1
/
5

「自分はエンジニアに向いてないんじゃないか?」元エンジニアが活躍するカスタマーサクセス

「エンジニアとして働いているけれど、人と関わるような仕事もしてみたい。でも、できれば今まで培ってきたエンジニアとしてのキャリアも意味のあるものにしたい。」

そんなことを考えたことはありませんか?

ダイレクトソーシング(以下DS)は候補者に直接アプローチをするダイレクトリクルーティングを日本に根付かせるべく企業向のサポートをしています。

今回は、エンジニアからカスタマーサクセス(以下CS)にキャリアチェンジをした萩原さんに、どのように顧客と向き合っているのかをお聞きしました。



萩原さんプロフィール
ダイレクトソーシングカスタマーサクセス部アカウントマネージャー。大学卒業後、SI企業でSAPエンジニアを経験後、ITコンサルタントとして活躍。2019年ダイレクトソーシングへ入社。自身の経験を活かしSI、コンサル企業を中心に入社1年足らずで企業のダイレクトリクルーティングをリードするアカウントマネージャーを担当。

自分はエンジニアに向いていないんじゃないか?これまでのキャリアに対する葛藤

ーどのような理由でエンジニアから顧客をサポートするカスタマーサクセスにキャリアチェンジしたのでしょうか?

まず、私がエンジニアになった理由として、「エンジニアは需要があり将来性が安定している」と考えていたためです。もともと大学も文系でしたが、エンジニアの需要に惹かれたんです。

しかし、システムの開発はひとりで机に向かっている時間がほとんどであまり人と関わることがありませんでした。わたしはそんなシステム開発の仕事がつらいと感じることもあり、自分には向いていないのかもしれないと考えるようになりました。

そこで思い切って20代のうちにエンジニア以外の仕事にも挑戦してみようと考えたんです。

ー次のキャリアとしてDSを選んだのはなぜでしょう?

実はエンジニアの次にこれをやりたい!というのははっきり決まっていなくて、DSの面接でどのポジションを受けたのかも覚えてないくらいなんです。DSに惹かれたのは、風通しのよさだったり、自由な社風が面接の時点から伝わってきたからです。いままで働いてきたような大手の企業とは真逆の環境だからこそ興味がわきました。

また、候補者に直接アプローチをするというダイレクトリクルーティングはビジネスとしても新しく、将来性も感じました。

ーDSへ入社してみていかがでしたか?

DSの案件はSI企業やコンサルティングファームであったり、エンジニアのポジションの割合が高いです。そのため人事や現場の方と仕事を進める際に、エンジニアとしての働き方や、SI企業の組織イメージが既についている状態というのは他のひとにはない強みだと感じています。エンジニアなら知っていてあたりまえ(前職だったら評価ゼロ!)のところが大きな武器になっているんです。

目の前にいる顧客の成功とはなにか?を考え続ける日々

ーCSとはどのような仕事なのでしょうか?

CSの主な仕事は、顧客(企業)の求める候補者とスカウトを通して直接コンタクトを取れるきっかけを作り、採用成功へのサポートをすることです。そのために、顧客とのターゲットすり合わせや、属性別に特徴を割り出し、より効果的な採用方法を思考しています。

顧客と向き合う中で、DSは良くも悪くも正解がないため、自ら考えなければいけないというのが特徴です。うまく仕事を回すためには、自分から情報を取りに行ったり、役員やメンバーに意見をもらいにいったりする必要があるので自分の行動次第という部分も大きいかもしれません。

また、自ら行動し最善を尽くしても、自分の打ち出した施策の結果が出ないときももちろんあり、悔しい思いも多いです。



ー今まで印象的だったプロジェクトはありますか?

大手企業の新規事業の立ち上げメンバー採用に一から携わったことです。顧客が初めてダイレクトリクルーティングを行うということで、DSにはデータに基づいた運用のノウハウなども期待していたのだと思います。新規事業ということもあり、まだない事業の魅力をどうスカウトに反映させるか、企業に興味を持ってくれるターゲットはどんな層なのかを顧客と伴走しながら考えました。運用は順調に進み、結果的にダイレクトリクルーティングで3名の採用が決定しました。

顧客へはダイレクトリクルーティングのメリットも伝わり、今後はさらにダイレクトでの採用を活発にしていくこととなり、「企業へダイレクトリクルーティングを根付かせる」ということ自体は成功しました。しかし今後は人事部のメンバーが自らダイレクトリクルーティングを運用することとなり、DSとの契約は終了することとなりました。

これはDS全体としての課題なのですが、運用サポートのみでなく、そこからあと一歩DSの必要性や、価値を生み出す方法を考えなければいけないフェーズに入ったのだと思います。

今は目の前の顧客と向き合うこと

ーCSの経験を生かして今後どのようなキャリアを築いていきたいですか?

正直、将来のキャリアは決まってなく、まだどうなりたいかというのはわかりません。ただ顧客と向き合い、課題を探索し、解決策の思考と試行を繰り返してきた経験はどんな場面でも通用するんじゃないかと思っています。自分の力を生かせる機会があれば、ぜひチャレンジしたいですね。

もしキャリアチェンジで迷っている方がいたら、難しくは考えず、何にチャレンジしたいのかを大切にしてほしいです。そしてそのなかの選択肢のひとつとしてDSも入ってくれば嬉しいです。

株式会社ダイレクトソーシングでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう