1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【エンジニアキャリアアドバイザー編】IT業界経験15年!超大手エンジニア向け人材企業立ち上げメンバーが、今、コーボーでエンジニアにとことん向き合っている理由【コーボーの熱い想い~私たちが描く未来~】


【コーボーの熱い想い ~私たちが描く未来~】とは

コーボーで働く仲間たちがどんな想いを持って、どんなミッションに取り組んでいるのかをご紹介しているコンテンツです。
コーボーに興味を持ってくださっている方に向けて、今解決したいと思っている課題やこれからのコーボーの動きを赤裸々に語っていきます!




こんにちは。株式会社コーボー人事の大和田です。
「コーボーの熱い想い」第3弾はコーボーの人事/営業顧問・齋藤のインタビューです。
「エンジニア専任キャリアアドバイザー」として、技術力向上アドバイスをしたり、今後のキャリアプランをエンジニアとともに考案したりと、コーボーのエンジニアのメンター的存在です。これから、エンジニアとともにどんな未来を描いていきたいのかを語ってもらっています。

・エンジニアとしてキャリアアップしたいがどうすればいいかわからない…
・モダンな技術を見につけていきたいけれどどう学習すればいいんだろう…
・今の会社に特段不満はないけれど、将来を考えたときにずっといる会社ではないと思っている…

などと思っているエンジニアの方、必読です!
(もちろんそれ以外の方も是非是非!)

それではご覧ください!



ー まずは自己紹介をお願いいたします!

齋藤です。よろしくお願いします。
経歴を遡って紹介しますね。

まず、新卒で東証一部のレンタルビデオ店を全国展開している企業に入社しました。
レンタルビデオ店の店長として関東一の売り上げ店舗に配属され、約5年間働いていました。
24時間営業の店舗で、当時はかなり忙しかったことを覚えています。
シフト制で生活リズムが整わなかったり、遅い時間帯に「店長、助けてください!」と連絡が入ったり…(笑)。
当時、レンタルビデオの勢いが落ち込みはじめたタイミングでもあったので、業界の波が完全に落ち着く前に退職しようと考えていました。
ただ、せっかく入った企業なので、何かしらの成果を出してから退職しようと決意し、全店舗中の売り上げNo. 1を達成し、転職することになりました。



ーさらっとおっしゃってますが、かなりすごいご実績ですよね…!

ありがとうございます。当時はかなりハードでしたが、ここで「死ぬ気で働いて成果を出す」という経験ができてよかったなと今振り返って思います。



ー転職活動では、どんな企業を受けていたんですか?

とにかくIT企業に応募しまくっていました。
前職が斜陽産業だったということもあり、次の仕事は成長性のあるIT業界で働こうと決めていたんです。
大手から中小企業までたくさん選考を受けた中で、一番自分に合うんじゃないか、と思えたのがレバレジーズでした。

レバレジーズ代表の岩槻さんは、面接でお会いした様々な企業の役員や経営陣のなかで、一番先見の明があるな、すごくクレバーな方だなと思いましたね。当時、レバレジーズは5名しかメンバーいないスタートアップ企業でしたが、データをもとに今後の展開をかなり詳しく話してもらいました。この企業は絶対に大きくなると感じたのと、理念を熱く語る代表の理念に共感し、その場でSES事業の営業としてジョインすることを決めました。

実は、その時新婚だったんですよ。前職時代に入籍→すぐに転職活動だったので、妻からはかなり驚かれました。東証一部企業からマンションの一室にある5名の会社って、まあ驚きますよね(笑)。



ー業界も職種もかなり異なり、当時は苦労されたのではないでしょうか…?

正直初めはかなり大変でした。人材業界に関わるなんて思ってもいなかったので、何から始めていいのか全くわからず…。会社メンバーにどうすればいいか質問をしたら、「これを読めばわかる!SES」的な本を紹介してもらったんですが、読んでみても全くわかりませんでした(苦笑)。
とにかくがむしゃらにやってみよう、と努力した3年間でした。

かなり大変ではありましたが、やめたいという思いは全くありませんでした。前職がかなりハードな環境だったので、むしろ、「終電で帰れるなんて、なんて楽なんだろう!」と思っていました。やったらやった分だけ成果が出るのも自分のモチベーションになっていました。
3年間営業を担当した後、人事部の立ち上げを任されることになりました。30~40名規模から1000名までの成長に伴い、人事責任者として採用、評価、労務、制度設計など…。人事領域のことは一通り経験しました。
レバレジーズには、2006から2017年まで、約11年間在籍していました。
その後、独立し現在は複数社の人事コンサルとして活動しています。



ー あのレバレジーズ社で事業立ち上げや人事責任者としてご活躍されていたんですね!そんな中、なぜコーボーに関わっていただくことになったのでしょうか?

代表成田さんとの繋がりで、コーボーの人事顧問としてお話をいただいたんです。成田さんとは、レバレジーズ時代の知り合いで。成田さんが新規事業部の立ち上げ責任者、自分は人事責任者として一緒に仕事をしていた時期があったんです。
当時、成田さんは25,6歳くらいだったかな。当時からかなり優秀で、岩槻さん初め会社メンバーからの信頼が厚かったんですよ。もちろん成果も抜群に出していました。

その後成田さんも自分も独立し、別々の道を歩んでいたのですが、ある日「第二創業期のコーボーの人事顧問として、一緒に働いてほしい」とメッセージをいただいて。ちょうど独立したタイミングでしたし、気の合う人と一緒に組織づくりができるのは嬉しいと思い、快諾しました。




ー コーボーでの仕事内容・役割を教えてください!

レバレジーズ時代の経験を生かし、人事顧問・営業顧問を担当しています。
人事領域では、評価制度の設計や、社内制度の整備を行いました。また、職種によっては面談担当として採用に携わることもあります。人事業務全般を通して、自分ができることをお手伝いさせていただいています。
初めは人事顧問としての参画だったのですが、ある時「営業の部署も見てもらえないか?」と依頼をいただき、
KPI設定や進捗確認、課題抽出、改善の動きを取っています。



ー 今までのご経験をフルに活かしていただいているんですね。いつもありがとうございます!今期から、エンジニア専任のキャリアアドバイザーとしての活動も始まることになりましたよね。

そうなんです。もともと、コーボーは「エンジニアのキャリアを叶えていく、営業と作っていく」という想いが強い企業で、案件参画に際し、エンジニアの志向に合わせた案件提案や進め方を以前から実施していました。

今回、更にその強みを加速し、エンジニアの中長期的なキャリアを叶えるためにこの取り組みをしたい、と人事から声が上がり、実施することになったんです。

自分は、IT業界でエンジニアに15年以上関わってきて、おそらく10,000人のレジュメを見たり、500名以上のキャリア相談に乗ってきた経験があります。その経験を生かして、キャリア支援ができたらいいなと思っています。

我々は、SES業界の中で、エンジニアのキャリアが大切にされていないということにものすごく課題感を感じているんですよ。採用を通じて、「SES企業はお断り」「SESなんで辞退します」というエンジニアの方を何百人も見てきて。「エンジニアのキャリアを作る」という思いを持った企業が少ないので、我々から変えていきたいと思っています。もちろん、事業として成長させていく必要もあるので、バランスは重要ですけどね。

自分は、その方の上長ではなく、評価をする立場でもないので、フラットに話を聞くことができるのではないかと思っています。また、業界全体の動きやトレンドも加味したアドバイスを通じて、将来のキャリアを一緒に築いていけたらと思っています。




ー すごく心強いです…!具体的にどんな内容を実施する予定なんでしょうか?


約3か月に1度、エンジニアの方とのキャリア面談を実施し、自身のキャリアをどう築いていきたいか、その実現に向けて業務内/業務外のどのような活動を通じてそのキャリアへ向かっていくのかの提案・すり合わせを実施する予定です。
「この技術を身に付けたい!」「フルスタックエンジニアになりたい!」「〇〇業界に携わりたい!」という理想の姿はお持ちでも、実際にどうやってその未来を描いていけばいいのか、何をしていくとそこにつながるのか分からないという方も多くいるので、そのサポートをしたいですね。



ー ちなみに、コーボーはどんなキャリアプランの実現が可能なんでしょうか。


コーボーでは、かなり幅広いキャリアプランを叶えることができる環境だと思います。自社開発、受託開発、SES、の全ての要素を持っている会社なので、「これをやりたい」という思いが明確な方であれば、エンジニアとして大きくスキルアップできるのではないでしょうか。
SESエンジニアとして様々な企業の開発プロジェクトに関わったり、少し先の予定ですが、自社メディアの開発に関わったり、将来的に受託開発チームの立ち上げに携わったりできる可能性があります。エンジニアチームがまだ4名の小規模な組織なので、マネジメントや、チームビルディングに携わっていただくこともできますし、人事と連携して採用にも携われます。
この全てを持っている企業ってなかなかないと思いますよ。



ー 齋藤さんがエンジニアとの面談で心がけていることはありますか?


顕在化している悩みやキャリアプランだけでなく、そのエンジニアがなぜその悩みをかかえているのか、他のキャリアプランの可能性はないかなど、潜在的な部分に原因がないかどうか考えるようにしています。

中には非常に強い思いを持つあまり、頑なな方もいらっしゃるのですが、話をしていく中で本当の考えが出てくることもあるんですよね。成果を出してきた方ほどその傾向が顕著だったりするんですが、自分が介在することによってより良い可能性や別のパターンを提案できるように、先入観を持たず、様々な視点で話を聞くように心がけています。



ー 最後に、読んでくださっている方へのメッセージをお願いします!


コーボーは、「社員に対して還元したい」という思いが強い企業だと思います。正直、こんなに還元してしまって大丈夫なのか!?と思うことも時々あります(笑)。
どれだけ設備が充実していても、有名企業でも、人がいなければ会社として成立しませんよね。代表の成田さんは、個人と一緒に会社も成長していきたいという考えを持っている方なので、社員への還元を厭わないんですよね。社員をものすごく大切にしているんです。
そういう経営者ってかなり珍しいんじゃないでしょうか。その想いを反映させてSES事業を行なっているので、安心して働くことができる環境だと思いますよ。

あなた様とお会いできるのを、社員一同楽しみにしております

株式会社コーボーでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング