1
/
5

元テレビ局員がスポーツ業界に転職して新規事業を立ち上げた話を聞いてみた! #1

dawnの そねです😊

今回は、元テレビ局員だった わたなべが、スポーツ業界に転職して

新規事業(ニューアスリートプロジェクト)を立ち上げた話をお届けします💡

わたなべと同い年(平成4年生まれ)のそねがインタビューしてみました😊!

サッカーで言えば『プラチナ世代』の2人の会話に注目してください😂笑

インタビューの様子🗣

【自己紹介】

そね(以下:そ)「なべちゃん!まずは自己紹介をお願いします😊」

わたなべ(以下:わ)「はい! 1992年生まれの福島県出身。早稲田大学文化構想学部卒業。dscで学生インターンを経験後、地元である福島県のテレビ局で勤務したのち、2019年に再びdscに戻ってきました。」

そ:「なべちゃんが、インターンしていたのは知ってたけど、

いつインターンしてたの?インターンを見つけたきっかけは?」

わ:「元々、スポーツに関係する仕事に興味があって、何かできないかな〜

スポーツに関わるならなんでもいいな〜と思っていて

神宮球場でチケットもぎりの仕事をしてたけど、

もっとスポーツビジネスのことを勉強しようと感じていた時に

スポジョブでdscのインターンを見つけた!」

そ:「売り子さんじゃないんだね😂笑」

わ:「さすがに違う!w ゴミ回収は、走って回収してないと怒られた思い出、、笑

インターン開始したのは、大学3年生の時!」

そ:「え、就活真っ最中の時?」

わ:「そう!就活と並行してインターンをしていた!」

そ:「それは、すごいね〜」

わ:「当時、面接してくれたのが なかしーさん だった!

後で知ったけど、一つ上の先輩に面接されたんだってなった笑」

そ:「今となっては、面白い面接だね😂笑

なかしーさんも学生時代からdscでインターンしてたから先に在籍してた先輩ってことか💡」

わ:「そう!笑」

そ:「インターンは、どんなことしていたの?」

わ:「インターンでは、大学スポーツの取材や記事執筆、撮影・動画編集とか色々な経験をさせてもらった!そのころは、バスケだけじゃなく多くの競技を扱っていたから、オールジャンルって感じだった!

千駄ヶ谷にオフィスあった時の話で、すごい狭い空間に男4人とかで作業してて、あれはあれで面白かった笑」

そ:「私は、行ったことないけど、創業メンバーとかがよく話してる

伝説の千駄ヶ谷オフィス時代の話ね😂笑」

【これまで経験してきたこと】

そ:「さっきも言っていたけど、インターンしながら就活してたんだよね?」

わ:「そう!インターンと並行してたから、エントリーシート書きながら映像編集とかしていた😂笑」

そ:「おおお、かなり並行してる笑」

わ:「軸はスポーツ系で就活していて、色々受けている中で

地元・福島のテレビ局から内定をもらって就職した!」

そ:「で、その福島のテレビ局では、スポーツ番組とか担当していたって事?」

わ:「いや、それが違くて、報道記者・ディレクターとして勤務していた。」

そ:「あ、そうだったんだ!」

わ:「事件、事故があったら駆けつけて取材!って感じだった。」

そ:「報道の最前線だね👀」

わ:「そう。いつでも取材に行けるように準備していたり、緊張感のあった仕事だったけど、楽しかった!」

そ:「福島で働いている間は、dscメンバーと交流あったの?」

わ:「福島に旅行来てくれて、ご飯食べに行ったり温泉紹介したりしていた!」

そ:「仲良いね〜」

わ:「その中で最近のdscの話とか聞いていて、自分たちで企画や事業を作ったりdscは相変わらず楽しそうだった。笑

そこで、自分の将来考えた時にやっぱりスポーツに関わった仕事したいな〜って気持ちが大きくなって、転職しようってなった。」

そ:「なべちゃんが転職したタイミングってちょうど、CSParkがリブランディングしよう!ってなった時でもあるもんね〜」

わ:「そう。タイミングがたまたま重なったって感じだったけどね!

テレビ局の仕事は、4年間勤めてきて後悔はなかったし、報道の現場で得たことをdscで活かせたらと思ってね!」

そ:「なべちゃん、CSParkで取材も映像編集もしていて、かなり活きてると思うよ🙆‍♀️

去年、別の案件で私も取材同行した時に撮影とインタビュー並行してやってる姿みて

福島で4年間やっていたという実力感じた👏笑」

わ:「笑」


CSParkについてはこちら💁‍♀️


【新規事業 発足のきっかけ】

そ:「さあ、本題!転職2年目のなべちゃんが新規事業【ニューアスリート プロジェクト】を立ち上げたきっかけを教えてください。」

わ:「まず、社会人6年目、転職2年目とかで新規事業を立ち上げることができる環境が

ベンチャーって楽しいな😊って笑」

そ:「確かにね笑」

わ:「新規事業 ニューアスリートプロジェクトをやろうと思ったきっかけは、

今って誰でもなんでも発信できて、その発信がいい意味でも悪い意味でも

本当に多くの人の心に影響を与えたり、行動を左右する環境になっていて。

その中で、アスリートの経験や言葉ってすごく価値があるもので、

スポーツ界だけでなく、社会全体、色々な世代や立場の人に響くものだと思う。

だけど、「スポーツ選手はスポーツをしてればいい」っていう

固定観念がまだまだ根強い中で、アスリートが自ら発信して、社会と関わっていくことの価値が、

うまく伝わっていないと感じていて。

そういった現状を変えるためにアスリートをサポートしていきたいと思って構想を練り始めて、

一樹さんと話していくうちに形になっていった。

そ:「確かに!アスリートの方達って一般人にはわからない

すごい世界で戦っているから経験や言葉ってすごい価値あるよね〜。

アスリートならではのSNSのもっといい活用の仕方があるはずだよね〜💡」

わ:「うん。もっともっと可能性あると思ってる💡」

話が盛り上がりすぎたので、#1は、ここまで❗️

次回、「元テレビ局員がスポーツ業界に転職して新規事業を立ち上げた話を聞いてみた! #2」では

新規事業ニューアスリートプロジェクトについて

熱くトークを繰り広げています🔥

次回の更新をお楽しみに😁

現在、大学スポーツチャンネルでは

一緒にスポーツ業界を盛り上げるクリエイターを募集しています❗️

詳細はこちら💁‍♀️

映像クリエイター
新時代のアスリートをサポートする映像クリエイターを探しています❗️
弊社は、今期13期目となるスポーツベンチャーです。 『スポーツで日本の未来をつくる』というビジョンのもと、大学スポーツ総合企業として、実力と人気に乖離がある大学スポーツの繁栄を目指し、アスリート・大学・企業・ファンの課題解決や環境向上に向き合っています。 大学スポーツを軸に、若者にウケる映像/WEB制作能力を強みにミレニアル世代へのスポーツマーケティングを行うデジタルコンテンツ事業やキャリアサポート事業など、様々な事業を展開し、ソリューションを提供しています。 ▽デジタルコンテンツ事業部 日本スポーツ界におけるマーケティング上の共通課題とも言えるミレニアル世代に対してのアプローチを、SNSを中心に、リサーチ・戦略立案から撮影・編集を含むコンテンツの制作までワンストップで実現しています。 ▼キャリアサポート事業 大学のキャリアセンターやスポーツ振興関連の部署と公式連携を取りながら、キャリア支援や教育支援を実施しています。 大学スポーツから新たなスポーツビジネスを創り、今後のスポーツ界におけるリーディングカンパニーになるべく挑戦しています。
株式会社大学スポーツチャンネル


映像ディレクター
心動かすスポーツ映像を作るディレクター探しています!バスケが多めです🏀!
弊社は、今期13期目となるスポーツベンチャーです。 『スポーツで日本の未来をつくる』というビジョンのもと、大学スポーツ総合企業として、実力と人気に乖離がある大学スポーツの繁栄を目指し、アスリート・大学・企業・ファンの課題解決や環境向上に向き合っています。 大学スポーツを軸に、若者にウケる映像/WEB制作能力を強みにミレニアル世代へのスポーツマーケティングを行うデジタルコンテンツ事業やキャリアサポート事業など、様々な事業を展開し、ソリューションを提供しています。 ▽デジタルコンテンツ事業部 日本スポーツ界におけるマーケティング上の共通課題とも言えるミレニアル世代に対してのアプローチを、SNSを中心に、リサーチ・戦略立案から撮影・編集を含むコンテンツの制作までワンストップで実現しています。 ▼キャリアサポート事業 大学のキャリアセンターやスポーツ振興関連の部署と公式連携を取りながら、キャリア支援や教育支援を実施しています。 大学スポーツから新たなスポーツビジネスを創り、今後のスポーツ界におけるリーディングカンパニーになるべく挑戦しています。
株式会社大学スポーツチャンネル
株式会社大学スポーツチャンネルでは一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう