1
/
5

【スタッフインタビュー】未経験エンジニアからサービス新機能開発の主要メンバーになった理由とそれまでの軌跡

こんにちは!コントロールテクノロジーの岡本です。当社は、RESERVA予約システムというSaaSの予約システムを開発・展開しているIT企業です。サービスの運用・展開にあたって、各部門さまざまな社員が活躍しています。

現在、さらなる業務拡大に向けて採用活動を強化中です!そこで当社についてより詳しく知っていただくために、今回はエンジニアの中本(なかもと)さんに、当社の魅力について語っていただきました。ぜひ最後までご一読ください!

-コントロールテクノロジーに入社したきっかけを教えてください!

もともとIT系ベンチャー企業でカスタマーサポートを担当していたのですが、社内のエンジニアの仕事が魅力的で人間的にも惹かれることが多かったので、そのときからエンジニアになりたいと思っていました。

「たくさんの人に影響を与えるようなサービス開発に携わりたい」と思っていた中で、幅広い業種や企業に予約システムを提供するコントロールテクノロジーに出会いました。

入社した当初はカスタマーサポートを担当し、平行してプログラミングの勉強をしていました。最終的に社内で行われるエンジニアになるための試験に合格し、エンジニアとしてのキャリアを歩み始めました。

現在はエンジニアとしてどのような仕事をしているのですか?

弊社が運用している予約システムサービス「RESERVA」の新機能の開発をメインで行っています。大枠の企画に沿って、プログラムに落とし込む作業です。

新機能開発の流れとしては、開発、テスト、バグの修正、リリースの順でだいたい3か月くらいかけて行っています。新機能をリリースした後もそこで終わりではなく、不具合がないかを随時チェックし、修正を行っています。

かなり忍耐力が必要な仕事だと感じたのですが、その中でのやりがいは何ですか?

やりがいは「いかにきれいにプログラムするか」を考えることです。

私は開発をその人の「作品」だと考えています。あまり想像しづらいと思いますが、エンジニアによってコーディングにさまざまな特徴や癖が出るので、そこがかなり面白いです。

だれが見ても理解できて整っている「きれいなコーディング」を常に心がけています。

きれいなプログラムを大切に思うようになったのは、私が社内で教えてもらった先輩が影響しています。

その先輩はとても厳しかったのですが、プログラミングの基礎や、プログラムするうえでの大切な姿勢などたくさんのことを学びました。その先輩なくして私のエンジニアキャリアについてお話しすることはできません!

-RESERVAでは常に新機能がリリースされていますが、大変なことはありますか?

RESERVA予約システムはお客様や社会のニーズによって常にさまざまな機能が追加しています。しかし、過去の素材や機能を生かしつつ、そこに違和感なく新しく機能を追加するのは、意外と難しいんですね。

はじめは簡単だと思っていたのですが、実際に開発に携わってみて難しさを実感しました・・・。

しかし、今ではその難しさと同時に、今ある技術をどのように実装したらきれいになるか?考えることがとても楽しいです。就業後に家に帰ってからも、「あーこうやって作ればよかったな」と考えてしまうことも多々あります。

-エンジニアグループの雰囲気や人について教えてください。

エンジニアグループ全体は、穏やかであたたかな雰囲気でとても過ごしやすい環境です。社内ではかなり若いメンバーもいれば、多国籍なメンバーも在籍しています。

さらにコントロールテクノロジーの支社がある、ベトナムハノイのエンジニアメンバーとも連携して新機能開発することもあり、刺激的で毎日が充実しています!

-今後の目標はありますか?

はい、まだまだエンジニアとしてできないことも多いので、仕事で経験を積んで少しずつ自分のできることを増やしたいと思っています。個人的には、アウトドアが好きなので、将来は場所にとらわれずに自由に働きたいです!

さらにエンジニアとしてアウトドア派の私には欠かせない地図に関連したサービスを作りたいな、と考えています。具体的なことはまだ決まっていないですが・・・(笑)

何はともあれ、今後も仕事を通して自分のスキルを磨き、どんどん成長していきたいです!

-本日は素敵なお話ありがとうございました!

コントロールテクノロジーでは正社員・アルバイト・インターンの募集をしています。詳細は以下リンクをご覧ください。みなさまからの応募をお待ちしております!

https://www.wantedly.com/projects/666519

コントロールテクノロジーでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう