1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ディグってどんな会社!?キャリアアドバイザー召田さんに突撃取材!!

〇はじめに

皆さんこんにちは!

ディグ株式会社のインタビュー記事担当です!

なかなか企業見学も会社訪問も行えないこのご時世で、少しでもディグ株式会社について知っていただくために記事を更新していきます!

ディグには変わった経歴を持つ社員や、若い会社だからこその魅力があります。

その情報をスミからスミまでお届けしていくべく社内インタビューを実施して、ディグの社員さんにアレコレ聞いていきたいと思います!

今回インタビューを受けてくれたのはディグでキャリアアドバイザー(以下CA)を担当している召田歩さん

それでは早速インタビュースタート‼

〇インタビュー

『スタートアップ企業でスキルを磨きたい!ただその裏にはマル秘話も!』

―お時間いただきまして、ありがとうございます。

召田さん「こちらこそありがとうございます。よろしくお願いします!」

ーではさっそくインタビューしていきたいのですが、、

召田さん「急にインタビューしてもいい?って言われて僕もあまり分かっていないんですが大丈夫かな(笑)。」

ーそうですね(笑)。急遽でしたのでビックリだとは思いますが質問にお答えいただければなと思います。まずはなぜディグで働いているのかというところからお聞きしたいのですが、よろしいですか?

召田さん「はい。自分の将来を考えたときにスタートアップで必死に働いて色々なスキルを身に付けようって考えてたんですよね。そこでスタートアップ企業を探していたんです。で、その時にディグと出会ったという感じですね。」

ーなるほど。スタートアップで働きたいという思いがあったんですね。その中でディグと出会ったきっかけはなんだったんですか?

召田さん「これは就活生側ではなく、会社側の話なんですけど。前の年の新入社員がその年の社員を採用していくっていうのがディグの風習なんですよね。それでその時の新入社員が同じくCAとして働いている長倉さんで。その長倉さんが考えた採用方法っていうのが人材紹介だったんですよね。」

ーん?え??ディグの事業自体、学生に企業を紹介するいうものですよね。それに参加したということですか?

召田さん「そうそう(笑)。ディグのサービスではなかったけど、学生にディグを紹介してもらえるように他のサービスにお願いした感じです。」

ーおお、なるほど。企業を紹介するディグが、企業に紹介されてみたっていう感じだったんですね。そのような経緯でディグに入ったわけですが、いきなりCAの職に就いたんですか?

召田さん「いや、元々は営業をしていました。その後営業の中で別の種類の営業を経験していました。そうやって働いていた時に、CAをしてみない?と声がかかって、、、という感じですかね。」


他のメンバーとミーティングをする召田さん(左)

『ともに、学生の人生を考えるお仕事。』

ーではいきなりCAだったわけでも、CAを希望して働き始めたわけでもないってことですね。

召田さん「そうそう、だからCAになるって決まった直後は大変でした。もちろん学生とコミュニケーションを取りながら進めていく仕事だからその点での能力も必要ですし、それに加えて一番大変だったのは業界について知ることですかね。」

ー業界についてですか?

召田さん「そうですね。学生にこんな企業がありますよと紹介する側の人間が、紹介する企業について何も知らないのは論外だし、他の業界についても知ったうえでしか学生1人1人に合った企業を紹介することは難しいので。」

ー確かに、何も知らない人から紹介されても何の説得力もないですしね。

召田さん「そうなんですよ。だからたくさん勉強しましたね。ただそれって自分のスキルになっていくものだから、きついけど頑張れた感じです。」

ー学生のキャリア形成のお手伝いをする仕事だからこそ、それに対する責任感っていうものも大きいですよね。召田さん自身、CAのお仕事をどのように捉えていますか?

召田さん「そうですね。もともとはCAだから、学生の就活をサポートするって言う感じで捉えていたんですよね。ただ働くようになって実際に学生とコミュニケーションをとってみて、今は学生の人生設計のお手伝いというふうに捉えています。」

ー人生設計のお手伝いですね。キャリアという言葉をどのような幅で捉えるかの話ですね。

召田さん「そうですね。自分だって新卒で入社したディグにずっといるかは分からないし、ディグがずっとあるかも分からないので。だから学生にとっても新卒で入社した会社がすべてではなくて、これから転職だってすることもあるんだから、長い目でキャリアを捉えて学生とは話しています。」

ーやはり学生と話しているうちに自分のキャリアについても考えさせられるものですか?

召田さん「いや、僕は意外とそんな感じではなくて。学生のキャリアを考えることに集中するから学生と話しながら自分に重なるっていう感じではないですね。ただ、僕自身もそれを最近考えるようになって。学生に色々と話している割には自分はどうなんだろうって思うようになって、まだまだ自分もキャリアを形成している途中なんだなと実感しているところです。」

ーなるほど。それを踏まえたうえでCAの職っていうのはどのような人が向いていると思いますか?

召田さん「うーん、ゲーム感覚で仕事をしているわけではないですがゲームで例えると、RPGが好きな人ですかね。学生とともにCAも成長して、採用試験合格を目指すって感じなので。コツコツと自分や学生をレベルアップすることができる人とか、相手を倒すための攻略を調べられる、考えられるっていうのは重要な能力かもしれません。」

ー分かりやすいですね!自分たちを成長しつつも、企業側の思いもくみながら考えられる力が必要ってことですね。難しくも、やりがいのある仕事だと思います。


学生と面談をしている召田さん

『ディグには優しくて、あったかい人が多いと思う。』

ーそれではディグについて、最後に少しお聞きしたいのですが、召田さんから見てディグってどんな会社ですか?

召田さん「そうですね。やんわりと言うと、皆それぞれの熱い思いを持って突っ走ってるって感じですかね。だから組織としてばらけてしまうところもたまにあるけど、刺激的な環境ではあると思います。」

ーなるほど。ではそんなディグに合った人物像ってどんな感じだと思いますか?

召田さん「そうですね、人に優しくて、あったかい人でしょうか。」

ー優しくてあったかい人ですか?

召田さん「そんな感じです。とにかく今のメンバーは人が良くて、それぞれの思いがあってっていう感じで個人個人がウリだからそれにあった人がいいんじゃないかなと思います。ほかの人の個性も受け入れつつ自分の個性も発揮する。これって人に優しくないと簡単にできることじゃないと思うんです。なので優しくてあったかい人がディグには多いと思うし、そういう人が向いてるのかなあ、と思います。」

ーなるほどです。ありがとうございます!いろいろとお話をお伺いできて勉強になりました!

召田さん「こちらこそありがとうございました!」


オフィスの周りを闊歩する召田さん

〇おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回はCAの召田さんに取材をしました。
ディグの業務の要でもあるCAさんはどのような思いで働いているのか少しでも伝われば嬉しいです。

CAの仕事に興味のある方はコチラの募集も見てみてください。

ディグ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう