1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

キュルキュルでワークライフバランスと仕事のやりがいの両立を実現!【社員インタビュー】

こんにちは!キュルキュル HR&カルチャーの多鹿です。
社員インタビューシリーズをはじめていきます。
今回は、入社してもうすぐ1年になる、社内の業務改善プロジェクトとデジタルマーケティングを兼務する中村へのインタビュー。一児のパパであり、家族の時間を大切にしています。

ー「これまでの経歴を教えてください」
大学院を卒業後、行政相手のコンサルタントに就職。その後、立ち上がったばかりのHP制作会社に一人目の社員として入社。エンジニアとしてHP制作に携わり、途中からは経営状況の改善のため、会社全体の業務の効率化も行っていました。

ー「転職をしようと思ったのは?」
1社目はハードワークで、2社目はワークライフバランスが整った働きやすさを重視を選びました。ただ、HP制作は、依頼主の想いがあってそれをお手伝いするという間接的なもので、徐々にやりがいという点で物足りなさを感じるようになりました。
それに加え、自分は一つの職種を追求するより、幅広くいろんなことをやっていきたいタイプということもあり、幅広い知識をつけたい、他の業種にトライしてみたいという気持ちがありました。

ー「キュルキュルに入社を決めたのは?」
社会的存在意義を高めたいという気持ちがありました。
前職は、お客さまからHP制作を請け負い、そこで終わってしまうことに物足りなさを感じていたので、自社サービスでエンドユーザーに直接向き合えるキュルキュルのビジネスに大きく魅力を感じました。
また、面接で社長と話したときに、社長の目の前の課題に向き合い、チャレンジしていくという経営姿勢にも魅力を感じ、入社を決めました。

ー「入社後の担当業務は?」
今メインで担当しているのは、業務改善プロジェクト「アルバトロス」のプロジェクトマネジメントをしています。
商品がECサイトに掲載されるまでのリードタイムを短縮するプロジェクトです。
創業からだんだん管理する情報が増加し、それがバラバラにエクセルで管理されている状態でした。
情報が一元化されていないことにより、この人しか作業ができない、という状況が多くあったため、それを一つの基幹システムに集約することで、みんなが同時に作業できるようにして掲載スピードを上げようということで、このプロジェクトが立ち上がりました。

ー「プロジェクトマネジメントの仕事は好きですか?得意ですか?」
あんまり経験はなかったけど、好きな方ですね。
実際に作業する側と全体を管理してかじ取りをする方という立場があると思うけど、かじ取りをする方の経験をしたことがなかったので、やってみたいという気持ちはありました。
父親がわりとそういう立場だったので、そっちの方が向いているのかなという漠然とした感覚みたいなものもありました。本当になんとなくですけど。

ー「これまで経験なかったんですね!ありそうですけど。笑」
ありそう。笑 1社目のコンサルの仕事は、近しいものがあったかもしれないです。
住民の方がいて、その方たちの意見を集約する、みたいなところはあるので、若干そういうのは近いかもしれないです。

ー「アルバトロスを担当するのに、自分の経験や知識の不足をどう補いましたか?」
社長に勧められたプロジェクトマネジメントの本を読んだり、ECの運用ももちろんやったことがないので、本を読んで学びました。前職のエンジニアの知識も役に立ちました。

ー「入社して仕事する中で、苦労や学んだことは?」
コミュニケーションが大切だなっていうところですね。
いろんな人と関わる中で、当然、話さないとちゃんと伝わらないということがあって。例えばチャットでこうしておいてね、と投げておいただけでは、割とみんな忙しくって、見てない、聞いていないにつながる。会話がベストなのか、チャットが好きなのか、その人に合った手法に合わせながらコミュニケーションの取り方を変えていくようになりました。誰に何を伝えるか、メンバー内で役割分担もしています。

ー「今、やりがいは何ですか?」
基幹システム稼働が遅れており、アルバトロスの結果がまだ日々の業務につながってはいないのですが、いろんな人の意見を集約して、良いものが出来上がってきているという手ごたえは感じています。
何もないところから、どんどん形が見えてきている。自分がプレゼンしたものが、ものとしてできてきているところが面白いなと思っています。

アルバトロスは今は商品掲載の部分をやっているけど、業務改善プロジェクトなので終わりはありません。対象の幅を広げていって、在庫の管理だったり、EC事業全体を担うシステムになっていくのを目指していきたいな、という気持ちがあります。
着実に仕事が楽になり、やりたいことが実現できる環境になっていけばと思っています。

ー「今後やっていきたいことは?」
担当業務の中で、次に比重が多いのが、デジタルマーケティング。
キュルキュルの中で、デジタルマーケティングが本格的に始動しはじめたのは、まだ最近です。
当初は、どういう人が見てるのか、どういうものが売れているのか、 複合的に見ていかなければいけないところが、なかなか深いところまでできていなかった。ただ、だいぶ改善はしてきたと思っています。

今期は業績目標を達成するというところまでいっていないので、デジタルマーケティングで目標達成をする支援をしたい!みんなで目標を達成したという喜びを味わうのは来期に持ち越しかなと思っていますが、来期はいけると思っています。

=========================

キュルキュルの基幹システムを一緒に作っていってくれるエンジニア、中村と一緒にデジタルマーケティングで業績達成の喜びを味わいたい方!絶賛募集中です。
お気軽にオフィス見学にお越しください!

株式会社CURUCURUでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう