい

M:假屋にいつも言われている「人として」の意識を、ビジネスパーソンとして一番大切にしています。どんなにいいサービスを作っても、それを作っている人が「人として」魅力がなければ全く意味がないですから。とはいえ、まだまだだと思われているでしょうけど…。

S:假屋には仕事のことはもちろん、礼儀作法やマナー、相手とのコミュニケーションの取り方など、「人として」大切なことをいつも丁寧に教えられています。でもわからないことも多くて、なかなか難しいですね。

また、一人でできることは限られているので、いろんな人を巻き込むための視点を持つことと、できないことを自覚して挑戦し続けることを大切にするよう、チーム内でも話しています。できないことは決して悪いことではないので、「できないけど、やってみよう!」という気持ちをいつも大事にしています。

オンとオフの切り替え

M:毎日のリフレッシュに、サウナスーツ着用でのランニングは欠かせません!心身ともに整いますね。あとはドライブにもよく行きます。金曜日の夜に、悩める後輩を誘って、ただ海ほたるまで往復するだけのドライブをしたこともあります。そして今日は何を食べようか、いつもそればかり考えているぐらい、食べることも好きです。とはいえ、ランニング後の深夜においしいものをつい食べてしまうので、体重的には±ゼロなんですけどね(笑)

S:やりたいときに、やりたいことを、やりたいようにやる!!これが最高のリフレッシュですね。マテ貝を求めて木更津まで潮干狩りに突発的に行ったこともあります。…残念ながらアサリしか採れませんでしたけど(笑)先日も週末の21時頃にふと思い立って、レンタカーでMを迎えに行き、ゴルフの打ちっぱなしに行きました。

M:「10分後に迎えに行くから!」と突然Sから電話がきて驚きました(笑)

同期それぞれが、DONUTSでオンリーワンの存在

M:2020年入社の同期は7人いて、同じチーム内にも同期が1人います。同期もみんな、それぞれの所属先で、個性やスキルを活かしたオンリーワンの役割を担っています。同じチームの同期とは、業務上シビアな話をすることも多々ありますが、一旦業務から離れれば、仕事の深い話はほとんどしないですね。それでも、同じDONUTSという組織に所属する仲間ですから、さりげない会話から参考になる意見やヒントをもらえることも多いです。

S:上司経由で話を聞いて気にかけてみたり、席の近い同期の話が漏れ聞こえてきて、少し声をかけたりすることはありますが、同期といえどもお互いの業務の詳細を把握しているわけではないので、実務的な話をすることはあまりありません。今は同期とも気軽に飲みに行けないですし、自分のチームのメンバーと過ごす時間のほうが多いかもしれません。

同期とは、いつも一緒にいて常に連絡を取り合っている…という関係ではないですが、それぞれに業務の中で必要なことや協力してほしいことがあれば率先して助け合える、とてもいい関係性が構築できています。火花を散らすライバルというより、良きビジネスパートナーのような存在ですね。

1年目でストイックに成果を積み上げ、2年目で早くもビジネスパーソンとして、成果を追い求めるだけでなく、マネジメント視点の重要性も実感している二人。

ますますの活躍はもちろん、二人のような先輩の背中を追って、急成長を遂げている、DONUTSの2021年新入社員の成長にも今後ご注目ください。

DONUTSでの働き方は自由、入社後のキャリアも自分次第。
努力次第では年齢やキャリアに関係なく、ステップアップの機会を得ることができます。
DONUTSなら、あなたが一番輝けるオンリーワンのポジションが、きっと見つかります。

株式会社DONUTSでは一緒に働く仲間を募集しています
22 いいね!
22 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング