1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

文系大学生の長期エンジニアインターン体験談

Photo by Ferenc Almasi on Unsplash

初めまして!株式会社クランチタイマーでエンジニア長期インターンをしている渡部奏汰です!

今回、クランチタイマーに入って半年が経過したということでインターンを始めた経緯、業務内容、半年間働いてみての感想などを紹介しようと思います。

自己紹介

生まれは愛媛で大学進学を機に広島にきました。現在は広島経済大学の三年生です。

もともと情報系を専攻している訳でもなく、理系でもなかった僕は、全くの未経験からエンジニアインターンに飛び込みました。

この記事では、僕がエンジニアインターンと出会い、経験したことや感じたことを紹介していきます。

インターンシップに参加するまでの経緯

元々、ものづくりに対して漠然とした憧れを持っていて、自分も何かしらの「作り手」になりたいという思いがありました。

しかし何を作りたいのかという根本的な部分が分からず、気づけば大学3年になっていました。

そんな時に高校の時の友達が自分で作ったwebアプリをSNSで公開していて、それをきっかけにテクノロジーを活かしたものづくりに興味を持ち始めました。

それにはプログラミングスキルが必要だと友達から聞き、すぐに勉強を始ました。

コロナウイルスが流行していたこともあって、当時やっていた焼肉のアルバイトも休業中で暇だったということもあり、プログラミングの基礎学習にフルコミットすることができました。

初めて自分で書いたコードがブラウザに表示された時の感動は今でも覚えています笑

勉強を初めて一ヶ月でもっと本格的に開発したいと思うようになり広島で長期インターンができる企業を探し始めました。

そこで見つけたのが長期インターンを募集しているクランチタイマーでした。

面接にて

就活・インターンシップ・バイトの面接ではおもしろエピソードを語ることで、選考を有利に進めることができると先輩に聞いたことがあり半信半疑でしたが、それを頭の片隅に置いて面接に臨みました笑

就活やインターンシップは真面目な場であり、緊張度が高くもあるため笑いとは無縁にも思えますが、だからこそ、くすっと笑わせることができれば印象に残りやすいらしいです

面接で

「プログラミングを勉強しようと思ったきっかけは何ですか?」

と聞かれて

「彼女にフラれたのでマッチングアプリを作りたいという思いで始めました!」

と小ボケをかましたのを今でも覚えています。面接官の佐々木さんの反応はとても微妙だったので泣きながら家に帰ったのも今ではいい思い出です。(嘘です)

業務内容

1ヶ月目〜3ヶ月目

最初の3ヶ月はReact, Next.jsなどを用いたwebフロントアプリの開発チームにアサインして頂きました。

実務自体は入社初日からやらせてもらっていたのですが、勉強してきた言語が違うとはいえ、実務レベルの高さを実感しました。

マークアップ言語のみを勉強していた僕は、変数・メソッド・オブジェクト指向といったプラグラミングの基本が分からず、

自分の理解不足が悔しかった反面、実務の仕事はやっぱり楽しいなど色んな思いが混同していました。そんな僕にも、優しく分かりやすく教えてくれた先輩や社長の佐々木さんには感謝しかないです、。

4ヶ月目〜5ヶ月目

プロジェクトが一区切りして、次はswiftを用いたiosのネイティブアプリ開発チームにアサインして頂きました。webアプリの開発経験しかなかった僕にとってネイティブアプリの開発はとても貴重な経験になりました。

6ヶ月目〜現在

半年がたった現在は詳しくは紹介できませんが、教育関係のwebアプリ開発チームにアサインして頂いて開発を進めています。このプロジェクトもフロントはnext.js・Reactを用いて開発しています。また今回は1からプロジェクトに携わることができたので開発フローの全体感を学ぶことができました。

こんな感じで僕の怒涛の半年間は一瞬にして過ぎさりました。半年間でこんなに色んな経験が積めるなんてインターンをする前は想像もしていませんでした。

ベンチャー企業で働くことの面白さや大変さ・他チームのメンバーと協働しながら1つのプロダクトを作っていく楽しさなどプログラミングスキル以外にもたくさんのことを学ぶことができました。

今回はプロジェクトで使った技術などは簡単にまとめたので次回もう少し詳しく紹介したいと思います。

会社について

オフィスは市内の大手町にあり、周りには駐輪場・スーパー・薬局などがありアクセスもしやすい方だと思います。昼休憩は基本的にみんな下のスーパーで弁当を買って卓球台を机にしてみんなでご飯を食べます(最初は驚きました笑)

また社内にはダーツボードや卓球台があるので昼休憩の時間や営業終わりによくやっています。その影響もあって僕はダーツにどハマりし、マイダーツを購入したくらいです笑



社長の佐々木さんはダーツがかなり上手く営業終わりによく勝負を挑みますがいつもボコボコにされています。(ダーツ仲間とエンジニア募集中です)

また、プロジェクト終わりに佐々木さんが打ち上げに連れて行ってくれたり、休日にゴルフに連れて行ってくれたりと仕事以外にも楽しみがあってモチベーションに繋がります。

そして先輩方には、分からないところを気軽に聞けるようなアットホームな社内環境です。アットホームと聞くとブラック企業を連想しますがクランチタイマーは本当にアットホームだと感じました笑

他にも柔軟なシフトが組めるところやコロナ下でのリモートワークなど良い点がいくつかありますが長くなりそうなのでこの辺にしておきます

最後に

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

今後もエンジニア・ダーツプレイヤーとして、躍進していきたいと思います。

クランチタイマーでは現在エンジニア正社員を募集しているので興味がある方は一度クランチタイマーのサイトへ訪れてみてください!

クランチタイマー株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

クランチタイマー株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう