1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【CTO坂東&COO北島インタビュー】MaaSの牙城は、徳島にあり。廃業寸前のタクシー会社は今、業界の風雲児へ(Forbes Career)

グローバル経済メディアForbes Japan(フォーブズジャパン)から派生したForbes Careerに弊社CTO坂東・COO北島のインタビューが掲載されました。2人が電脳交通に参画した背景、地域交通の現状、高齢化や免許返納など、様々な視点から取材頂きました。

記事より一部転載いたしますのでぜひお読み下さい

ーーー

ターミナル駅で辛抱強く客を待つ、無数のタクシー。街で走る姿を見かけても、後部座席に乗客の姿はない。事業縮小、廃業、解雇......新型コロナウイルスは全国のタクシー事業者をも窮地に陥れた。

こうした光景を見るにつけ、「遠くない未来、この業界は厳しいかもしれない」と感じたのは、おそらく筆者だけではないだろう。

だが、徳島発のスタートアップ企業・電脳交通の存在を知れば、そのイメージはきっと一変する。

創業者であり、“メジャーリーガーを夢見た”近藤洋祐の経歴をざっと紹介する。アメリカで夢に破れたあと、祖父が徳島で経営していた吉野川タクシーに入社し、2012年に同社の代表取締役に就任。その傍ら、「タクシー業界、事業者に長年はびこる課題の数々を、テクノロジーの力で解決すべく、DXを浸透させたい」と考えるようになった。

こうして2015年に吉野川タクシーとは別で起業したのが、現在「クラウド型配車システム」や「コールセンター代行サービス」を全国のタクシー事業者に向け展開する電脳交通だ。

2020年10月には、三菱商事、JR東日本スタートアップ、第一交通産業グループ、エムケイなどを引受先とした総額5億円の資金調達を実施。名だたる企業から事業の成長性、将来性にお墨付きをもらった格好だが、これは当然、近藤だけの力でつかみ取ったものではない。

今回は、会社の屋台骨を築き上げた二人のボードメンバーについてご紹介したい。

徳島から、“地域活性”という夢を見続けたCTO

創業ストーリーを語る上で欠かせない人物がいる。CTO・坂東勇気である。もし近藤が、自らの事業構想を彼に話さなければ、今、電脳交通は存在していなかった。

(ここから先は以下記事でお読み下さい)
https://forbesjapan-career.com/story/207

株式会社電脳交通では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング