1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ディグってどんな会社!?集客チームインターンのひなちゃんに突撃取材!!


〇はじめに

皆さんこんにちは!

ディグ株式会社のインタビュー記事担当です!

この記事では福岡支社でインターンをしている筆者が、ディグ株式会社のメンバーに突撃オンライン取材をしてなかなか企業見学も会社訪問も行えないこのご時世で、少しでもディグ株式会社について知っていただくために記事を更新していきます!

ディグには変わった経歴を持つ社員や、若い会社だからこその魅力があります。

その情報をスミからスミまでお届けしていくべく社内インタビューを実施して、ディグの社員さんにアレコレ聞いていきたいと思います!

今回インタビューを受けてくれたのはディグで集客チームでインターンをしている服部日南子さん。

それでは早速インタビュースタート‼

〇インタビュー

「今までと違う働き方をしたくて」

ー今回は同級生のインターン、ひなちゃんに取材というとこでよろしくお願い致します。

ひなちゃん「こちらこそ、よろしくお願いします~!」

ーこの取材記事はwantedlyに掲載するんだけど、目的はディグのことを深く色んな人に知ってもらいたいという感じなんです。そこで今回は集客チームのインターンとしてバリバリ活躍中のひなちゃんに取材をさせていただきます。簡単に自己紹介お願いしてもよいですか?

ひなちゃん「はい!大学3年生の服部日南子といいます。ディグの集客チームでインターンをしていて、主にセミナーなどのイベント担当をしています。」

ーそうだね。ひなちゃんは完全にセミナーの人ってかんじで、何回も頼っています。お仕事についても早く聞きたいんだけど、まずはディグで働くことになった経緯について教えてください。

ひなちゃん「私ディグと出会ったのは結構早くて。っていうのも、最初は大学の単位がもらえるインターンでディグで働いていたんだよね。」

ーなるほど、ひなちゃんの大学にはインターンで単位がもらえる制度があるのね。

ひなちゃん「そうなのよ。それで、友達が応募してたから私も一緒にディグに応募したかんじかな。その時は、今はないけどディグの別のサービスのチームで働いていました。それでそのまま一旦離れたかんじかな。」

ー一旦離れるんだね。けど今こうして一緒にディグで働くことができているのはどういった経緯ですか?

ひなちゃん「実は、就活始めなきゃなっていうタイミングで、ちょっとディグでお世話になってた人に相談というと重い感じになるけど、話てみようと思ってディグに行ったことがあったのね。その時に、うちで働いてみる?って誘われてジョインしたんだ。」

ーディグの社員の方に相談しに行ったんだ!

ひなちゃん「そうそう。3年生になって就活始めないとなって思ってたけど、何をすれば分からなくて悩んでた時にディグでのインターンを思い出したんだよね。あっ、社会で働いてる人に話聞いてもらおって(笑)。」

ーなるほど!じゃあ、大学のインターンとして働いた後に、ディグのサービスを利用しようと思ったわけですね。

ひなちゃん「そうそう。それでディグに行って就活相談とかをしてたら、インターンの時にお世話になってた方から、うちで働いていみる?って誘っていただいてジョインしたかんじかな。」

ーお誘いがあったわけですね。就活をしようと思っていたひなちゃんが、ディグでインターンをしようと思ったきっかけは何だったの?

ひなちゃん「理由はそれまでしていたバイトを辞めたことが大きいかな。それでどこかで働かなきゃなって思ってたんだけど、いわゆるアルバイトっていうかんじで働くんじゃなくて、次働くなら社会勉強とか自分のスキルを磨くことができるようなところで働こうって思ってたんだよね。」

ー確かに、それすごく分かります。僕も大学2年の初めまではバイトをしていたけどそれ以降はインターンをしてる。


違うチームの社員さんや、上司の方と働くひなちゃん

「不安を乗り越えて、受け身な自分を変えたい!」

ーでは、どういう思いから今までのアルバイトという環境から離れて働きたいなって考えていたんですか?

ひなちゃん「積極的に動くことができない自分を変えたいなって思いが強かったかな。今まで、友達がするからとか、誰かに勧められてとか、受動的なことが多かったから。だからこれも声をかけてもらったことではあるんだけど、そんな自分を変えたいと思って働くことにしたの。」

ー素敵な思いですね。ただ、インターンを実際に始めるのって緊張するし、不安なことが多いよね。

ひなちゃん「そうだね。私の自分からインターン先を探して、働いているわけではないけど、それでもやっぱり最初は不安だったよ。」

ー実際ジョインしてみてどうだった?ディグでのインターン経験があるとはいえ、期間も短かったし、チームも違うわけだけど。

ひなちゃん「皆が温かくてすごく安心した!最初はチームの責任者のまゆかさんと、もう一人の集客チームインターン、りこさんのサポートをしてたんだけどお二人とも優しく教えてくれたよ。」

ーお二人とも優しいもんね。最初はずっとサポートをしてたの?

ひなちゃん「そうだね。サポートをしながら仕事を覚えていったかな。それで落ち着いたころにセミナー担当で徐々に働き始めたかんじ。」

ーここでセミナー担当になるわけですね。今はどんな仕事をしてますか?

ひなちゃん「基本的にはディグが主催するセミナーとかイベント業務全般をしてるよ。まずは集客が必要だからgoogleサイトを作ってセミナー情報を発信したり、学生にメール送ったり、公式LINEで配信したりしてる。それに伴って学生の管理とか、参加数とかキャンセル数とかの数値検証をして、次のイベントに活かしてるかな。」

ーセミナー業務は盛りだくさんだよね。しかもほとんど一人で回してるもんね。

ひなちゃん「そうだね、ほとんど1人で頑張ってます(笑)。けどそれでいったら集客チームのインターンは皆それぞれ担当を持っていて、1人で回してるよね。」

ーそうそう。最初に、「ひなちゃんにセミナーは任せます」ってなった時はどうだった?

ひなちゃん「私でいいの!?私1人だよ!?って思いました(笑)。」

ーだよね(笑)。ただ実際に1人で回してみてどうですか?

ひなちゃん「私でいいのかなって思いながらも実際に動いてみると、考えることってすごく大事だなって思った。任されたってことは、上の人に縛られず、まずは自分で考えて自由にしてみてってことだからたくさん考えます。それで放任され続けたら、そのスタイルは良くないと思うんだけど、考えてだめだったり、アドバイスがほしいときはなんでも気軽に聞くことができるし、皆さん、いつでも聞いてねって言ってくれるから助かってる。」

ー自分で考えてみて、それからアドバイスもらったり、手伝ってもらったりできるから何度も何度もトライ&エラーを繰り返せますよね。

ひなちゃん「そうそう。相談してもいいんだって思えるから変に気負う必要もないし、失敗してもいいんだって思えるから挑戦してみようって思えるかな。」

ーすごく勉強になる環境で働いていますよね。ひなちゃんもディグの戦力の一員として働いているわけだけど、社会人の方と一緒に働くってどうお考えですか?

ひなちゃん「ジョインするときは、インターンと社員で仕事の内容も違うのかなって思ってたけどそんなことなくて。同じくらい大切な業務を垣根なくさせていただいてることが、とても嬉しいかな。大事なミーティングでも発言できるし、それが実際に形になって動くことだってあるし。とてもやりがいを感じます。」

ー同意です。なかなか貴重な環境で働かせていただいてるって思うね。

オフィスに出勤したら、仕事だけでなく談笑も楽しく!

「不安を超えたら見えたこと。」

ー少し話は戻るんだけど、ひなちゃんは自分を積極的な人間に変えたいというような思いで働いているじゃん?ディグにジョインして半年以上経ちますが、何か変化はありますか?

ひなちゃん「ディグって色んな人がいるけど、その中には自分から何かを始めたり、自分に芯を持っている人も結構いると思ってて。もちろん社員の方はもちろんだけど、集客チームのインターンの人もそういうの持ってるなあと思ってて。何ていうんだろう、型にはまらない生き方というか、考え方というか。そういう環境で過ごしていると、今までは受動的に動くことが多かったんだけど、私も自分がやりたいことを突き詰めて頑張りたいなって思うようになったかな。」

ー確かにそういう方もいらっしゃるよね。けどそういう風にひなちゃんの将来のビジョンに変化があったんだ。

ひなちゃん「龍太郎君もそうだと思うよ!自分でディグとは別に色々してるし。刺激もらってるよ。」

ーそれはなんか嬉しいです(笑)。ただ刺激溢れる環境であることは間違いないよね。そんな環境で働いてるわけですが、もう少し具体的な部分を質問したくて。ひなちゃんも僕も学生じゃないですか?大学の活動と就活とインターンとあるわけですがそれらをこなしていくことに関してはどう感じていますか?

ひなちゃん「その点に関してはすごく柔軟に活動させてもらってると思う!何時から何時まで就活で抜けますとか、大学の講義で抜けますとか私もたくさんしてるし!」

ーそうだよね。僕もそうやってバランス良く働けてます。

ひなちゃん「柔軟に時間を使えるからこそ、自分の仕事はきっちりしようって思うね。ほんとだったら3時間で終わる企画と作業があっても、そのうち1.5時間を大学の講義で抜けるってなったら残り1.5時間で自分の仕事を終わらせなきゃって思うかな。それがだれでもできる作業だったらいいかもしれないけど、私が1人でしているような仕事だといい意味で責任感を感じてやってるかな。」

ーそうだね。僕もそう思って働いています。今週は少ししか出勤しないから、今週の内にこれを進めておこうとか。これもまたタイムマネジメントとか、スケジュール感の形成みたいなところで勉強になってるなと思います。

ひなちゃん「そうだねそうだね。それに間に合わなそうだなって思ったら、誰かに助けてもらったり、手伝ってもらったりできるっていう安心感もあるから変なストレスではないと思う。」

ーそうですね。これまで話してきたようにたくさんの学びがあるインターン活動ですが、どんな学生が向いている思いますか?

ひなちゃん「私も学生だし、まだまだ勉強中だから偉そうなことは言えないんだけど、全部質問するんじゃなくて、まずは自分で考えることができるっていう能力は必要だと思う。なんでも聞いて、言われた通りしていたらアルバイトと変わらないし、せっかく時間を使ってインターンする意味も薄れていってしまうと思うから。あとは、私みたいにまだ自信がなくても、積極的になるために頑張りたいっていう思いがある人は是非一緒に頑張りたいです!」

ーとても大事な考え方ですね。今日はたくさんお聞きできて楽しかったです!ありがとうございました!

ひなちゃん「こちらこそありがとうございました!」

〇おわりに

今回は集客チームでインターンとして働く、ひなちゃんに取材をしました。

そんな集客チームでは、一緒に働くインターン生を募集中です!

コチラのリンクから募集を確認してみてください!
https://www.wantedly.com/projects/547732

ディグ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう