1
/
5

大手SIerのPMから、ベンチャー企業のWebエンジニアに転職してみた

早川 康平(はやかわ こうへい)

1994年宮城県仙台市生まれ。2017年関西学院大学法学部卒業。
2017年4月株式会社NTTデータに新卒入社し、金融系システムの開発にPMとして従事。
2019年8月、株式会社キュービックに入社。
現在は、新規プロダクトの開発、社内マーケティングツールの開発、運用に携わる。


こんにちは!
株式会社キュービックでWebエンジニアをしている早川と申します。

今回は、大手SIerからWeb系ベンチャーに転職した経緯や、
現在行っている業務を紹介したいと思います!

キュービックに入社したきっかけ

元々は、大手SIerに新卒入社しPMとして2年弱働いていました。
職場環境、研修制度など非常に恵まれた環境で仕事をしていましたが

エンジニア業界で、PMとしてのバリューを最大限発揮するには、
「エンジニアの目線」を理解する必要がある。

そう感じ、転職を考えるようになりました。

転職の軸として、

  • システムの一部ではなく、全体に関われる
  • 早いスパイラルでPJを経験できる
  • 0→1(ゼロイチ)の開発を経験できる

とざっくり考え、Web業界に興味を持ちました。

Web系企業の中でキュービックを選択した理由は、
ヒト・ファースト」な理念に惹かれたからです。

現在携わっている仕事

現在は、新規プロダクトを開発するチームに属しています。

そのうちの一つである
「HRテック」の開発チームリーダーを務めており、
「アジャイル開発」という開発手法を採用し、
日々社内の方に使ってもらいながらβ版の開発を進めています。

使用技術とアーキテクチャは下の通りで、
AWSを用いサーバーレスアーキテクチャに挑戦しています。

【言語】
・Ruby
・PHP
・Node.js
・SQL

【インフラ】
・AWS Lambda
・Amazon DynamoDB
・Amazon RDS(Aurora)
・Amazon ElastiCache
・Amazon API Gateway
・Amazon Kinesis
・Amazon SNS
・Amazon SQS



勉強の毎日ですが、キュービックには(※)SRE(Service Reliability Engineering)チーム
というサーバーの専門家集団がいるので、
すぐにFBを貰える恵まれた環境で開発が進められています。

学生インターンとの仕事

(週一回、有志で行っている勉強会の様子)

キュービックは、「学生」、「会社」、「社会」の「三方よし」
という考えをもっており、学生長期インターンが100名ほど在籍しています。

エンジニアでは2名の学生インターンが在籍しており、
私が上司として共に仕事をしています。

私自身が感じている学生と働くメリットは、

  • 学生のエネルギーに刺激される
  • 学問の専門領域が互いに違うので刺激しあえる
  • 若くからマネジメントを学べる

など沢山あります。

私は、トップダウンな雰囲気が苦手なため、学生の興味・関心に応じた業務を渡しています。
彼らのキャッチアップ速度がとても早く、日々私が刺激をもらっています。

直近だと、AWS認定資格の勉強を業務後や休日に集まって勉強し、
共に合格を果たしました。
「上司と部下」という関係ではなく、「切磋琢磨しあえる仲間」という雰囲気がとても気に入っています。

今後やりたいこと

PHPカンファレンス2021 事前勉強会に登壇した時の様子

エンジニアの目線を理解する」ために入社を決めたのですが、
今ではエンジニアリングの魅力にすっかり取り憑かれています(笑)

様々な言語や技術を取得し、
最終的には世界中の人々に「良いキッカケ」を与えられるようなエンジニアになりたいです。

そのために、社外からの刺激も存分に受けたいと考えており、
9/24(金)に行われた『PHPカンファレンス 2021 』の事前勉強会では登壇をさせて頂きました。

そして、2022年4月から情報系大学院への進学を決めました。
会社が後押しをしてくれたので、非常に嬉しかったです。
会社と大学院の「二足の草鞋」ですが、がんばります!

内からも外からも刺激を存分に受け、一人前のエンジニアリングを目指していきます!


(※)SRE(Service Reliability Engineering)

Googleなどでは、Site Reliability Engineeringと呼ばれていますが、
キュービックではService Reliability Engineeringと定義しております。

株式会社キュービックでは一緒に働く仲間を募集しています
170 いいね!
170 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう