1
/
5

数学教育2021年8月号にて未来教育部 部長の木川の執筆記事が掲載されました

7月12日(月)発売の学校の数学科教員向けの専門誌「数学教育」(明治図書出版)2021年8月号に、未来教育部 部長の木川の連載執筆記事『AI型タブレット教材が拓く「未来の授業」(第5回)/全国知事会における「Qubena」活用による学力への効果検証』が掲載されました。

連載第5回目の今回は、2020年12月から2021年2月にかけて、全国知事会の「これからの高等学校教育のあり方研究会」の中で、慶應義塾大学中室研究室と実施いたしました、Qubenaの活用による学力への効果検証について紹介する内容になっています。

「数学教育」2021年8月号はこちらからご購入いただけます。ぜひご覧下さい。
https://www.meijitosho.co.jp/detail/05766

株式会社COMPASSでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう