1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

5Gに乗せた夢を叶える!【ミクチャ・VTuber・VR担当エンジニアインタビュー】


■K・Hプロフィール
部署/職種:ミクチャ事業部エンジニアグループ(&社長室Vtuber事業およびVR)
入社年月:2018年9月

ーこれまでのキャリアについて

アルバイトから18歳の時にゲームの会社を立てて独立しました。
その後、エンジニアはもちろんのこと、アニメーター、雑誌のライター、シナリオライター、グラフィッカー、などゲームに関することを一通りやりながら、それを軸に音響監督、タレント事務所運営、土地開発、飲食店のメニュー開発、ライブハウス経営、スタジオ運営、イベンターなど多種多様な職種を経験しました。

 前職のゲーム会社ではディレクター・プロデューサーとして自分の作りたい物を作らせてもらい「もうこの会社でやることはない」と思ったので新しいことにチャレンジしてみたい、とおもい転職を決意。
 次にいく会社は、スマホ中心のゲーム市場が、別のものにシフトしても生き残る会社にいたいと思いました。
 Donutsは自己資本率も高いし、ゲーム以外のプロジェクトもやっているし、他のIT系企業とは違い、長く働くことができるだろうという考えから転職しました。

 入社当初はゲーム事業部で『ブラックスター』でPMを経験した後にVTuberプロジェクトを担当していました。VTuberプロジェクトでは、『ミクチャ』上でVTuberがきちんと活躍できる場を作り、売上の一旦を担う形にすることを目標にしました。
 また、周辺のツールを作って、配信し易い環境作りにも注力しました。
その結果、昨年の10月頃に配信できるようになり、流れで今年の4月からミクチャの技術のトップに立たせて頂いています。

ー競合に対抗できる強みは?

 システムは正直、サービス開始当初、つまり5年近く前のシステムをそのまま使っているので、設計こそ優れていたため今も問題なくサービス提供できるものの、機能としては他社よりも弱い部分が大きいです。
 それでも、強力なライバーマネジメントと呼ばれる営業陣がいるので、演者を丁寧にケアしていく体制が整っている部分が強みであり、おかげで現在も上位配信アプリとして戦えているのだと思います。
 作る側からみると、仮にクオリティの低いサービスを最初にリリースしたとしても、意地でもお金に換えてくれる営業陣が居るのは大きな安心感です。

ーシステム側の今後の改善策は?

 2ヶ年計画でシステム面を一新して、他に負けないサービスとしていきたいと考えています。負けないためのシステム開発は、2面から考える必要があります。
 一つは他社にあるものを極力入れていくこと。もう一つは他社にないものを作っていくことです。
なぜなら、他社にないものがないとトップになれないからです。

目標として、「まずは競合サービスの中で日本一」を目指していきます。

それに耐えうるシステムを作り、他社ではできないことを増やしていくことがエンジニアの責務であり、トップに立つ為に必須事項であると思います。
「まずは」というからには、その先を当然目指していくつもりで日々邁進していきます。

そのためには、一緒に日本一を目指す仲間が必要です。

エンジニアの増員を通して、日本一を取ってやろうという気概がある人と一緒に、頑張って色んなものが作っていければと思います。

ーどんな人と一緒に働きたい?

 ミクチャではまだ、いろいろなアイデアが形になる土壌があります。ただの思いつきアイデアでも、実装してしまえば、前述の営業陣がそれを商品にしてくれます。なので、いまのライブ配信で欲しい機能がある方、不満がある方は、当チームで働くと幸せになれると考えています。

 それ以外にも、色んなことに興味がある方・新しいものが好きな方に来て頂けたら、充分に知識は得られますし、深掘りも出来るかなと思っています。
 具体的には、android専門の方やエンタメ系アプリを作ってきた方、新しいことをやってみたい方が来てくれたら嬉しいです。

 エンジニアリング的な特徴としては、基本的には少数精鋭でやっているので仕事自体が分散しておらず、1機能1人でやるようなカラーが強いです。
 1人でちゃんと仕上げられるし、自分の裁量で大きく物が作っていけることが魅力の一つなので、ある程度自分で作ってみたい人にはオススメできる職場です。
期間としては、1~2年というスパンで考えているので現在はポテンシャル採用もしています。
ポテンシャルの方を拾っていきつつ、即戦力の方にもきて欲しいです。
『ミクチャ』のエンジニアチームは、化物みたいなエンジニアからポテンシャル人材を育てるエンジニアまで居て、年齢層も20代〜50代までと多彩性があるのが売りですね。

ー日本一のサービスに

今後エンジニアが向かっていく未来は、動画送信方式の変更と新機能の追加がメインです。
美肌系の機能を実装したりと他社にあるものは極力入れていきつつ、自社にしかないオンリーワンの機能でミクチャを日本一のサービスにすることです。
優秀な営業部隊がいるミクチャなら、エンジニアさえ頑張ることができれば十分実現できると考えています。
5G時代に人々が思う未来を、このアプリで見せられるような機能実装をしていきたいと考えています。

ー転職を考えている方へ

 ミクチャのエンジニアは、映像解析やハードウェアのコントロールなど先進的な部分や、大規模なトラフィックなど、エンジニア的には環境がないと触ることができないものが、たくさんあります。
 また、今後伸びていくエンタメジャンルと言うことで、日々変化があり、勝利を感じることができる、エンジニアからみたら魅力が多い仕事だと思っています。
 今は少数精鋭で開発を行っていますが、よりスピード感を出すために未来に向けて大規模なエンジニアの増員を行っております。

 興味がある方、またエンタメの未来を一緒に作っていきたい方は、ぜひ当社をご検討ください。

株式会社Donutsでは一緒に働く仲間を募集しています
27 いいね!
27 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング