1
/
5

元テレビ局員がスポーツ業界に転職して新規事業を立ち上げた話を聞いてみた! #2

dawnの そねです😊

『元テレビ局員がスポーツ業界に転職して新規事業を立ち上げた話を聞いてみた!』

話が盛り上がりすぎたため、後編に突入💡❗️

わたなべと同い年(平成4年生まれ)のそねがインタビューしてみました😊!

サッカーで言えば『プラチナ世代』の2人の会話に注目👀❗️

#1はこちら💁‍♀️

インタビューの様子🗣

【新規事業 発足のきっかけ】

そね(以下:そ)「SNSヘビーユーザーから言わせてもらうと、アスリートならではのSNSのもっといい活用について思うことたくさんある〜💡」

わたなべ(以下:わ)「うん。YouTubeヘビーユーザーもそう思ってる💡

アスリートならではSNSの活用法については、自分の軸、世の中になにを発信したいか企画など

アスリートの貴重な経験談とかもっと伝えることができる場所にできたらいいなって思うのと、

とりあえず自分もSNS・YouTube始めようと行動に出たアスリートに

SNSの活用法を理解してより上手く活用できるように学ぶ場も提供したいなって思い始めた!

SNSってネガティブな印象も多いけど、正しい活用を理解してしたら運用していけば

社会、世の中にすごい価値を提供できると思うんだよね〜!」

そ:「最近は、SNSがトレンドを作ってるからね〜 テレビとかもSNSの話題を取り上げたりね👀」

わ:「あとは、コロナ禍で大会や試合が中止になっていてそういった状況の中で

アスリート(個人)としてどのように輝くのか。って考えたときに

アスリートが輝く場所が奪われてしまって個人として競技以外の輝くものをもっていたら

大会や試合だけじゃない魅力を世の中に届けられるんじゃないか。って思って」

そ:「そうだね〜💡 最初になべちゃんが言っていたけど、

今って誰でもなんでも発信できる時代だからこそ、試合や大会がない状況の中でできることをやっていったら価値提供できるよね👀」

わ:「うん。そう思ってる💡 あと、ニューアスリートプロジェクトを

リリースするときに個人のnoteに詳しく経緯まとめたからそれも見て欲しいな〜👀」

そ:「宣伝ですね〜😂笑 なべちゃんのnoteはこちら💁‍♀️」


【課題に感じてること】

そ:「現在進行形で、ニューアスリートプロジェクトを進めているけど課題に感じていることとかある?」

わ:「あるね〜笑

dscに戻ってきてまだ1年ちょっとしか経ってない自分がプロジェクトのメインメンバーとして

ゼロから新規事業を作るって今までにない経験だから、色々と右往左往しつつ

どの方法がベストなのかをチームのMTGを重ねて決めてるって感じで悩むこと、迷うことは多いね〜💡」

そ:「毎週のMTGまさに今、プロジェクト立ち上げしてる❗️って感じのMTGだよね」

わ:「MTG重ねて、色々変わってるもんね😊笑」

そ:「作っていっている段階も楽しめてるよね😁

今のメンバーで、新規事業ゼロから立ち上げ経験あるの一樹さんだけだから、

MTG中も『この感じ新規事業立ち上げているって感じ〜❗️』ってすごい楽しそうに言うもんね✨笑」

わ:「すごい楽しそうに言うよね😂笑」

【ニューアスリートプロジェクトの今後について】

そ:「最後に、ニューアスリートプロジェクトの今後について教えてください!」

わ:「今後はニューアスリートプロジェクトとして選手個人のサポートを行い、

ニューアスリートアカデミーを開講して、オンデマンドなど活用し競技と両立しながら学べる機会を

提供できるように進めています!具体的には、

プロのアスリートであれば、SNSのテクニックだったりを伝えて、

現役中から「発信」を通じて「」を高めていくことで

キャリアの可能性を広げていくサポートができればと思っているし、

大学生だったら、プロを目指す人も、競技を引退してビジネスの世界に出ていく人も、

どちらの立場の人にとっても意味のあるコンテンツを目指して作成中です!

各SNSの特性を伝えて、自分に合うものはどれなのかと考えてもらったりYouTubeを使うなら、

どんな企画・構成がいいのか、その考え方だったり、セカンドキャリアを考える時に役立つように、

自分らしさとは何かという自己分析や、自分の意見をしっかり伝えるための言語化の方法など・・・

色々と進行中です❗️」

そ:「最近、アカデミーコンテンツの撮影とかたくさんしているもんね👀」

わ:「そう❗️今後のリリースを楽しみにしていてください😊」

そ:「楽しみにしています〜!!」

アカデミーコンテンツ撮影の様子🎥

ニューアスリートプロジェクトのメンバー⏬

おまけ-dscの愉快なメンバーについて-

そ:「最後にってまとめたんだけど、wantedlyやこの記事見てくれてる方で、dscに興味もってくれて

話を聞きたいボタン押してくれる人が増えるようにdscってこんな会社です❗️っていう

少しぶっちゃけトーク入れたいんだけど。。。笑

もう少し時間ください😊」

わ:「理由、ストレートすぎない?w」

そ:「そのぐらい風通しがいいよ✨って伝えたい😂笑」

わ:「そうだね。笑 

あとは、本当に自由になんでもチャレンジできる環境ってすごい恵まれているな〜って思う。」

そ:「確かにね❗️なべちゃん転職してきて1年ちょっとしか経ってないもんね〜」

わ:「そう! あとは、社内全体でも言えるけど本当、個性豊かなメンバー多いよね😊笑」

そ:「そうだね〜笑 同じ色はない🌈笑」

わ:「今回もそうだけど、新規事業や新しいこと始めようとするときに

社内でチームを作りやすいってすごいいいことだなって実感した💡

そ:「というと???」

わ:「ニューアスリートプロジェクトを発足させるにあたって社内でどのメンバーが適任か、

どの要素が必要かって考えたときに.....👀

・アスリートへのSNS講習などたくさん経験している 一樹さん

→スポーツ大好き、新規事業立ち上げの経験もある。

・Jリーグのクラブユース出身でサッカー経験ある タイチくん

YouTuberとして動画撮影したり、編集したり実績・実力ある。

・インターンからdscに入ってSNSの知識、運用経験のあるそね

→本当はスポーツより、エンタメとかトレンド好きでライト層視点からスポーツを見れる。

・現在、CSParkでYouTubeや企画・動画編集を担当しているなべ

→元テレビ局員での取材・撮影編集経験が豊富。

このメンバーのそれぞれの得意分野を活かしつつ

アスリートのサポートをしていきたいな〜と思って召集した!笑」

そ:「召集された🙋‍♀️笑 ほんとニューアスリートプロジェクトのメンバー4人個性バラバラだよね😊

すごく盛った表現だとdscのアベンジャーズだよね⭐️」

わ:「うん。すごーーーーく盛るとね笑」

そ:「dscアベンジャーズ、もっと新しい仲間増やしていきたいよね!

専門知識がなくても自分のこの能力活かしたいって思う人に応募して欲しいよね❗️

わ:「ニューアスリートプロジェクトだけじゃなく、

少しでもdscの事業に興味をもった方いたら話を聞きたいボタンお願いします😊」

そ:「ストレートにありがとう😂笑 

ぜひよろしくお願いします❗️

なべちゃんもインタビューありがとう😁

プラチナ世代で、ニューアスリートプロジェクトを盛り上げていきましよう💪」

わ:「盛り上げましょ💪💪💪」

現在、大学スポーツチャンネルでは

一緒にスポーツ業界を盛り上げるクリエイターを募集しています❗️

詳細はこちら💁‍♀️

映像クリエイター
新時代のアスリートをサポートする映像クリエイターを探しています❗️
弊社は、今期13期目となるスポーツベンチャーです。 『スポーツで日本の未来をつくる』というビジョンのもと、大学スポーツ総合企業として、実力と人気に乖離がある大学スポーツの繁栄を目指し、アスリート・大学・企業・ファンの課題解決や環境向上に向き合っています。 大学スポーツを軸に、若者にウケる映像/WEB制作能力を強みにミレニアル世代へのスポーツマーケティングを行うデジタルコンテンツ事業やキャリアサポート事業など、様々な事業を展開し、ソリューションを提供しています。 ▽デジタルコンテンツ事業部 日本スポーツ界におけるマーケティング上の共通課題とも言えるミレニアル世代に対してのアプローチを、SNSを中心に、リサーチ・戦略立案から撮影・編集を含むコンテンツの制作までワンストップで実現しています。 ▼キャリアサポート事業 大学のキャリアセンターやスポーツ振興関連の部署と公式連携を取りながら、キャリア支援や教育支援を実施しています。 大学スポーツから新たなスポーツビジネスを創り、今後のスポーツ界におけるリーディングカンパニーになるべく挑戦しています。
株式会社大学スポーツチャンネル


映像ディレクター
心動かすスポーツ映像を作るディレクター探しています!バスケが多めです🏀!
弊社は、今期13期目となるスポーツベンチャーです。 『スポーツで日本の未来をつくる』というビジョンのもと、大学スポーツ総合企業として、実力と人気に乖離がある大学スポーツの繁栄を目指し、アスリート・大学・企業・ファンの課題解決や環境向上に向き合っています。 大学スポーツを軸に、若者にウケる映像/WEB制作能力を強みにミレニアル世代へのスポーツマーケティングを行うデジタルコンテンツ事業やキャリアサポート事業など、様々な事業を展開し、ソリューションを提供しています。 ▽デジタルコンテンツ事業部 日本スポーツ界におけるマーケティング上の共通課題とも言えるミレニアル世代に対してのアプローチを、SNSを中心に、リサーチ・戦略立案から撮影・編集を含むコンテンツの制作までワンストップで実現しています。 ▼キャリアサポート事業 大学のキャリアセンターやスポーツ振興関連の部署と公式連携を取りながら、キャリア支援や教育支援を実施しています。 大学スポーツから新たなスポーツビジネスを創り、今後のスポーツ界におけるリーディングカンパニーになるべく挑戦しています。
株式会社大学スポーツチャンネル



株式会社大学スポーツチャンネルでは一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう