1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

社内副業を始めてみました

コロナ渦で在宅勤務が当たり前になってきた今、空き時間を使って副業をする方が多くなったと思います。また、政府が働き方改革の一環で行った施策がきっかけで、大企業を中心に副業解禁の波が起こりました。

出典元:https://agent-network.com/bitwork/company366


副業のメリットとしては、①収入が増える、②自身のスキルが向上できるなどありますが、その反面、個人商店として色々手間なことが多かったりもします。

例えば、こんなことが想定されます。
① 顧客開拓(クラウドサービスを使っても営業活動は必須です)
② 見積書提出
③ 契約締結(初めて取引する場合には、秘密保持契約や取引基本契約など)
④ 請求書提出
⑤ 入金確認
⑥ 年間20万円以上の収益がでる場合は、確定申告

また一番大変なことはリスクヘッジをどうするか。も重要なこと。
本業であれば、会社としてリスクヘッジしていきますが、副業の場合は個人でリスクを考慮し、
物事を進める必要があること。

そこで、我々は社内副業を開始しました。
各個人がミッションとするもの以外の業務を行った場合において、
本来、外注するはずだった金額を給料として検収月に業務手当として支給します

社内副業で何がメリットかというと。
① 営業活動や顧客との契約行為は全て会社が行ってくれるため自分ができる仕事があれば手を挙げるだけ
② 発生する諸々のリスクは全て会社がもってくれる
③ 毎月支払われる給料の中で業務手当として支払われるため税金等もすべてひかれた状態で入金される

手間なく、自身のできる範囲でスキルを向上させて、収入も増やせる仕組みです。

これからの時代、収入が高ければよいという考えよりも、
個人として何ができるのか。という視点が重要になってくると思いますが、
弊社は、そのどちらも従業員に得られる仕組みづくりを考え機会創出をしています。


社内副業 第一号案件はある芸能人のグッズデザインです。乞う、ご期待!

株式会社ルトワでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう