1
/
5

なにをやっているのか

CRISP SALAD WORKS - AZABU JUBAN
CRISP PLATFORM
2014年に東京で創業したCRISPは「レストラン体験を再定義することで、あらゆる場所でリアルなつながりをつくる。」をビジョンにかかげ、日本の26兆円規模の外食産業をテクノロジーを通じてディスラプトすると同時に、伝統的な外食企業の慣習や「当たり前」に挑戦し続けてきました。 私たちは「レストラン体験を再定義することで、あらゆる場所でリアルなつながりをつくる」ことをビジョンにかかげ、カスタムサラダレストラン「CRISP SALAD WORKS」の展開を通じて、テクノロジーで顧客体験を非連続な成長と高い収益率を実現する新しい外食企業「コネクティッド・レストラン」をつくろうとしている会社です。 CRISP SALAD WORKSにおける年間売上約11億円・70万件の注文のうち既に93%がデジタル経由のチャネルで発生しており、コロナ禍においてスマホや店頭KIOSKをつかったデジタルダイニングがCRISPの急速な成長を後押ししています。 SaaS事業であるレストランDXソリューション「CRISP PLATFORM」では、CRISP SALAD WORKSの実績を元に外食事業者に向けてモバイルオーダーやキャッシュレス化の仕組みを提供しています。さらに、オペレーション効率化やLTV(Life Time Value)可視化を通じたデータドリブンな経営を支援することで、飲食業界のテクノロジー化をリードしています。 ■ CRISP, INC. https://corp.crisp.co.jp/

なぜやるのか

代表取締役・宮野浩史
CRISP SALAD WORKS - TORIIZAKA
■ レストラン体験を再定義することで、あらゆる場所でリアルなつながりをつくる 私たちは、サラダを売るだけの外食企業ではありません。届けていくのは、CRISPらしいレストラン体験です。創業当時は、とにかく素敵なお客様と仲間に囲まれた良いお店をつくりたい、という想いを込めてCRISP SALAD WORKS1号店を開業しました。 その想いは変わりませんが、今では私たちのやりたいことはもっともっと⼤きく、外⾷のビジネスモデルを180 度ひっくり返すような「新しい外⾷」を⽬指しています。私たちは、飲食にテクノロジーの力を取り入れて、オンラインでもオフラインでも、あらゆる場所で人と人とのリアルなつながりが感じられるレストラン体験をつくっていきます。 自分たちが信じるものに手を抜かずに、仲間に、商品に、お店に、そしてお客様に愛情をもって本気で向き合いながら。日本の外食のあり方を変え、世の中を変える。私たちCRISPは、共に働くパートナーとお店を愛するファンと一緒に、飲食の未来をもっと面白くしていきます。

どうやっているのか

RESTAURANT
THE FARM
■ 私たちのカルチャー CRISPには、課題へ立ち向かう姿勢として大切にしているカルチャーがあります。「BOLD(大胆に、失敗を恐れない)」「VISIONARY(先見性を持つ)」「PLAYFUL(遊び心を忘れない)」という3つのバリュー。そして、多様性を受け入れお互いに心をひらき、性善説と信頼を前提とした情報の透明性とフラットな組織をつくる礎となる「Be Open」の考え。期待よりもひとつ余分に実行する「GO BEYOND EXPECTATIONS」など、これからの組織の成長や規模に関わらずCRISPがビジョンを実現する上で必要不可欠な要素と考えています。 ■ CRISPだから、できる挑戦がある。外食を進化させるトップランナーへ。 これからどんどん加速していく外食産業のDX。けれど今、それが本当の意味で実践できている企業はほとんどありません。DXを推し進め、新しいレストラン体験を創る。そのためなら、なんでも挑戦できるのがCRISPです。私たちの全員が、チャレンジャーであると同時に日本のトップランナーです。あなたの力で、私たちと一緒に新しい外食の未来をつくっていきましょう。 ■ 「非連続な成長」と「高い収益率」を生む、コネクティッド・レストランを目指して。 CRISPでは外食産業のDXを推し進める仕組みをつくる「THE FARM」、実際に現場の店舗にDXを実装してレストラン体験をつくる「RESTAURANT」、二つの領域で共に働くパートナーを募集しています。私たちが目指すのは、一人ひとりが専門性を活かし、パフォーマンスを最大限に発揮できるチームです。 あらゆる場所でリアルなつながりをつくる、これからのレストランを創造するために。接客、エンジニアリング、マーケティング、データサイエンス、デザインなどの様々なプロフェッショナル人材が、フィールドを超えて自由に協力し、どんなことにでも挑戦できる環境とカルチャーを用意しています。 ■ THE FARM テクノロジーを駆使し、新しいレストラン体験を創造する。 CRISPは「レストラン体験を再定義することで、あらゆる場所でリアルなつながりをつくる」をビジョンに掲げる日本発の企業です。私たちはビジョンの実現に向けてテクノロジーを最大限に活用した外食の進化に本気で取り組んでいます。そのためパートナーに求められるのは、自分の専門性を活かして外食のDXを前に推し進めていくという強いチャレンジ精神です。 店舗運営だけではなく、アプリやプロダクト開発、デザイン、顧客やスタッフ情報のデータ化と分析に基づいたマーケティングやオペレーション改良、そしてそれらを支えるコーポレートチームまで、多種多様なプロフェッショナルが活躍できる場が揃っています。 ■ RESTAURANT 接客を次のステージへ。新しいレストラン体験を実装する。 私たちにとって一番大切なことは、店舗での体験価値を上げることです。そのためにデータやテクノロジーも積極的に取り入れています。「RESTAURANT」のパートナーに求められるのは、どうしたらもっと良い顧客体験を提供できるかを考え、実行できる人。例えば、お客様のLTVを10倍にするためなら、データに基づいて既存のルールを越えた判断と実践ができる。そんな意思と現場経験を持っている方には最適な環境です。