1
/
5

なにをやっているのか

物流展示会への出店を通じて新規大型顧客の獲得も進めています!
「見積・発注」「貨物スケジュールの一元管理」など、従来電話・メール・FAXや膨大な書類で管理していた貿易業務を効率化できるクラウドサービスを提供しています
〜海外で1000億ドルを超える調達が行われているデジタルフォワーディングの国内マーケットを牽引〜 Shippioは「貿易業務を効率化するクラウドサービス」と「貨物輸送手配をする業務」を輸出入の物量が大きな製造業・商社等の荷主企業様に向けてワンストップで提供する、物流業界の革新を目指すデジタルフォワーダーです。 ※フォワーダーとは、船や飛行機を手配して世界中でモノを運送する事業者のことです 国内でも、業界横断で50社超が集まる貿易デジタル化に向けたコンソーシアムが立ち上がったり、行政でも国交相から「総合物流施策大綱」DX施策が発表されるなど、貿易業務のデジタル化の需要が世界中で高まるなかで、日本では私たちがマーケットリーダーとしてテクノロジーを活用した貿易DXを進めています。 Shippioの展開するクラウドサービスは、「見積・発注」「スケジュールの一元管理」「貿易書類のクラウド管理」「チャット」の4つの機能で構成されています。 サービスの最大の強みは、貿易業務の一元管理と常に貨物の最新の情報共有を可能にしている点です。 従来は、荷主企業の貿易実務担当者がサプライチェーン上の多くのステークホルダーと電話・メール・FAXでコミュニケーションをとっている上、膨大な書類とエクセルで属人的に業務を管理しています。企業によっては1日に100分以上、貨物の状況確認に時間を割かれています。 さらに感染症流行により世界的に海運市況が混乱する中、私たちのサービスの強みである業務の一元管理と常に最新の情報が確認できることは、荷主企業にとって大きなメリットとなっています。 荷主企業にとっては、月間の貿易業務に割いていた工数を削減させること(月間工数を50%削減することに成功)、サプライチェーンを可視化できることによって本来取り組むべき海外ビジネスの強化に集中できるようになります。 デジタルフォワーディング市場は、アメリカやヨーロッパ、中国では1000億ドルを超える投資を受けてデカコーンへと成長した企業が複数現れるなど、社会的な注目度が高まっている業界です。 (参考) ・デジタル化で貿易業務の効率化を支援するShippio 見据える先は「サプライチェーン全体最適化」 https://www.logi-today.com/459196 ・デジタルフォワーダーとは何か、「非効率の極み」を解消する貿易DXの可能性 https://www.sbbit.jp/article/cont1/54312 ・ソフトバンクも巨額出資する3400億円企業、Flexport創業物語 https://jp.techcrunch.com/2020/05/05/2020-04-26-ryan-petersen-flexport/ ・中国ユンチューナ、ユニコーン企業に。1億ドル調達。海外ネット構築へ https://www.jmd.co.jp/article.php?no=268179

なぜやるのか

〜貿易を、みんなのものに。〜 貿易業務の煩雑さは、海外ビジネスを手がける多くの企業にとって長年大きな負担となってきました。 モノ・金・情報が国をまたぐサプライチェーンにのっているため、その間には多くのステークホルダーが存在します。 また、各国の法規制・慣習や企業間の壁が国際貿易業務における「共通ルール化」を阻んできたため、貿易業務は50年以上イノベーションから遠ざかり、属人化・アナログなやりとりが当たり前になっていました。 代表の佐藤と共同創業者の土屋は、前職の三井物産でトレーディングを担当する中で国際貿易業務の現状を目の当たりにして、テクノロジーによる新しい貿易業務のあり方をつくるという思いで、2016年にShippioを設立しました。 ひいては、貿易業務の効率化だけではなく、貿易のハードルを下げ、誰もが貿易に参加しやすい業界をつくることを目指しています。

どうやっているのか

全社オフサイト合宿でShippioの行動指針(Anchors)の自分ごと化とアップデートのためのワークショップを実施しました
定期的に"Shippio Award"を開催し、Anchorsを最も体現したメンバーの表彰やチームの垣根を越えた交流をしています
【Shippioの行動指針"Anchors"】 私たちは、自分たちが進むべき道標となる碇=Anchorsを策定しています。 Anchorsで決定でき、Anchorsで賞賛でき、Anchorsで評価できる、という考えを持っています。 1. ど真ん中を攻める 2. 光を目指し続ける 3. 仲間を信じ抜く 創業者から新メンバーまで、全てのチームメンバーがAnchorsを体現できる組織になるよう、浸透のための活動も行なっています。 半期に一度程度のAward体現者の表彰やSlack上での日常のコミュニケーションなど活用を進めていますが、未来の新メンバーにもAnchorsを中心としたShippioカルチャーを一緒に作っていってほしいと考えています!