1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

学生のみんなに知ってほしい!サイボウズのシステムコンサルティング本部とは??


皆さんこんにちは!
2017年新卒入社、システムコンサルティング本部 Solution Engineering 部 SI-Group の矢野です。
こちらの記事では就職活動中の学生の皆様に向けて、私が所属しているシステムコンサルティング本部(以下 SC本部)がどのような部署なのか、どんな人がいるのかをご紹介いたします。
サイボウズに興味を持っていただいている方、エントリー頂いている方はぜひ最後までお付き合いください!

SC本部 is 何?

冒頭で私の所属部署とチームを記載いたしましたが、皆様こう思ったはずです。

長っ。。。というか途中から英語入っててわかりにくい!

おっしゃるとおり!
社内でもなかなか正確に覚えている人はおらず、「誰々さんのチーム」みたいな覚え方をされていることが大半。
かく言う私も記載する際は自分の名刺を確認しながら書いています。笑

突然ですがここで質問です。
「システムコンサルティング本部」という名前を聞いて皆様がイメージする仕事風景はどれですか???


左上と答えた方、正解!
では残りは、、、いずれもやはりSC本部です。

SC本部には大きく4つのチーム(部)が存在します!
先程の写真はそれぞれ 4 つのチームの仕事風景です!
ざっくり各チームの概要を説明します。
※カッコ内は採用サイト等で利用している社外向けの職種名です。

左上: Solution Engineering 部 (システムコンサルタント、ソリューションエンジニア)
 世間一般で言われるいわゆる「SE」に最も近いチーム。SC でスーツを着ている人はだいたいここ。
 写真はグループリーダーの仕事風景

右上: Technical Engineering 部 (テクニカルスペシャリスト)
 バックサポートをするチーム。サーバー、ネットワーク、データベースなど 最も知識の範囲が広い。
 写真はチームの朝会

左下: System Development 部
 製品に関わる周辺ツール等を開発するチーム。SC で最もコーディングが得意。
 写真はツール開発中の風景

右下: Developer Leading 部 (テクニカルエバンジェリスト、テクニカルコミュニケーター)
 技術マーケティングとして技術イベントやサイトを運営するチーム。SC で最も華やかそう。
 写真は技術者向けイベントで講師をしている私の同期

※あくまで筆者の印象と仕事風景の一部です。

各チームの詳細について、最下部にそれぞれのチームについての記事等をまとめていますので、そちらをご確認ください!

ちなみになぜチーム名が英語なのか?という点ですが、一応理由があります。
組織図を見ていただくとわかりやすいのですが、SC本部ではUS、上海、越南と各国に拠点SC部があり、グローバルに仕事をしています。そのため、共通言語としての英語をチーム名に採用しています!

データで見る新卒 SCメンバー

ひとくくりに SC本部と言っても、様々なチームや仕事があることをご理解いただけたかと思います。
では実際にどんな人が働いているのか?
今回は 2016年から 2019年の間に皆様と同じように新卒で入社し、活躍しているメンバー11人にアンケートを取ってみました!もちろんアンケートは自社製品の kintone で作ってます!

では早速結果を見てみましょう!
まずは説明会等で最も聞かれる質問です。

Q1. 学生時代の学部は理系ですか? 文系ですか?

理系が6人、文系が5人と半分ずつという結果でした!
学部についても理工学部、工学部、法学部、経済学部、、、と多様なメンバーがおり、学生時代の学部は直接関係なさそう。これだけ多様な学部から入ってきているのはおそらくSC本部だけ!
ちなみに私は心理学部でした。笑


学部がバラバラとはいえ、 ITに詳しかった人が多いのでは?

と疑問がある方もおられるかと思います!ということで次の質問。

Q2. サイボウズエントリー時の IT知識について

Q2-1. プログラミング知識 / 経験を 5 段階の中から選択してください

Level1. 知識はほぼゼロ
Level2. 概念はわかる (if文、for文と聞いてなんとなく想像ができる)
Level3. 参考書やオンラインサイトで特定の言語について学習をしたことがある
Level4. 実際に動くものを作ったことがある (参考書やサイトの写経を除く)
Level5. それ以上 (お小遣い稼ぎできるレベル以上)

多くのメンバーがプログラミングに興味はあって少し概念を勉強してみたり、触ってみたことがあるレベルということですね!
今は月額1,000円ほどで手軽にプログラミングを勉強できるサービスもあるので、そういったサービスで勉強するメンバーが多いようです。

Q2-2. その他 IT知識 / 経験を5段階の中から選択してください

Level1. 知識はほぼゼロ
Level2. 簡単な単語なら意味がわかる(OS, メモリ)
Level3. 日常生活のITトラブルなら Google があれば解決 / 切り分けができる
Level4. ハードウェア、ネットワーク、データベース、セキュリティなど一通りの知識がある
    (それぞれの分野で単語レベルでついていけるレベル)
Level5. それ以上(配属後の研修の内容を自分が講師できるレベル)

なんとなーく知識がある人が 3 分の 2 くらい。ほぼ知識ゼロと回答した人も 3 分の 1 くらいいました!
実際に仕事を始めてみても、「知識の量」より、如何に必要な情報を早く集めるか?が重要になるケースが多いです。学生の時点で知識はなくとも、このページにたどり着けるレベルのググり力があれば大丈夫!知識は研修や実務を進めていく上でおのずと身につきます。

Q2 への回答から、学生時代からバリバリITを得意としていた人は少ないという結果になりました。
一方で少し自分でプログラミングを勉強してみたり、なんとなく技術に興味がある人は多そうですね。
SC本部では入社後に一通りの技術研修、プログラミング研修があるため、学生時代のITスキルは不問です!ひとつ学生の皆様に気にしてもらいたいのは「技術に興味があるか?」という部分です。この部分については 私達の部署で仕事をしていく中で避けては通れない点になるので、「SC本部でやっていけそうか?」の一つの判断基準にしていただければと思います!


最後は入社後SCでいろいろな経験をしてきたことを踏まえての質問です!

Q3. 現在、SC 本部以外で仕事するとすれば、どこの本部で働いてみたいですか


THE 多様性!
回答に大きな傾向は見られず、学んだ技術を深堀りしたいという人もいれば、技術を使ってよりお客様に近い場所で働きたいという人、はたまた全く技術とは違う部署で働いてみたい人など、それぞれが自分の方向性を見つけていっているようです!
サイボウズでは配属後もそれぞれの希望により、他の部署にお試しで入部できる体験入部制度や、他部署への異動も柔軟に行えます。SC本部で力をつけて他の部署へ移動する先輩もいたり、逆に私の同期ではマーケティングの部署から SC本部へ体験入部、そのまま SC本部へ異動した人もいます。

先輩社員からのメッセージ

アンケートの最後に学生の皆様へのメッセージをお願いしました!
一部抜粋となりますが紹介します!

「今は ITスキルが無くても、ITへの興味とやる気があれば、システムコンサルティング本部には、背中を押してくれる環境が整っていると思います。是非一緒に働きましょう!」(4 年目 Technical Engineering 部)
「ビジネス面・技術面双方を経験したいという方には好都合なのでおすすめです!笑」(3 年目 Solution Engineering 部)
「SC本部は経験、未経験問わず様々な方が技術者として働いています。未経験でも技術スキルを身に付けられるための研修も、SC本部では豊富に用意しているので、もし少しでも技術に興味があればぜひ!!一緒に働きましょう!!」(2 年目 System Development 部)
「SC Department consists of members with diverse backgrounds so all are welcome! We share the goal to better the world with technology and teamwork and as we go global, the sky's the limit!」(2 年目 Developer Leading 部)

私自身、学生時代は ITとは全く違うことをしていましたが、技術や製品への興味からSC本部を志望、配属され現在に至っています。
現場で困っているお客様、案件を提案する営業やパートナー企業の方々、プロダクトを作り上げる開発メンバーなど、様々な人の思いを把握した上で、適切な知識やコミュニケーションで課題を解決していく。そのためには技術面だけでなくビジネス面の知識やコミュニケーションスキルなど、学ぶべきことは数多くあります。4年目の私も業務の中で力不足を感じることはまだまだたくさんありますが、都度新しい知識を身に着け、新しい経験ができる現在の役割はとてもやりがいがあります。
お客様の課題解決に興味がある方。また、ITという技術にも興味がある方へは自身を持って SC本部をおすすめします!

システムコンサルティング本部では新卒メンバーの募集を行っております!
興味を持っていただけた方は各種採用イベントへのご参加や、他のチームメンバーの執筆記事をご覧いただければ幸いです!

▼本部長紹介

▼Solution Engineering 部 (システムコンサルタント、ソリューションエンジニア) 紹介

システムコンサルタント
技術課題を一手に解決!多様な働き方ができるシステムコンサルタント
サイボウズはチームワークを生み出す情報共有ツール「グループウェア」のメーカーです。製品の企画・開発から販売、運用・サポートまで自社で一貫してサービスを提供しています。 私たちはインフラからアプリケーションまで自社で開発・提供できる高い技術力によって、これからも「チームワーク」に最適なコラボレーションサービスを生み出していきます。 ◎グループウェアとは? チーム内の情報を共有することでコミュニケーションを活性化し、共有業務の効率化を支援するコラボレーションサービスです。スケジュール管理、ファイル共有、電子会議などの機能があり、今まではホワイトボートや印刷物もしくは電子メールのやり取りのみで行っていた情報の伝達や交換が、グループウェアで効率的かつ効果的に実現できます。
サイボウズ株式会社
ソリューションエンジニア
パートナーの課題を解決!技術的な施策の企画も出来るソリューションエンジニア
サイボウズはチームワークを生み出す情報共有ツール「グループウェア」のメーカーです。製品の企画・開発から販売、運用・サポートまで自社で一貫してサービスを提供しています。 私たちはインフラからアプリケーションまで自社で開発・提供できる高い技術力によって、これからも「チームワーク」に最適なコラボレーションサービスを生み出していきます。 ◎グループウェアとは? チーム内の情報を共有することでコミュニケーションを活性化し、共有業務の効率化を支援するコラボレーションサービスです。スケジュール管理、ファイル共有、電子会議などの機能があり、今まではホワイトボートや印刷物もしくは電子メールのやり取りのみで行っていた情報の伝達や交換が、グループウェアで効率的かつ効果的に実現できます。
サイボウズ株式会社

▼Technical Engineering 部 (テクニカルスペシャリスト) 紹介

テクニカルスペシャリスト
技術課題を一手に解決!多様な働き方をしてみたいSE歓迎!
サイボウズはチームワークを生み出す情報共有ツール「グループウェア」のメーカーです。製品の企画・開発から販売、運用・サポートまで自社で一貫してサービスを提供しています。 私たちはインフラからアプリケーションまで自社で開発・提供できる高い技術力によって、これからも「チームワーク」に最適なコラボレーションサービスを生み出していきます。 ◎グループウェアとは? チーム内の情報を共有することでコミュニケーションを活性化し、共有業務の効率化を支援するコラボレーションサービスです。スケジュール管理、ファイル共有、電子会議などの機能があり、今まではホワイトボートや印刷物もしくは電子メールのやり取りのみで行っていた情報の伝達や交換が、グループウェアで効率的かつ効果的に実現できます。
サイボウズ株式会社

▼Developer Leading 部紹介(テクニカルエバンジェリスト、テクニカルコミュニケーター) 紹介

テクニカルコミュニケーター
文章もコードも美しく。最新の技術情報を発信するテクニカルコミュニケーター
サイボウズはチームワークを生み出す情報共有ツール「グループウェア」のメーカーです。製品の企画・開発から販売、運用・サポートまで自社で一貫してサービスを提供しています。 私たちはインフラからアプリケーションまで自社で開発・提供できる高い技術力によって、これからも「チームワーク」に最適なコラボレーションサービスを生み出していきます。 ◎グループウェアとは? チーム内の情報を共有することでコミュニケーションを活性化し、共有業務の効率化を支援するコラボレーションサービスです。スケジュール管理、ファイル共有、電子会議などの機能があり、今まではホワイトボートや印刷物もしくは電子メールのやり取りのみで行っていた情報の伝達や交換が、グループウェアで効率的かつ効果的に実現できます。
サイボウズ株式会社
サイボウズ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう