Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【Work】祝・タワーギャラリーオープン!

2019年9月26日、東京タワーのメイン展望デッキがリニューアルしたのはご存知ですよね?

実は、このリニューアルと同時に、東京タワー3Fに新たな施設がオープンしました。

その名も「タワーギャラリー」。

curioswitchは、「タワーギャラリー」のロゴデザインと、こけら落としとなる企画展のアート・ディレクション&キュレーションに携わらせて頂いています。



ロゴ・デザイン

仏エッフェル塔の茶会がご縁で、今回「タワーギャラリー」のロゴデザインを依頼された、curioswitch クリエイティブ・ディレクター近衞。

人々の心にある東京タワーのイメージを損なわず、かつ、今までにない斬新なデザインを心がけ、完成させたのが、こちらのデザインです。




キュレーション・サポート

そして、映えある第1回目の企画展「東京タワーがみつめた60年〜皇族方をお迎えして〜」の総合監修、渡邊満子さんを全力でサポート。

会場図面から3Dデザインを起こし、ゼロベースから展示作品の構成を、渡邊さんと一緒に練り上げると共に、渡邊さんがセレクトした皇族方のお写真やファミリアさんからお貸出し頂いた浩宮様のバスケットなど、展示作品をどのように美しく見ていただくか、会場全体のアートディレクションを担当させて頂きました。

ライティングの最終調整を行う担当メンバー

今回の企画展に文字通り花を添えて頂いたのは、フラワーアーティスト竹田浩子さんによる赤とゴールドのフラワータワーです。

渡邊さんのアイディアで、皇族方をお迎えする企画展にふさわしい、厳かなエントランス空間が完成しました。フラワータワーはスポットライト多めです! みなさん、ぜひ記念撮影をしてくださいね。

左から竹田浩子さん、渡邊満子さん、近衞


現代の国見岳

ちなみに、東京タワー竣工後しばらくして昭和天皇が訪れて、戦後の焼け野原から復興する首都・東京を一望されました。

渡邊満子さんの言葉を借りると「東京タワーは現代の国見岳」の役割を果たしたのです。

歴代天皇が高所から国を見渡して国民の幸せを願ったように、東京タワーの望遠鏡を覗いた昭和天皇も、復興の様子に深い安堵と喜びを感じられていたに違いありません。

東京を見下ろす昭和天皇と案内役の東京タワー創業者・前田久吉(展覧会図録)


今しか見られない企画展

1958年の竣工時から現在まで、東京タワーには多くの皇族方が訪れました。そしてたくさんの写真が残され、それが今、当時の様子を物語る資料とともに展示されています。

「一期一会」とは千利休の言葉ですが、展覧会というのは茶の席によく似ています。選りすぐりの逸品を並べて展示し、限られた時間の中で楽しむというところはまったく同じ。

東京タワーという特別な場所に、新しくオープンした「タワーギャラリー」。今しか楽しむことのできない展覧会に足を運んでみてはいかがですか?

展示を熱心に見る来館者たち


<企画展情報>

東京タワーが見つめた60年

〜皇族方をお迎えして〜

会場:タワーギャラリー(東京タワー内フットタウン3階)

会期:2020年2月29日まで開催中

   9:00〜23:00(最終入場22:30)

料金:入場無料

お問い合わせ先:03-3433-5111

株式会社curioswitchでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう