1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

超大手リース企業のシステム全面改修に企画から参画

同社のリース基盤システムを全面刷新するために、超上流工程から関与している案件についてご紹介いたします。

案件概要

当プロジェクトにおける、①お客様の課題感や当社に対する期待、②当プロジェクトの変遷、③エンジニアとして当プロジェクトに関わる魅力、について以下に記載していきます。

①お客様の課題感や当社に対する期待

ビジネスのあり方が大きく変化している中で、10年以上前のシステムをなんとか業務に合わせて運用している現状があるとのことから、時代の変化に対応するためにシステムをフルリニューアルしたいという大変革を希望されています。そのため、提案時から前提にとらわれない企画力を要求される高難度かつ大規模な案件となっています。

②当プロジェクトの変遷

お客様の規模も、案件としての規模も、関わる範囲の広さも、巨大なため、まずは期限内のローンチを目標としています。企画・要件定義までで10ヶ月を要しましたが、この構想をかたちにして、2020年までにローンチさせ、稼動させることに注力したいです。

③エンジニアとして当プロジェクトに関わる魅力

現在の変化に対応するためには、システムの刷新と合わせて、業務フローの改革も行う必要があり、超上流から参画できるところが大きな特徴です。巨大企業の一大変革に関われる貴重な機会になります。

当プロジェクトは、グループ会社のプロバインズ社とも協力してサービス提供をしているため、超上流工程から大規模な案件に関与することができます。

株式会社ディマージシェアでは一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう