1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ライバーが入りたい!と憧れるエージェンシー“Churros”の魅力とは?【Churros(チュロス)・K.Tインタビュー】

■K.Tプロフィール
部署/職種:株式会社Churros(チュロス) /課長
入社年:2017年4月入社

Donutsの子会社として2017年に設立した株式会社Churrosは、最新のトレンドを生み出し、幅広い層から絶大な支持を集めるタレント・ライバーを活用した広告・プロモーションを提供するエージェンシーです。Churrosの魅力と強みについて創業メンバーに聞きました。

ーこれまでのキャリアとChurros立ち上げ

映画配給会社、韓国系エンタメ企業と20代はどっぷりエンタメ業界を経験してきました。
29歳になって他の業種も経験してみたいなと感じ始めたときに、高校の同級生だった石山(現・Donuts執行役員)から全く異なる業界とサービスの話を聞き、面白そうだなと感じました。また、入社前から社長の西村とも知り合いで「ジョブカン」の営業を強化したいと声をかけて頂いたのも理由のひとつです。
ただ、声をかけてもらったのでそのまま入れるのかなと思っていたら、3次試験までありましたね(笑)

2013年にDonutsへ入社して、ジョブカンの勤怠管理システムの初代営業リーダーを務めました。その後、ジョブカン採用管理システムの営業、MixChannel(ミクチャ)の広告営業を務めた後、社長の西村との会食の席で、僕が元々エンタメ系で働いていたのを思い出したようで「そういえば!」という流れから声がかかり、2017年に株式会社Churrosの立ち上げメンバーとして参画しました

ー現在の仕事内容は?

Churrosは大きく分けて『ライバー事業』と『タレント事業』の2軸があるのですが、その両方を担当しています。
『ライバー事業』についてはライバーのスカウトとマネジメント、MixChannel向けのイベント制作を行っています。

『タレント事業』については、代表の斉藤と現在準備してるメンズアイドルグループのマネジメントとその他タレントの広告撮影案件の調整や同行を行っています。

ーライバーはスカウトで?

スカウトもあります。ただ、私達は「タレントを見てChurrosに入りたい」というインバウンドが多いので、そこが強みですかね。
5~6人しかいない中で売上を立てるとなるとアウトバウンドだけだと正直厳しいですね。

問い合わせフォームから年間300人来ているので、そこを逃さず対応していますね。
ライバーで獲得して、その後AbemaTVのオーディションを受けてもらうケースもあります。タレントについては、斉藤がスカウトしています。

ーChurrosのNo.1ライバーは?

『南浦芽依』ですね。
“MixChannelアワード”というMixChannelで最大級のイベントで連続1位を獲得しています。年間数千万くらい稼いだ年もあり、ミクチャの女王と言われています。

彼女は元々大阪の病院で働いていたのですが、辞めて単身東京へ来て、今はライブ配信だけで生活しているChurros初の職業“ライバー”です。

ーライバーからタレントへ行くことは?

最近はできるようになってきましたね。ライバーとしてスカウトした子がAbemaTVの恋愛リアリティに出るというシンデレラストーリーが作れるようになってきたので、そこをもっと強化していきたいです。
そういった事例が出来たことで確実にライバーもスカウトしやすくなりました。
また、ライブ配信プラットフォームと組んで某局の恋愛リアリティみたいな若年層が出たいと思う番組を作れたら、もっとライバー周りを盛り上げられるんじゃないかなと思います。

ーコロナの影響は?

ライブ配信で生活費を補っている方も結構います。どちらかというと本業の片手間で副業感覚でやっている人が多いですね。
YouTuberのように一本で生計を立てようと思っている気概の人はまだ少ないですが、、YouTubeよりも気軽に始められるからかコロナの影響で始めるライバーは増えましたね。


ーChurrosの強みは?

ライバーは短期間で辞めてしまうケースも少なくないですが、南浦芽依を筆頭に離脱しない居心地の良さが私達の事務所にはあるのかなと思います。
あとはライバーだけではなく、一般の10〜20代前半の人が知っているタレントもいるので、他のライバーエージェンシーよりもブランディング力が高いと思います。この点については取引先からも言われますね。
ライバーとタレントが良いバランスで共存している事務所はそこまで多くないと思うので、そこは強みかなと思います。

ーオフィスは渋谷のど真ん中ですね

Churrosは渋谷の道玄坂に隠れ家的に存在しています(笑)
Donuts本社がある小田急サザンタワーと比べるとものすごくコンパクトですが、その分出入りが楽なのは気に入っています。
Donutsの西村、Churrosの斉藤と二人の代表で進めている事業なので大変ですが、日々学びがあって楽しいです。
ジョブカンチームに在籍した時も感じていたのですが、どの会社よりも決裁スピードが早いと感じていたので、そこはせっかちな自分とも合っているなと感じます。

ー今後の目標は?

今年はメンズアイドルグループのデビューを成功させ、ライバーが参加したいと思う魅力的なライブ配信イベントをたくさん作っていきたいですね。

実はChurrosは、ライバーやタレントではなくメンズアイドルグループをマネジメントする会社を・・という話から出来た会社なんです(笑)
とはいえ、色々難しくいきなりは出来なかったので3年間くらいかけてライバーやタレントを中心にプロデュースして事務所としての知名度を高めてきました。

そうした中で培ったコネクションからメンズアイドルグループの話が来たので、とても感慨深かったですね。本当にメンズアイドルをやる機会が来たんだな、と。

メンズアイドルやタレント事業を軌道に乗せることが出来れば、事務所としてのブランディングが上がり、インバウンドで効率的に人を獲得出来るようになります。まとまった数のライバーを常時抱えることでライブ配信向けのイベントも作りやすくなるので、今年はその好循環を強化していきたいです。

ー求めている人材は?

求めているのはライバーをスカウト/マネジメントするメンバーでもあるのですが、ライブ配信イベントの制作もやってもらえる人材ですね。
現状はイベント制作は主に私で、代表の斉藤もタレント事業や広告会社とのコネクションから企画を作ってくれるのですが、そこを拡大していきたいので募集する形です。

タレント事務所なので優秀でも単純にミーハーな人は厳しいと思っています。
公私が切り分けられる人、プロフェッショナルに仕事が出来る人が望ましいです。

一番強化したいのは、ライブ配信プラットフォーム向けのイベントを一緒に作ってくれる人が欲しいのでBtoBに強くて、ある程度の企画力がある人。
また、10代のタレントが多くいるので10代の人ともしっかりコミュニケーションが取れる人がいいですね。

株式会社Donutsでは一緒に働く仲間を募集しています
81 いいね!
81 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング