1
/
5

【社員インタビュー Vol.1】結果にコミットすることで新卒No.1に


デジタルアイデンティティ(以下、DI)では毎年「年間MVP」「ベストマネージャー賞」「新人賞」「スタートダッシュ賞」という4つの部門で表彰会が行われます。

今回は、入社1年目に最も活躍したメンバーに与えられる「スタートダッシュ賞」を受賞した矢口彩香さんにお話を聞きました!

■プロフィール

SEO部署/P1/入社1年目/金子チーム

仕事内容:SEOコンサルティング・インバウンドプロジェクト

好きなもの:ジャスミン(アラジン)・海外旅行

出身:神奈川

■スタートダッシュ賞を取ったときどんな気持ちでしたか?

気持ちとしては、「当然」「嬉しい」「プレッシャー」の3つの気持ちが入り混じってました。

「当然」!?気になるワードですね。。。

入社当初からスタートダッシュ賞を受賞することは、将来のビジョンを達成するためのマスト事項だと考えて、はやいうちから受賞できるような行動を心掛けてました。

なので、100%確信はなかったのですが、心の中では私が取れると思っていましたし、受賞することが自分の中で当然でなければならないと考えてました笑

でもやっぱり受賞したときはとても嬉しかったです。

プレッシャーに関しては、スタートダッシュ賞を取ったことで、社内で「矢口彩香」の名前が知れ渡り、今後周りからの期待値が上がるなと感じました。

もちろん表彰されて自信も出てきたんですが、それと同じくらいプレッシャーも感じましたね。

今後はそうした周りからの期待にしっかりと応えていきたいです。


■スタートダッシュ賞を取るために頑張ったことはありますか?

スタートダッシュ賞を取るために意識した点は2つあります。

1つ目は、成果をちゃんと出すこと。

私は普段SEOコンサルティングの仕事をしているのですが、特にインパクトが大きく難しい案件に関しては、上司に意見を求めつつ、どうやったら成果が出るかをしっかりと考え抜きました。そうすることで結果も伴い、大きな成果を挙げることができました。

また、SEOコンサルティングの仕事以外に、DIのインバウンドプロジェクトも担当していて、そこでは、デジタルアイデンティティが運営するブログの質や、アップデートがあった時のブログのアップスピードを意識していました。

結果的に、ブログの訪問者も増え、DIの資料請求も増加しました。

たくさんの業務で結果を出してきたのですね!

そうですね。ただ、これはたくさんやっていることが偉いわけではなくて、

SEOが本業だから、SEOコンサルもしっかりやらないといけないし、

インバウンドも自分がやりたいといって任せてもらった仕事なので、しっかりやらないといけませんでした。

そのうえで、数字にこだわって結果を出したところが評価されたと思っています。

そして2つ目がアピールすること。

スタートダッシュ賞を受賞するためにはどうしたらいいのか考えたときに、

自分が頑張ることや成果を出すことをは当たり前で、さらにそれらを社内・外問わず認めてもらう必要がありました。

なので、例えば社内では「いいね板」という良かったことを共有するチャットグループで上司に積極的にチャットを挙げてもらっていました笑

周りのサポートもあったということですね!

DIは、そういうサポートをしてくださる人にも恵まれてるし、良いことを共有する仕組みがあるところも素敵なところだなと思います。


■そもそもなぜDIに入社を決めたのですか?

DIを選んだ理由は2つあります。

1つ目が「成長できる環境かどうか」、2つ目が「人」です。

1つ目に関しては、デジタルマーケティングという急成長している業界に身を置けること。そして、デジタルマーケティングの端から端まで経験できることに、すごく魅力を感じました。

2つ目に関しては、面接で出会った役員の方がとても素敵な人で惹かれました。

役員面接を受ける際、圧迫感のある格式高そうな方が担当するんだろうなと少し緊張していました。でも、実際にいらっしゃったのは髪色が明るく、カジュアルな服装の、綺麗なお姉さんで、面接を始めると、ロジカルに話をしていて、すごくかっこいい、わたしもこうなりたいと思いました。

おそらくあの方ですね笑

■今後のビジョンを教えてください!

私の働くに関する人生のビジョンは、時間と場所にとらわれずに働くことです。

将来的には、地元や海外といった自分が好きな場所で、好きな仕事をしたいと思っています。

そのためには、デジタルマーケティングのプロフェッショナルになって、様々な分野で多くの人から信頼される必要があると考えていて、だからこそDIではSEOも広告もDXも経験したいと思っています。

今は、SEOに注力しているけど、今後は広告やDX分野の仕事にも触れていきたいです。


最後に、これを見てくれる就活生に一言どうぞ!

就活生は会社から選ばれるだけではありません。

就活生も会社を選ぶ立場だから、自分のなりたい像やビジョンを持って、それが自分の目指す業界や会社に合っているかはしっかりと見極めたほうが良いと思います。

就活頑張ってください!


・・・

「成果」「結果」にコミットし続けた矢口さん。

インタビューを通して、彼女の妥協をせず、努力し続ける芯の強さが感じ取れました。

「目標を置き、そこに向かって努力する」

この当然のことを高いレベルでこなしているのが受賞した大きな理由であり、彼女の強さだと感じました。

私もスタートダッシュ賞の獲得を目指して頑張ります!

https://digitalidentity.co.jp/recruit/

株式会社デジタルアイデンティティでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング