1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「激務で倒れていく仲間をもう見たくない!」技術だけでなくビジネス総合力の高いエンジニアを目指している私の過去・現在・未来

cooboo's Family Storyとは

コーボーの仲間一人一人のキャリアへの考え方・築き方、コーボーに入社した理由、未来への展望を過去・現在・未来の時間軸で語ってもらうコンテンツです。

初めまして。株式会社コーボー HR部 テックグループに所属しております、エンジニアの島田と申します。

弊社のシステムエンジニアリングサービス事業(SES事業)のエンジニアとして2019年5月よりジョインしました。

今回、cooboo's Family Storyの第4弾として、入社早々で取り上げていただいて恥ずかしい気持ちもありますが、自身がエンジニアとして歩んできた道のりや、20代後半に入り、自身のキャリアをどのように築いていきたいと考えたのか。そして、これからコーボーで実現していきたいことをお話させて頂ければと思います。

これからエンジニアとしてどういうキャリア・働き方をしていくのがいいのか悩んでいる方に、コーボーの良さもアピールしつつ、何か少しでも得られるものがありましたら嬉しく思います。

過去

大学時代に進むべき道を悩み、1年休学。旅に出て自分のちっぽけさを痛感し、自分の好きに正直に進む

私は、「宇宙研究をしたい」という想いのもと、山口大学の理学部物理・情報科学学科という学科に入学をしました。宇宙自体には小学生のころ両親に望遠鏡を買ってもらってからロマンを感じていて。笑。高校でも物理も化学も得意だったので、その道を目指しました。

入学当時は宇宙研究でノーベル賞を取りたいと思っており、物理のほうに進もうと思っていたのですが、年次を重ねていく上で、宇宙物理学研究は微分積分のオンパレードだと気付き、

「本当に自分のやりたいことはこれなのか?もういっそ全然違う道に進んでもいいんじゃないか?」

と迷走していきました。

「きちんと悩むならこの時期なのかもしれない・・・。」

と思い、1年間休学。

その間に国内は北海道から沖縄まで。国外はヨーロッパやアメリカやアジアを含めて放浪の旅に出ました。旅をしたのは、色々な人に出会って、色々な価値観に触れることで自分の視野や世界が広がるかも知れないと思ったから。

旅の中で、国内では浪人時代の友人などに会って話をしたり、国内でも海外でも見知らぬ人達と交流をして、気付いたこと。

「自分の悩みは、なんてちっぽけなんだ」

ということ。

まずはこの学科の中で突き進んでみようと、もしも突き進んだ先が違うと思ったら、編入でも何でもできるじゃないか。悩んでても仕方ない。とプライドが高かった自分の気持ちに折り合いがつきました。

ただ、物理ではなく情報科学の中で学んでいたアルゴリズムなどを研究するほうが自分に合っていて好きだなと感じていたので、情報科学の分野に進みました。

情報科学では、なんでネットワークは通信が出来るのか?どうやって暗号化するのか?それをどうやって読解するのか?などの理論を理解し研究をしていきました。工学部の情報科では、まさにプロダクトやプログラミングを学びますが、自分は研究だからこそ興味があったんです。

考えて、悩んで、ピースがカチッとはまるみたいな瞬間がアルゴリズムにはあって。その時の「俺って天才じゃん!!」みたいな感覚が好きだったんです。笑。

そして、就職活動の時期になり、流れに任せて興味のあった金融や旅行の業界や、エンジニアの職種など幅広く見てみました。当時、エンジニアになりたいというこだわりなく活動をしていました。

いくつか内定は頂け、やはり大学の経験からもエンジニア系の職種が多かったですが、「色々なバックグラウンドを持っている人達と一緒に働きたい」という想いから前職に入社しました。

この軸は旅行をし色々な人と関わる中で、コミュニケーションをとったり、人と触れ合っていくことも好きだと思い、より多くの価値観に触れ合うためにも東京という場所での就職や前職への就職を意思決定しました。

前職はERPパッケージの会社で、私は会計プロダクトの開発部門に配属されました。開発メンバーは300名くらいおり、チームとしては10~20名くらいのチームでした。

カスタマーサポートの一部署で、何でも屋のような仕事でした。笑。技術としてはJava、JavaScript、XML、CSSなど主にフロント部分を扱っていました。

また、お客様からの問い合わせ対応やそれに伴うシステム調整、バージョンアップ(オンプレやクラウド関わらず)などを行っていました。自身の担当のお客様も数社ありましたが、自分はそのプロダクトの申請画面の設計と画面の開発も担当していたので、企業に限らず担当の開発も行っていました。

(面談の時にも「営業の方かな?」と思うくらいコミュニケーションに強みを持ったエンジニアです)

現在

「業務に追われ続けて頑張ったこの1年先には何があるのか?」を足を止めてじっくり考え見えてきた世界

2019年1月に異動もあり、お客様先に訪問して製品のバージョンアップや不具合をお客様と調整していくという選任チームに配属されました。

その時、

「この仕事を1年続けた時に、何が身につくのか?この先に何があるのか?」

と改めてキャリアを考えたんです。

今までは本当に忙しくて、日々業務に追われて毎日が終わっていく感覚でしたが、今まで以上に開発というところに携われなくなっていく中で、スキルやキャリアについて考えていく必要があるなと思いました。

結果、自分としては以下の2つに軸を持って転職活動を行いました。

やっぱりエンジニアという仕事は好き

エンジニアコミュニティーが好きで、エンジニアの方々の自身のキャリアアップを大切にしている志向も良いなと思っています。今後の市場感を考えても、エンジニアという仕事は続けていきたいと思いました。そして、ここからは「自身の価値を高める時期」としてプログラミングの経験を沢山し、成長が出来る環境を重視しようと決めました。そしてゆくゆくはマネジメントというキャリアに進みたいなという気持ちも芽生えました。

人が激務で倒れるのはもう見たくない!仲間を大切にしている会社へ

前職では、残業が恒常的に60~70時間くらいあり、高稼働で仲間が倒れるというのを多く見てきたので、もうそういうのは見たくないと思いました。なので、次の会社では仲間を大切にしている会社で働きたいと強く思いました。

そして、いざ転職活動を始めました。

転職活動をしていく中で、本当はSESエンジニアとして働くなんて考えていなかったんです。笑。

SES=人を大切にしている文化はない

という先入観があって。。。自分自身はベンチャー系の会社が合っているのかなと思いながら、Web系の会社での転職を考えていたんです。

そんな時に、コーボーからスカウトを頂いて、仲間を大切にするという社風に興味を持って、面談だけでも行ってみるか!と軽い気持ちで面談に行きました。

面談で話をしてみると、本当にコーボーのDNAを大切にし、そこから創られている文化や社風を感じることが出来ました。

エンジニアの松浦さんから話を伺っていても、エンジニアに寄り添ってくれている、エンジニアを本当に大事にしているSES事業の運営をしているんだと感じました。また、自身のスキルアップというところもしっかり考えてくれている印象も持ちました。基本的なことではありますが、自分がした質問にきちんと答えてくれ、その内容も魅力的でした。

最終的に、SESの会社にて1社内定を頂いており、また自社サービスをもつ会社でも最終選考前まで進んでおりましたが、それらを辞退しコーボーへの転職を決めました。

(趣味のe-sports!見るのも実際にやるのも好きだそう!)

未来

技術力はもちろん、企画力やプレゼン力など、ゼネラリストとしての成長を遂げたい!

コーボーに入社して、「仲間を大切にする文化」をより強く感じています。

入社してからすぐに、常駐する案件先を決めるために動き出しましたが、案件探しの前に、自身のこれからのキャリアの志向性も含めてしっかり共有が出来る時間をとってくれて、また紹介してくれる案件も、自身のキャリアやスキルアップのために探して紹介をしてくれているんだな。というのが伝わってきました。

印象的だったことが2つあって、

1つ目は、案件を決める時に「この案件はエンジニアにとってスキルアップにつながる面白い案件か?」などを営業だけではなく、実際に松浦さんなどのエンジニアの方も絡めてエンジニアの生の声も取り入れながら、『島田さんの成長につながる案件』を皆で考えてくれたこと。

2つ目は、面談にいくつか進んでいく中で、概要を見たときにはすごく魅力的だと思って、そのように話していたのですが、実際に面談に入ったら、少し微妙かな?と感じたんです。そしてその案件からは合格を頂きました。

普通であれば、「最初良いって言ってたし、合格も出たからこの案件で行きましょう!」と営業から言われてもおかしくないかな?と思ったんですが、率直に気持ちを伝えたら、

「では、調整はするので、来週の面談も受けてみましょうか!島田さんに納得して決めて貰いたいから」と自分の意思を尊重してくれたこと。

これからのことからも、コーボーのDNAが体言されていて、とても嬉しい気持ちになりました。

入社をして2週間。6月3日から常駐がスタートしました!

まずは、スキルを付けていくことに重視をしたいと思っており、常に勉強し、プログラミングの力をあげていきたいと思っています。

そして、将来的には自身で製品やサービスを作ったり、会社の経営やCTOのようなポジションも担えるようになりたいなと思っています。

そのために、マネジメントスキルや企画やプレゼン力など色々なスキルをがんがん育てていきたいと思っています。そしてそのような環境が今のコーボーにあることは魅力的なポイントの一つでもあります。

これからコーボーのミートアップやイベントや勉強会などにも積極的に参加をしていきながら、ただプログラミングが出来るエンジニアではなく、ゼネラリストとして成長をしていきたいと思っています。

これからのテックチームを、共に!

現在、システムエンジニアリングサービス事業のこれからを一緒に作る仲間を募集しています!=========================================

自身の中長期のキャリアも見据えてスキルアップをしていきたい

事業創造や組織創造など今しか味わえないフェーズでエンジニアのスキル以外の部分も磨いていきたい

SESエンジニアとしてのキャリアだけではなく、自社メディア開発にもポジションチェンジが出来る環境のある会社で働きたい

=========================================

そんな想いを持っている方、これからのテックチームを是非一緒に作っていきましょう!

過去のフィード

コーボーの仲間たちを深く知れる「cooboo's Family STORY」はこちら





仕事→「関わる全ての人へ感謝」を大切にしているSESコンサルタント。プライベート→ゲーム開発(Unity)エンジニアな私の過去・現在・未来 | cooboo's Family STORY ~過去・現在・未来~
コーボーの仲間一人一人のキャリアへの考え方・築き方、コーボーに入社した理由、未来への展望を過去・現在・未来の時間軸で語ってもらうコンテンツです。 初めまして。株式会社コーボー HR部 コンサルティンググループに所属しております、セールスの小田と申します。 弊社のシステムエンジニアリングサービス事業(SES事業)のセールスとして2019年4月よりジョインしました。 今回、cooboo's ...
https://www.wantedly.com/companies/cooboo/post_articles/164926
株式会社コーボーでは一緒に働く仲間を募集しています
14 いいね!
14 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング