1
/
5

「リモートとオフィスどちらでも勤務できる環境がありがたい」私が初めてのインターン先にディップを選んだ理由

こんにちは。小林です。

今回はSDGs CONNECTの編集部でインターンをしている井口さんにインタビュー。

ボカロが大好きです

ー簡単な自己紹介をお願いします!

井口です。広島生まれ、神奈川育ちの大学3年生です。

音楽や美術、ポップカルチャーなどのアート・エンターテイメントが大好きで、文化的な視点でマネジメントやプロデュースを学べる学部で勉強しています!

ー井口さんの好きなこと・ものについて教えてください。

音楽を聴くこと、演奏することが好きで、特に歌うことが大好きです!邦ロックも好きですが、小学生の頃に友達から教えてもらったのをきっかけに、ボカロなどのネット音楽をずっと聴いています。

ボカロを好きになった当時は、オタクっぽいって周りに避けられることも多かったんですが今では米津さんやヨルシカ、YOASOBI、Eveくんなどネット出身のアーティストたちが大活躍する時代になってボカロも嫌がられなくなってきて本当にうれしい限りです!(笑)ヨルシカの作詞作曲をされているn-buna(ナブナ)さんが作る曲が大好きで、ボカロP時代からずっと応援しています!

ーなぜボカロが好きなのですか?

一口に「ボカロ曲」といっても、共通しているのはボーカロイドを使用していることだけであって、そこにある音楽のジャンルは多種多様でいろんなタイプの楽曲を楽しめるからです!ロックもあればダンスミュージックもジャズもラップもあって、ボカロ曲という共通点があるからこそ、普段はあまり聴かないタイプの曲にも飛び込んでいきやすいと思います!

その中でも特にn-bunaさんの音楽は、しっかりとしたバンドサウンドの曲が多く、夏や思い出をテーマにした爽やかだけどどこか懐かしくて切ない、エモ~い曲ばかりで本当に好きです。ぜひ聴いてみてください!

音楽の部活とサークルに明け暮れた学生時代

ーこれまでの人生で熱中したこと・これは頑張ったなと思うことはなんですか

サークル活動です!中学生の時は弦楽合奏部、高校生の時はジャズ研究部と音楽系の部活をやってきたのですが、現在は2つの軽音サークルとアカペラサークルの計3団体を掛け持ちしています。やっと軽音ができる!ギターボーカルやるぞ!と息巻いてギターを購入したのですが、ピンボーカルでバンドを組むことが多く一向に上達しないのが課題ですね・・・。

3つの団体で同じように活動していくのはとても忙しいですが、あるサークルには行かなくなるということはなくしっかりと参加できているので、人を覚えることが苦手で人見知りな自分にしてはすごく頑張れているなと思います。もちろん学業もおろそかにせず、自分なりに両立できているので卒業までこのまま駆け抜けていきたいです!

ーなぜサークルの活動を頑張ろうと思ったのですか?

高校に入学したとき、軽音楽部に入りたい!と思ったものの、顧問の先生がかなり癖のある方で、中学の頃に先生との人間関係が原因で一時期部活に行けなくなっていた私は軽音楽部をあきらめジャズ研究部に入りました。ジャズ研の活動は本当に楽しくて、どうしたらお客さんに楽しんでもらえるか、演奏だけでなく演出にもとことんこだわったライブをつくり上げることができたんです。

でも、他の高校に行った友達が楽しそうに軽音学部で活動しているのを見ると、やっぱりとても悔しかったんですよね。その悔しさをバネに、今は多いときは1か月に3バンド組むこともあるくらい積極的に活動しています。

リモートワークをうまく活用しながら働いています

ーディップでインターンを始めるまでに他社でのインターン経験はありましたか?

インターン経験はディップが初めてです!

ーなぜディップでインターンを始めたのですか?

ディップでインターンしていた軽音サークルの先輩がインスタでインターン生募集してるよ!と呼びかけていたのを見てすぐに応募して始めました。

ーインターンでは現在どんな業務をしていますか?

私は企業担当なので、様々な企業のSDGsへの取り組みを調べ、記事にしています。

ーコロナ禍で入社から今までリモート勤務が多いと思いますが、働き方についてはいかがですか?

私は家が都心から離れているので、リモートワークだと時間をうまく使うことができるので助かっています。でも、直接会うことで生まれる会話やアイデアなどもあると思うので、皆さんとなかなかお会いできないのはさみしい部分もあります。

個人的には家よりも外に出たほうが作業がはかどるタイプなので、リモートワークとオフィスワークを組み合わせて勤務できるディップは理想ですね。

ー実際にインターンを始めてみて感じたこと・やってみてよかったことがあれば教えてください。

まだ始めたばかりで慣れないことも多いのですが、記事を書くことで文章の構成をすごく考えるので文章力がアップするんじゃないかなと思います!

また、企業が実践しているSDGsの取り組みを知ることができるので、社会では実際どのように問題解決が目指されているのかがわかり、自分は具体的に何をすればいいのかヒントにもなるところもすごくいいなと思います。

ーインターンで辛い・大変だなと思ったことを教えてください。

私は仕事が遅いというか、真面目にやっていてもほかの人から見ると「効率悪くない?」と思われるようなタイプだと思うので、他のインターン生の方たちよりもかなりペースが遅いです。

まだ始めたばかりなのでこれから早くなる点もあると思いますが、作業効率をアップしてバリバリ働けるかっこいい人になるためにも頑張ろうと思います!

ー上司にあたる小澤さんはどんな人ですか?

実際にお会いしたのはまだ1回で、あまりお話したことはないのですが、仕事はできるけどちょっと不思議な人という感じがします!(笑)

カメラがお好きだと聞いたのですが、私も写真を撮るのが趣味なので今度写真についてお話したいです。

ー今後ディップで頑張りたいこと、やってみたいこと、挑戦してみたいことがあれば教えてください。

今は記事を書くことしかしていないのですが、今後企業さんにインタビューをしに行くことがあると思うので、人見知りをせずしっかりと参加できるように頑張りたいです!

ーありがとうございました!

メンバー募集中!

ディップでは、一緒に働くメンバーを募集しています。
ご興味がある方、ぜひカジュアルにお話しませんか?下記リンクより、ご連絡お待ちしております。

リモートでどこからでも働ける!
いつでもどこでも自由に働ける!AIニュースメディアで学生インターン募集!
AINOWはAI(人工知能)について知り・学び・役立てることができる国内最大級のAI専門メディアです。 「バイトル」「はたらこねっと」「ナースではたらこ」などを展開するディップ株式会社に設置されたdip AI. Labが運営しています。 <AINOWの特長> ①AINOWならではの1000本以上の独自コンテンツ 企業やイベントを取材するほか、独自にコラム記事を執筆し、公開しています。 ②AI分野のニュースを配信 日本国内のAI分野のニュースをまとめ、配信しています。 ③イベントや企業/協会との連携 AINOWはさまざまなイベントに協賛をしているほか、一般社団法人 日本ディープラーニング協会のメディアパートナーを務めるなど、幅広い連携を行ってます。
ディップ株式会社

引用元:https://jisedai.work/iguchi/

ディップ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング