1
/
5

1年目からエリア、顧客を任される使命感

オフィス立ち上げメンバーとして、
0からのスタート

私は、2015年4月に開設された岐阜オフィスの立ち上げメンバーとして、配属されました。オフィス開設に対する先輩や上司の思いを受け、「岐阜マーケットでNo.1シェアをとる」という目標を持ち、スタートしました。私の担当エリアは、まだまだ紙媒体が主流の一宮、稲沢、江南。初めはなかなか話を聞いてもらえず、マーケットを開拓する難しさを実感する日々が続きました。私の転機となったのは、ある喫茶店のオーナー様との出会いでした。「ターゲット通りの人を採用できない」「採用しても、すぐにやめてしまう」というお話を聞いたとき、入社当初抱いていた「岐阜マーケットを開拓し、No.1 になりたい」という目標が、「私の手によって、このマーケットの人手不足、採用のミスマッチを解消したい」という責任感に変わりました。

1年目から採用コンサルタントとして、
顧客の採用を担う

私は、「思っていたイメージと違った」というような採用後のミスマッチが起きないよう、この仕事の大変さ、やりがいなどを丁寧にヒアリングし、よりリアルに伝えるために、長年働くスタッフさんのインタビュー動画掲載を提案。「ここまで熱心に考え、提案をしてくれる人は初めて。鈴木さんに任せたい」という言葉をいただきました。掲載中も「応募、面接状況いかがですか?」とクライアントと連絡をとり、何度も採用成功のための策を練り直しました。その結果、クライアントから「いい人が採用できたよ!」と報告をいただいたときは、本当に嬉しかったです。1年目でもエリアの担当者として、顧客にどんな提案をするか、採用成功のためにどんなフォローをするか、は自分の手に委ねられます。つまり、全て自分次第なのです。任されるプレッシャーはありますが、ディップで求められるのは、無難な選択をすることではなく、失敗を恐れずに挑戦すること。1年目に任される裁量権の大きさは、社風の魅力の一つです。

ディップ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング