1
/
5

【バンカレ生インタビュー⑬】バンカレ生1映像に詳しい彼女に学生生活のこと聞いてみた。

皆さんこんにちは!
今日は5月最終日です!皆さんはどんな1ヶ月を過ごしましたか?
バンカレではオフィスの衣替えをしたり、セミナーを開いたりと
充実した1ヶ月を過ごすことができました ☆
6月も就活生向け・インターン生向けにさまざまなスキルアップセミナーや就活講座を
開催しますので気になる方はぜひお気軽にご参加ください♪

さて、本日は13回目となるバンカレ生インタビューです!
前回に引き続き、YouTubeチームのメンバーにインタビューしました✨
大学では映像について学んだり、アルバイトでは結婚式のエンドロールを制作したりと、
バンカレ生1映像に詳しい長石さんへのインタビュー、ぜひ最後までご覧ください!

ーー自己紹介をお願いします。

大阪芸術大学 芸術学部 映像学科 2回生 長石 貴誉実(きよみ)です。
趣味は本を読んだり、音楽を聴いたり、映像の編集ソフトに触れることです。
大学では60人規模の放送研究会というサークルに所属しています。
4月ごろからバンカレのYouTubeチームに加わりました!

ーーありがとうございます!
映像に興味を持っているとのことですが、きっかけは何だったのですか?

高校で放送部に所属していたことがきっかけです。高校選びの際に ある学校の紹介ビデオを見て、"こういう映像を作りたいな "と思って放送部を目指しました。そこから映像を作ることにはまって映像のことを学べる大学を選びました。現在、大学ではフィルム映画を撮っていて、106ミリフィルムというフィルムを使って10分ぐらいの短編映画を撮っています。3回生・4回生では、ミュージックビデオやアニメーション、ドキュメンタリー映画などいろいろなジャンルの中から、自分の興味のあるものを選んで動画を撮影します。私は「震災」をテーマにしたドキュメンタリー映画を作りたいと思っています。

ーードキュメンタリー映画を作る!? 凄いです!!
所属しているサークルではどんなことをしているのですか?

去年はコロナであまり活動できなかったのですが、その分オンライン配信を頻繁に行っていました。例えば、学校のクラブハウスみたいな場所にセットを組んでライブハウスに作り替えて、学園祭の代替企画であるバンドのステージなどをYouTubeで配信していました。私はカメラマンとして撮影を担当していました。

ーーなるほど。サークル活動の中で印象に残っているエピソードがあれば教えてください!

はじめてのYouTube配信が一番印象に残っています。というのも4人で配信を行ったのですが、その4人の構成がテレビ局でカメラアシスタントをしている先輩、テレビ局でいろいろな業務を行っている先輩、専門家並みに音響に詳しい先輩などすごく優秀な方々ばかりだったんです。その中に当時1回生で、はじめてカメラに触れた私が加わることとなったのですが、最初は緊張や不安な気持ちでいっぱいでした。メインカメラを担当している先輩の動きを見ながら、撮影しているものが被らないように自分の画面もチェックしないといけなかったりしてとても難しかったです。でもこの経験を通して、優秀な先輩方にたくさんフィードバックをもらえてすごく勉強になったし、自信もつきました。サークル内では、’’長石にならカメラマンを任せられる’’ というふうに言ってもらえたことで、周りのメンバーからも「この作品やりたいんだけど‥」というような声をたくさんかけてもらえるようになりました。



ーー素晴らしい経験ですね!
今後はどんなことにチャレンジしていきたいですか?

できれば編集の道に進みたいと思っています。そのためにもバンカレのYouTube事業で編集スキルを身に付けたいです。そして将来的には地方PRの動画を作っていきたいです。全国のマイナーな観光地の魅力をより引き出せるような映像を撮ることが目標です。

ーー素敵です!長石さんが作る地方PR動画、楽しみにしています!
本日はありがとうございました!

株式会社京都ヒトノコト研究所では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう