1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【社員インタビューvol.5】社員の働き方を優先に考えてくれる!そんなCuonが好きです!

皆さまこんにちわ!
インタビュー第6弾!今回は、新婚ほやほやの池田にお話を伺いました♪

-これまでのご経歴を教えてください。

高校は商業科だったのですが、進路をどうするかとなったときに特に大学に行ってやりたいことも定まらず、とりあえず社会に出ようと思いガス会社の事務職に就きました。
しかし、もともと学生のころからプログラミングの方に興味があったので、エンジニアの道に進みたいと思うようになり転職しました。


-学生時代からプログラミングに興味があったとのことですが、ご自身で何か制作されたりしたのですか?

パソコンが好きで、自分で簡単なゲームを作ったことはあります。たまたま学生の時に、周りにを絵を書いている友達が多かったのでみんなで作ろうってなって、ストーリー担当、絵を描く担当、私がゲームを作る担当でした。
最初はいろいろな本とか見て、試行錯誤しながらでした。小説ゲームみたいなものは、普通にサイトがあって、選択肢を入れれば作成できるのですが、RPGになると難しかったですね。


-Cuonに入社されるときはさらに勉強されたんですか?

本当に自分で少しだけですよ。
転職期間も短く、ほぼ未経験の状態でわからないながら案件に入りました。



-エンジニアを募集している会社がたくさんある中でCuonを選んだ理由は何ですか?

業界でいうと、事務職の時に業務管理システムを利用していて、エンジニアの方と接する機会もあって、業務システムのような便利なシステムを作りたいと思ったんです。
転職活動をしているときに、Cuonの2次面接で『やめたくなったらいつでもやめていいよ』って言ってくれたことが大きいですね。普通退職の話って言いにくいと思うんですけど、そういう言葉をかけてくれるってことは、社内で意見とかも言いやすい風通しの良い会社なのかなと思いました。


-入社前と入社後のギャップなどありますか?
エンジニアってコミュニケーションが苦手な方が多いイメージがあったのですが、そういう所が全然なくて、飲み会なんかもみんなフレンドリーな感じでした!
あと、今年は行けてないのですが、社員旅行なんかも皆さん乗り気で。
沖縄に行ったときなんか朝から山に登ったり、結構アクティブなんです(笑)オンとオフがはっきりしていて、仕事の時は頑張るし、オフの時は思い切り遊ぶというのをすごく感じます。


-オンオフの切り替えって大事ですよね!オンの部分で今後の目標はありますか?

以前はPMとしてまとめ役をしたこともあるのですが、今はシステムの開発のメンバーになることが多いです。
お客さんに提案するときにやはり開発の経験がないと提案の幅が狭くなってしまうのを感じて、もう少し幅を拡げるために志願して開発をメインでやってます。
今後はさらに知識を積み重ねて、お客さんの要望に対して、もっとこうした方が便利ですよ!という提案していけるようになりたいです。


-理想のエンジニア像みたいなものはありますか?

先ほどの目標にもつながるのですが、ただ言われて答えるだけではなく、お客様にとってベストな提案ができるようなエンジニアになりたいと思います。


-今のお仕事の中で大切にしていることはありますか?

最終的にどうしたいのかを確認するようにしています。
お客様は何か目的があって、この機能が欲しいって端的に伝えてくるので、それだけで十分なのか、他のパターンを考えた方がいいのかを見極めて、目的に合わせた提案ができるようにしています。


-お客様と接していく中で達成感を感じるのはどんな時ですか?

やはりリリースしたときですね!あとは意外と緊急の対応時。
時々リリースされている物の運用が回ってきたりするのですが、どうしてもシステムの改修なんかでSEが作業をしに行かなければいけない時なんかは『助かりました』など言ってもらえると、良かった!って嬉しくなります。


-今後取得したい技術はありますか?そのために行っていることなどありますか?

そうですね、技術の幅を広げてオールマイティに対応できるようにしていきたいです!
趣味になるのですが...以前、食材管理ができるアプリのようなものを作ったりしました。
例えば、食材を入力すると残数とか、賞味期限などを管理できるようにして、そうするとロスも減らせますし。更にレシピサイトなどを連携できる様にAPIを公開していて、この食材を使うならこのメニューはどうですか?なんて出るようにしました。
そういう、自分があったら楽だなというアプリを勉強を兼ねて作成したりしました。

すごいですね!ぜひ欲しいです!!


-今現場で働く池田さんから見たCuonの強みや事業部の強みは何だと思いますか?

距離が近いことですね!全体的にフレンドリーですし。自分が困った時や、うまくいかないときは協力してくれます。相談もしやすいから、すぐに解決するのでそういう所が強みだと思います。


-逆に課題に感じていることはありますか?

今コロナの影響でフレックスとかフルリモートとか、働きやすい立場ではあるんですけど、社員が増えてきているので、組織としてまとまっていけるのかな?っていう不安が少しあります。
フレンドリーで上下関係が無いからこそってのもありますが。関係性が淡泊にならない様に気を付けないといけないところです。



-先月ご結婚されたんですよね!おめでとうございます!!(パチパチ)

今後の働き方についてはどう捉えていますか?女性の働きやすさなど…

実はリモート制度が導入されて自分はどちらがいいのかなって考えました。
今後、子供ができた際の通勤は大変だと思いますし、だからといって子供が泣いているときにリモートで仕事ができるのかどうか...そのあたり両立をうまくやっていけるのかは考えますね。

私自身、専業主婦でおとなしく家にいるタイプではないので、働き続けたいと考えています。
もちろん今のCuonなら融通は効く形で働きやすいようにに改善されていくと思います。
少し前に親の介護で週1の出勤も大変だった時がありまして、相談した際はまだ会社としてフレックスやリモートも導入されてなかったのですが、出勤時間をずらしていただいたり、日数も減らしていいと言っていただけたので、きっと状況に応じて働きやすく臨機応変に対応してくれると信じてます。

親身になって考えてくれると嬉しいですね!


-最後に今後一緒に働きたいと思う仲間やその方々に対するメッセージをお願いします!

積極的な人が嬉しいです!
一緒に仕事する上でもいい刺激を受けるし、私もちゃんとやらなきゃって後押しになります。小さい会社だからこそ働き方についてはいろいろ融通が利きますし、そのあたりは自慢です!ぜひエントリーしていただきたいです。

最後までお読みいただきありがとうございます!

株式会社Cuonでは一緒に働く仲間を募集しています
15 いいね!
15 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう