1
/
5

【勉強会】WEBマーケティングとは? ~前編~

皆さんこんにちは!
5月も残りわずかとなりましたね。
いかがお過ごしでしょうか。

今回は、先日バンブーカレッジで行われた「WEBマーケティングとは?」の
勉強会で学んだ内容をご紹介します。
"マーケティングって言葉は知っているけど… 実際は何のことを指しているの?"
"WEBマーケティングにはどんな会社・職種があるの?"
そんなあなたの疑問にお答えしちゃいます!ぜひ最後までご覧ください!

そもそも、マーケティングとは?

皆さんは、’’マーケティングとは何ですか?’’と聞かれたときになんと答えますか?

市場調査?広告?販売促進?

実はマーケティングという言葉はさまざまな意味で使われており、人によってその認識が異なるため、言葉の意味が曖昧になりがちなのです。普段、マーケティングという言葉を目にしたり使っていたりしても、マーケティングとはこれだ!という明確な意味を簡潔に説明することは難しいのではないでしょうか。

結論から言うと、マーケティングとは

「成果を最大化する仕組み&活動のPDCAを回すこと」です。

つまり、会社の売上を伸ばすために商品やサービスが売れる仕組み・選ばれる必然性を作っていくことです。

ではいきなりですが、ここでみなさんにクイズです!
以下の中からマーケティングに当てはまるものを全て選んでください。



いかがですか?わかりましたか?
’’う~ん💦’’と頭を悩ませた方もいるのではないでしょうか。

この問題の答えはというと…


全部 なんです!

マーケティングは広告宣伝や商品企画のイメージが強く、イベント・訪問販売・テレアポまで含まれるの!? と思った方もいるかもしれません。ですが、実はそれらも商品やサービスを売るための(売上を上げるための)企業活動なのです!つまりマーケティングということですね!

ここまででマーケティングとは何か、少しイメージがつかめましたか?
ここからはマーケティングの具体的な仕事について3つ紹介したいと思います。

①市場(自分たちが戦うフィールド)を分析する

市場を分析する上で重要となるのが3Cという視点です。

1.Company : 自社(会社の方向性・強み・弱み・他社との比較など)

2.Costomer : 市場・顧客(今の流行・顧客の悩みなど)

3.Competitor : 競合他社



市場の分析ができたら‥

②ターゲットの設定

→マーケティングの施策を誰に対してどのような価値を提供するかを決めること。

そもそも、なぜターゲットを絞る必要があるのでしょうか?
その理由は、

・消費者のニーズは多様なので誰もがほしがるモノはないから
・企業の予算は限られているので、広告などを全ての人に向けてうつことはできないから

です。ターゲットを設定することで、勝負する市場をより細かく絞り、特定のニーズに応える商品やサービスを提供するための戦略を構築していくのです。ターゲット設定の際に用いられる方法としては、STP分析などが有名ですね!

4Pの戦略を決め、実行する

4Pとは‥ 設定したターゲットに価値を提供するための具体的な方法のこと。

・Product  :商品 (何を売るか?)

・Price   :価格(いくらでうるか?)

・Place   :流通(どう届けるか?)

・Promotion :広告(どうやって知らせるか?)


4Pの具体的な戦略を決め、それを実行していきます。実行していく中でPDCAを繰り返し、視点レベルを上げ、さらなる売上アップに繋げていくことが重要となってきます。

「WEBマーケティングとは? ~前編~ 」いかがだったでしょうか。
今回の記事では、「WEBマーケティングとは?」に入る前にそもそもマーケティングとは何かという話、マーケティングの仕事内容や基礎知識について紹介しました。知っているようで知らない、曖昧なイメージだった マーケティング がこの記事を読んで少しでも明確になっていれば幸いです。

そして次回は!本題となる「WEBマーケティングとは?」について解説していきたいと思います。
後半も盛りだくさんの内容でお届けしますので、ぜひお楽しみに!

株式会社京都ヒトノコト研究所では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう