1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

徳島発!家具・家電付きで月々19,800円から。住まいと移動をセットにした移住者のための住居「電脳Fit住宅」募集開始

タクシーのDXを推進する株式会社電脳交通(本社:徳島県徳島市 代表取締役社長:近藤洋祐、以下「電脳交通社」)と、クリーンエネルギー・スマートホーム事業を展開する株式会社フィット(本店:徳島県徳島市 代表取締役:鈴江崇文、以下「当社」)は、移住最大のハードルである「住まい」と「移動」をセットにした移住者のための「電脳Fit住宅」をリリースしました。家具・家電・WiFi環境・移動費込みで、月々19,800円(税込)から部屋を提供いたします。

電脳交通は、地方自治体や交通事業者と、地域の移動の課題解決のための実証実験を進めており、本取り組みもその一環として、フィット社様と共に地域の生活者が必要とする移動サービスの構築を推進します。
(以下、フィット社のプレスリリースと同内容)


移住者の4割が不安な「移動」に「住まい」をセットで解決

新しい生活様式により、リモートワークが当たり前になりつつある中で、都会の喧騒を離れ、快適な地方で暮らしたいと思う方が増えています。しかし、実際に地方に移り住むハードルは高く、かといって都会との二拠点生活となると毎月の「家賃」負担、慣れない地方での「移動手段」などの問題が立ちはだかります。
特に、移動においては、地方では車が一般的で、「家賃」以外にマイカー購入費・維持費など、移住者への負担が大きくのしかかります。実際、移住を考えている方の4割がバス・電車など日常の移動手段が不十分だと感じています。(※1)
そこで、電脳交通とフィット社が協力し、住まいと移動をセットにした移住者のための住居「電脳Fit住宅」を企画しました。


家具・家電付き月々19,800円(税込)から!カバン一つでローカルライフが始められる

「電脳Fit住宅」は、移住者の経済的・物理的・心理的なハードルを限りなくゼロにすることを目標にした、新しい移住の形です。

① 経済的ハードル【高い住居費】⇒ 月々19,800円(税込)からすぐに住める!
家具・家電・WiFi付きですぐに住め、シングルタイプは月々19,800円(税込)~、ファミリータイプは月々29,800円(税込)~と、月の半分は徳島でという二拠点生活も、負担にならない家賃設定です。(※2)しかも、立地は便利な徳島市内(田宮、津田、昭和町エリア等)の物件、コーディネート済みのお洒落で快適な住空間を提案いたします。
※2. 敷金礼金0円、共益費込み、駐車場無し、入居者様には別途保険のみ入っていただく必要がございます。詳しくはお問合せください。

② 物理的ハードル【移動手段がない】⇒ マイカー不要!タクシー移動のサブスク
田舎暮らしに必須だった車が不要です。上記金額には、徳島での日常生活で必要であろう範囲のタクシー移動費(※3)も含まれており、電話一本で電脳交通がタクシーを配車いたします。
※3. 移動可能範囲の目安
・JR徳島駅前×月2回(1往復)・徳島市役所×月2回(1往復)・徳島県庁×月2回(1往復)
・秋田町(徳島最大の繁華街)周辺×月2回(1往復)・徳島阿波おどり空港×月2回(1往復)

③ 心理的ハードル【土地勘がなく不慣れ】⇒ 〝地元のプロ〟タクシードライバーの安心感
徳島に精通したタクシー運転手が対応するので、都市部での不特定多数と接触する移動手段より、地元ドライバーによるタクシーでの移動手段の方が安全性を確保でき、安心感も得られます。

【第一弾 募集概要】
〇募集期間:入居者募集:2020年10月19日(月)~2020年12月31日(木)
      入居者選考:2021年2月1日(月)~
      入居開始 :2021年3月1日(月)~
〇対象:主に首都圏及び関西圏在住の20代~50代の男女
〇条件:徳島での暮らしぶりを全国にSNS等で発信していただ方だける方。
    SNSで2週間に1回以上の「徳島LIFE」の発信および、2カ月に1回のレポート作成のご協力
    (レポート用のヒアリングは当方で行います)をお願いいたします。
※ご提供できる物件数には限りがございますので、事前に選考・入居審査を行います。あらかじめご了承ください。

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

徳島市コロナ危機突破プロジェクト2020採択事業

今回の取り組みは、住居と移動をセットにした徳島発の移住促進事業です。徳島市への移住者または、半移住による“関係人口”(※4)が増えることにより、地域経済にとっては人や物の流れが地域に回帰する契機になり得ます。徳島は、近場でサーフィンや釣りなどのアクティビティが手軽に楽しめ、海産物や農産物の生産も豊富な自然豊かな環境です。なにより、徳島の魅力を実際に住むことで感じていただきたいと考えています。
実際に住んで徳島が気に入り、移住するとなった場合、月々の住宅ローン支払いが実質1万円台から持てるマイホーム支援サービスも提供予定です。
今回の事業は、徳島市コロナ危機突破プロジェクト2020に採択されており、移住者の負担にならないフィット社の「住」の強みを生かした家賃設定と、電脳交通の「移動」の強いサポートにより実現しました。「アフターコロナは、リーズナブルに、気軽に徳島で暮らそう!働こう!家族と過ごそう!」をキャッチフレーズに、新しいローカルライフを提案し、徳島への移住者促進を目指します。

※4. 関係人口:移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域と多様に関わる人々を指す言葉です。

株式会社電脳交通では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう