1
/
5

新たな労働力創出・生産性向上に貢献する(人材ビジネスの意義)

新たな労働力を創出し、多様な働き方を促進する。

少子高齢化が進み、労働人口が増々減少する日本。そんな中で、「労働力の量を増やすこと」、そして「労働生産性を上げること」が日本経済の発展に直結します。

それを実現するには、今や労働人口の4割を占めるまでになっている「非正規雇用(アルバイト・パート・派遣など)」市場が鍵となるのです。今後社会全体の労働力を増やしていくには、正規雇用以外の、パーマネントだけでなくフレキシブルな働き方をする人々が重要になってきます。

具体的には、「女性の活躍推進」、「シニア・外国人労働力活用」「短時間勤務など各種制度の整備」、「ダイバーシティの推進・促進」といったことが、求められます。全てにおいて正規社員だけではない多様な働き方が、現代社会の大きな課題を解決する糸口となるのです。

1人ひとりが活き活きと働ける社会をつくる。

では、いかに労働生産性を上げていくか。その答えは、採用のマッチングの精度を上げ、一人ひとりが、より活き活きと働ける職場に最適な配置をすること。そしてより長期で働けるよう処遇改善を行い、高い能力を発揮できるよう育成していくことです。

一人ひとりにベストマッチする多様な働き方、人材活用のための提案をすることで、労働力の量と質、双方から日本の未来を支えていけるのだと思います。日本経済を支える足元には、私たちの強い使命感と明確な意志があるのです。

ディップ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング