1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

韓国で生まれ、豪州育ち、日本で会社を売却した男が選んだ次なる挑戦は「働き方改革」だった

NIMARU TECHNOLOGYで働く仲間をご紹介します。

今回は創業者であり、CEOのジョンです!

アイデアマンであり、それを実際にサービス化までする手腕が買われ、東証一部上場企業にサービスの売却経験もあるジョンが次なるステージに選んだのが「まるで現実のようなオンライン空間」でした。

ジョン セーヒョン/CEO

1991年生まれ、オーストラリアで高校卒業後、韓国に帰国し、貿易仲介事業を起こす。東日本大震災をきっかけに日本の大学に進学し、IT企業の企画インターンを経て、大学在学中、大阪で起業し、越境関連IT事業を行う。複数のベンチャーキャピタルから資金調達を行い、2017年、東証一部上場企業に会社を売却。2019年からはAI・ブロックチェーン・RPAなど、先端のIT技術のコンサルティングを行っており、2020年において新たな技術を創造するためのNIMARU TECHNOLOGYを設立。コロナによってアフリカで足止めされたことをきっかけでoViceの開発を始めた。


「一番雑務をする人」

Q : NIMARU TECHNOLOGYで何をしているの?

今は主にoViceの開発やカスタマーサポート、マーケティング、事務などの人員が不足している業務を転々としています。つまり私が一番雑務をしている状況です。まだまだスタートしたばかりの弊社は、サービスも8月にβ版をリリースしたばかりです。おかげさまでoViceはリリース直後から多くのお問い合わせをいただき、1ヶ月たらずで100社以上に導入されています。どんどん事業規模は大きくなっていますが、会社の規模は小さいままなので、それぞれのメンバーが、自分のできる業務を掛け持ちしながら、一丸となってoViceを運営しています。


「枠からはみ出して」

Q : NIMARU TECHNOLOGYはどんな会社?

NIMARU TECHNOLOGYは完全リモートでフレキシブル勤務を採用しています。開発メンバーがチュニジアや韓国にいたり、日本人メンバーも東京や大阪、そして私は石川とみんな離れ離れです。だからこそoViceという空間で一緒に働いていますが、みんな能動的だなと感じています。役割の大枠が固まっていれば、その枠を少し飛び出しながら、自律的に動いています。その「枠から少し飛び出す」ところから、新たな発見があると思っています。一緒に働く方にはぜひ、積極的にはみ出してほしいです。


「私生活の充実」

Q : oViceを開発して良かったと思うことは?

oViceを使うことで、私も石川の能登地方というとてものんびりした街で、日本のメンバーとも海外のメンバーとも十分な仕事ができています。大阪や東京で仕事を経験してきましたが、人混みが苦手なので大変でした。でもテレワークによって、どこで働いても良い、という時代がやってきています。この価値観が浸透すれば、自分が本当に住みたい場所から仕事ができ、私生活が充実します。その心の余裕が、業務に新しい風を吹かすことができると感じています。


「世界中の人々の働き方を変えたい」

Q : NIMARU TECHNOLOGYは今後どうなるの?

私たちが今いるのは、直近すごい勢いで伸びているもののまだ競合の少ない新しい市場です。特定の業務をサポートするサービスは次々とリリースされていますが、テレワーク自体をサポートするサービスはまだほとんどリリースされていません。そんな市場で、まずは日本のNo.1を目指しています。オンラインで働く時の選択肢の中で、まずはoViceの名前が挙がる。そして採用される。そんな状況を来年までに形成したいと考えています。

そして将来的な課題として、oViceをオフィスだけではなく、バーチャルスペースそのものとして、オフラインのスペースのように、様々な用途で使えるようにすることと、グローバル展開、oViceのプラットフォーム化(アプリストアのように、oVice上にプラグインのマーケットプレースを作る)、ポストコロナに備えたOn/Offlineの融合などがあります。これらの課題を一つ一つクリアすることで、私たちが世界中の人々の働き方を変えたいと思っています。


「サービスが自分の力で成長していると肌で感じられる」

Q : NIMARU TECHNOLOGYで働くメリットは?

現状では会社やサービスとして0から1へのステップは終了しました。ある程度安定し、サービスの骨格が固まってきています。そしてここから1から10にするステップに突入します。シードのような0→1の仕事や、多くの企業が積極的に採用を始めるフェーズである10→100は多くの方が経験できることではあります。ただ、1→10というのは、本当に限られた期間しかありません。

このステップでは、サービスの方向性がある程度固まっていて、市場で受け入れられるまでの間に、様々なトライ&エラーをすることができます。進む方向は決まっていますが、お手本が決まってない分、自分の裁量や考えが強く反映されるやりがいを感じられると思います。そしてどんどん会社やサービスが自分の力で成長していると肌で感じられる珍しいステップです。とても楽しい時間なので、ぜひ経験してみてほしいなと思います。


「ニュースタンダードに一石を投じる」

Q : 最後に、自分にとってのNIMARU TECHNOLOGYとは?

私にとって、oViceというサービスを通した技術実験であり、社会実験でもあります。まだ構想段階ですが、様々な最新技術を導入しながら事業範囲を拡大したいと思っています。新型コロナウイルスの影響でニューノーマルな世界になった今、自分に何ができるのか、何が求められているのかを常に考えています。そして実際に私が考えるサービスと技術の掛け合わせが受け入れれるのか、oViceという働き方のニュースタンダードが社会に利益を提供できるのか、とてもワクワクしながら働いています。

株式会社NIMARU TECHNOLOGYでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう