1
/
5

【勉強会】WEBマーケティングとは?~後編~

皆さんこんにちは!
昨夜は3年ぶりとなる皆既月食🌕 しかも1年の中で満月が最も大きく見えるスーパームーンと重なっていたそうです!皆さんは赤銅色の満月を見ることはできましたか?
私も皆既月食を見ようと外に出たのですが、あいにくの曇りで月を見ることができませんでした😭
次の皆既月食に期待です…

さて、今回は前回に引き続き「WEBマーケティングとは?」の勉強会で学んだ内容 ~後編~を お届けします。前編では、マーケティングの基礎知識・具体的な仕事内容について紹介していますので、
まだ読んでいない方はぜひ前編もチェックしてみてくださいね🔍
またこの記事の終わりに勉強会の様子を載せていますので、ぜひ最後までご覧ください!

前回のおさらいとして‥
マーケティングとは「成果を最大化する仕組み&活動のPDCAを回すこと」でしたね。
では、本題となる ’’ WEBマーケティング ”とは一体何なのでしょうか。

結論から言うと、WEBマーケティングとは


WEBを活用して「目指す成果(売上/会員獲得数 etc)」を最大化する仕組み&活動のPDCAを回すこと です。

つまり、WEBマーケティングとはマーケティングの1種であり、WEBサイトやWEBサービスなどを用いてWEBを中心に行われるマーケティングのことを指しているのです。



上の画像を見てもわかるように、実は" マーケティング "と一口に言っても、その種類・手法は多岐にわたります。SNSマーケティングやインフルエンサーマーケティングなどはよく耳にするのではないでしょうか。

ではここで皆さんに問題です!

「WEBマーケティング」「デジタルマーケティング」「SNSマーケティング」
この類似している3つのマーケティングワードの関係性・それぞれの特徴や違いは何でしょう?



‥いかがですか?
’’関係性はわかったけれど、それぞれの特徴や違いはいまいちわからないな‥。’’
そんな人が多いのではないでしょうか。

では早速答えを見ていきましょう。この問題の答えは‥



上の画像のような関係性になります。

マーケティングという大枠の中に3種類のマーケティングワードがあって、デジタルマーケティングの中にWEBマーケティング、WEBマーケティングの中にSNSマーケティングがあるといった関係性になっていますね。

次にそれぞれの特徴や違いを見ていきましょう。

「デジタルマーケティング」

検索エンジンやWEBサイト、SNS、メール、モバイルアプリなどあらゆるデジタルテクノロジーを活用したマーケティングのことを指します。WEBサイトを通じて行われるWEBマーケティングよりも包括的な概念となります。

「WEBマーケティング」

WEBサイトやWEBサービスを用いてWEB中心に行われるマーケティングのことを指します。
WEBマーケティングの活動として行われる主なものとしては、WEBサイトの作成・SEO(検索エンジン強化)・アフィリエイト・WEB広告・SNSマーケティングなどが挙げられます。

「SNSマーケティング」

TwitterやFacebook、LINE、Instagramなどのソーシャルメディアを活用してファンを獲得し、企業の売上、ビジネス成長に繋げるマーケティング活動のことを指します。SNSマーケティングの活動として行われる主なものとしては、SNSアカウント運用・SNS広告配信・SNSキャンペーン・インフルエンサーマーケティング・ソーシャルリスニング(SNSを通して消費者の意見収集を行うビッグデータ活用手法)が挙げられます。

それぞれの特徴や違いは理解できたでしょうか?
では最後にWEBマーケティングにはどんな会社・職種があるのかを紹介していきます!



①事業会社の中のマーケティング部門

メーカーや小売り・金融などそれぞれの事業会社の中にマーケティング部門が存在します。
マーケティング部の中でも、商品企画・広告宣伝・販売促進といったチームにさらに細かくわかれます。マーケティング部では商品・サービスの拡大に向けて、WEBを活用した販売促進や広報活動の企画戦略から実際の広告運用・オウンドメディア企画などを担当します。社内で運用・制作まで抱える会社もありますが、多くの会社が途中の工程から専門性のある外注先に仕事を依頼します。

②広告代理店(外注先)

大手企業だと、電通や博報堂が有名ですね。
職種としては、クライアント窓口として提案や交渉、サポートを行うアカウントプランナー(セールス)、データ解析・ビッグデータ・AIを活用して分析を行うWEBアナリスト、制作/運用のコントロールやマネジメントを行うWEBディレクター などが挙げられます。

③WEBマーケ/コンサル(外注先)

WEBマーケティングをはじめ、1つのマーケティング手法に特化した企業のことを指しており、ベンチャー企業が多く存在しています。職種としては、マーケティングの上流部分(コンセプト・戦略設計、長期的な戦略構築など)の戦略を立案するマーケティングプランナー/コンサルタント、WEBアナリストなどが挙げられます。

※②と③の違い
②広告代理店はあらゆるマーケティング手法を網羅しているのに対して、
③WEBマーケ/コンサルは ’’WEBマーケティングのみ’’ ’’インバウンドマーケティングのみ’’
というふうに1つのマーケティング手法に特化した事業内容を展開しています。
わかりやすく病院で例えると、②は総合病院、③は専門医 という位置づけになります。

④WEB制作会社(外注先)

中小企業やフリーランスなどが挙げられます。職種としては、WEB制作のコントロールを行うディレクター、サイトデザイン/パーツ(バナー・ボタン・画像)などを作成するWEBデザイナー、支持されたコンテンツ記事を執筆するライターが挙げられます。


「WEBマーケティングとは?」~後編~ いかがだったでしょうか。
後編ではWEBマーケティングについて深く掘り下げ、会社や職種についても紹介しました。

私自身、この勉強会に参加するまでマーケティングと聞いても言葉のイメージが曖昧で説明することができませんでした。でも今回の勉強会を通じてマーケティングとは何か、またその基礎の部分を理解することができ、とても有意義な時間となりました📝バンブーカレッジでは、大学生に向けてビジネスに役立つスキルや知識を学ぶ勉強会を定期的に開催しています。記事を読んで「勉強会に参加してみたい!」「興味がある!」と思った方はぜひお気軽にお問い合わせください!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

~勉強会の様子~





バンカレのYouTubeチャンネルにも勉強会の様子をのせているので
そちらもぜひチェックしてみてくださいね✨


【 バンカレ YouTubeチャンネル 】

https://youtu.be/tZWZ7F9oR2o

株式会社京都ヒトノコト研究所では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう