1
/
5

なにをやっているのか

クラウドファンディングでの実績
ブランドコンセプトは、「Farm to Fashion」。インドネシア現地の研究機関と共に、原料の研究から店舗運営まで全てのサプライチェーンを自主運営
KAPOK JAPANは、創業75年のアパレル企業双葉商事の4代目である、深井喜翔が家業からの2020年にスピンアウトで設立。 木の実由来のファッションブランド、KAPOK KNOTをD2Cで運営。 ミッションは「世界中にサステナブルで機能的な素材を届ける」こと。 クラウドファンディングMakuakeでは、2年で3,000万円以上の支援を集めることに成功。 カポックは動物を傷つける必要も、木を伐採する必要もなく環境にやさしい。 そのカポックを使って開発した独自素材の、Ethical down kapokは、 薄くて暖かい機能性をもたらし、ダウンのデザインを自由に実現できる。 現在、Ethical down kapokをB2Bでも展開し、2021年冬には10社に採用。 メディア掲載: VOGUE/WWD/ELLE/HUFFPOSE WBS/MBS/日経新聞 その他テレビ、雑誌など出演多数 受賞歴: 経産省/JETRO主催「始動 next innovator 2019」 シリコンバレー選抜/選抜内で1位 Industry Co-Creation サミット2021 クラフテッドカタパルト グランプリ 日経新聞のピッチイベント「スタ★アトピッチ Japan」2021 アトツギベンチャー賞 環境省主催 環境スタートアップ 2021 優秀スタートアップ

なぜやるのか

私たちのミッションは「世界中にサステナブルで機能的な素材を届けること」です。 これまで環境に優しい素材は、機能性が劣ったり、コストが高かったりと、 商品化するためのハードルが多くありました。 私たちはカポックという素材を通じて、そのミッションをクリアし、 更にまだ見ぬサステナブルな新素材の開発を追求します。

どうやっているのか

私たちは現在、フルタイムメンバーが私ともう1人のみで、 複業メンバーを18名に支えていただき事業を運用しています。 副業ではなく、複業という意識で主体性を持ち関わってくださっているメンバーが多くいます。 リモートでのコミュニケーションに不安がない方に参加いただきたいです。