Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

CafeTourレポ #02「Deus Ex Machina HARAJUKU」

"Lunchtime"

それは、体と心の補給の時間。午後の労働に必要なEnergyを体に注入すると共に、新しい気づきを迎え入れる余裕を心にもたらす機会です。
日々Creativeに仕事をするため、私たちは原宿というCreativeな街へと繰り出すLunchtimeを大切にしています。

・・・前置きはさておき、会社の広報予算でタダ飯を食べられる絶好の機会。社員2名で「Deus Ex Machina HARAJUKU」に繰り出してきました。
curioswitch CafeTourレポの第2回は、食べ盛りな27歳の杉山がお届けします笑

今回お邪魔した「Deus Ex Machina HARAJUKU」は、モーターサイクルとサーフを軸に"Culture"を発信するシドニー発のブランド「Deus Ex Machina」の日本旗艦店です。店内にはカスタムバイクやサーフボードが並んでいて、カフェだけでなくアパレルショップ、ギャラリーとしての一面もあります。裏原宿の旧穏田川の小道で、Creativeな"Culture"を発信しているお店です。

ランチメニューは、グリルドサンドウィッチのセット。季節によって変わるそうです。この日頼んだのは、SBLT +ジンジャーエール(左; 1,430円)とBBQ Pulled Pork +コーヒー(右; 1,230円)。
食器も「Deus Ex Machina」の世界観にこだわったものが使われていて、Activeな大人の空気に浸れるひと時でした。

ちなみに「Deus Ex Machina」というのは「機械仕掛けの神」を意味する演劇用語で、混み入った状況を絶対的な力で解決する存在のこと。とても力強い意志を感じるブランド名です。お腹にも心にも良い補給をして、午後の仕事に戻りました。Deus Ex Machina HARAJUKU
http://deuscustoms.com/cafes/harajuku/
※ 日本語で紹介しているサイトの例: https://omoharareal.com/navi/shop/detail/210

あなたも、curioswitchのCafeTourに参加してみませんか?

株式会社curioswitchでは一緒に働く仲間を募集しています

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう