1
/
5

皆が同じ方向を向き続けて、それぞれがやりたいことにチャレンジしている環境を、人事制度としても作っていきたい

はじめまして。
2021年7月よりUKABUにジョインさせていただいている鹿田です。

まもなく社会人8年目となり、本業では人材大手の会社で人事をしています。
私生活では、半年前に家族で東京から地方へ移住しました。
本業副業ともにリモート在宅勤務で、本業は時短勤務、UKABUでは週数日、子どもが寝た後の時間で働いています。

今までどんなことをしてきたか

学生時代は馬術部、新聞部、旅にのめり込みました。自分の足を動かして知らないものや人に出会うことが楽しく、また自分が伝えることで誰かの背中を押せることに喜びを感じ、「人の背中を押せる、一歩踏み出す後押しをしたい」そんな仕事をしたいというのが就職活動の軸でした。

新卒で入社したのは、人材大手の会社。「人の背中を押す」べく営業職と思っていましたが、配属されたのは代理店との契約やアライアンスに関わる仕事でした。直接誰かの背中を押してはいなかったので、なかなか喜怒哀楽を感じづらい仕事ではありましたが、自分の仕事の先で一歩踏み出せている人たちがいることを想像し、縁の下の力持ちとして、気がつけば5年間、取り組み続けました。

それから、結婚や出産・育児休暇を経て、復職後は、部署は変わって、人事・組織開発に関わる仕事をしています。

UKABUを選んだ理由

そんなタイミングで、以前仕事でとてもお世話になったUKABUの代表の丸山さんと話す機会があり、声をかけてもらったのです。

あらためて、UKABUの話を聞いた時、率直に"面白い!"と思いました。
営業サポートのサービスはたくさんあれど、現場で使える、営業自身のパワーアップをアシストするという着眼点は聞いたことがないと思ったからです。

これまで数多くの営業現場に立ち、たくさんの営業メンバーを育成・指導してきた丸山さんだからこそできることだし、思いつくことだなと、わくわくしました。(いまでもわくわくしてます!)
そして、自分にできることがあるならば、ぜひ一緒にやりたいと思いました。いや、今はやれなくても、関わらせてもらいたい!とすぐに思ったのです。
(実は、社会人として働く頃に慣れてきた2年目に、キャリア迷子になりつつも仕事と向き合い成長できたのは、いつも期待をかけ、夢中になれる一歩先を見せてくれた丸山さんのおかげだったので、UKABUでなくても、いつか丸山さんの力になれるようになりたいと思っていました。)

働いてみて感じているUKABUの魅力

1.やりたいことに挑戦できる環境

本業で人事をやっていますが、担当しているのは組織開発です。なので、人事制度には正直あまり詳しくありません。
しかし、私は今後のキャリアのためにも、人事制度まわりからやっていきたいと考えていました。そのことを伝えたところ、すぐに「少しずつでいいからやってみようよ。うちでやってみながら経験積んだり覚えてみたらいいじゃん!」と、任せてもらえました。
未経験でも「やりたい」という想いを大事に、やらせてもらえる環境に、わくわくしています。

会社を作っていくフェーズから携われているので、人事制度をつくること、組織のあり方を考えること、採用も、人事全部に携われるのは、やりがいたっぷりです。

2.情報のオープンさ

基本Slackでやりとりがされているので、丸山さんが何を考えているのかはもちろん、皆が今どんなことをしているのか、知ることができます。丸山さんは、自分用のメモといいながら、考えていること、思っていることを日々発信してくれます。

普段も、わからないことや知りたいことには皆さんが答えてくれますし、エンジニアや営業などの職種を超えて発信しあえていて、リモート勤務でも関係なく、モチベーションもあがります。また四半期に1回、全員で顔を合わせる(もちろんリモート参加OK)キックオフMTGをやっているんですが、四半期の振り返りだけでなくこれから先の展望、計画も具体的に語られます。
このMTGでは、資料やムービーまで作って共有してれ、会社の経営状況も含めてあまりにオープンに共有してくれるので、一緒に頑張ろう!という気持ちになります。

3.働き方

私はワーキングマザーで子供がまだ小さいですが、子どもの発熱や寝かしつけに手こずるなど、予定通りにいかないこともありますが、とても柔軟に対応してもらっています。

また、地方に住んでいるので、リモートで勤務できることも、とても感謝しています。社内には業務委託・副業の方もいたり、主婦の方、地方在住の方、学生の方、夜に作業をしている方など、さまざまな人がいますが、それぞれの事情を考慮しながら仕事をしあうことが、会社として当たり前になっていると思います。

それでも、バラバラにならないで、皆で同じ方向を向いて取り組んでいることを実感できる風土があるので、子育て中だとか、地方在住だとかということに、申し訳なさをそんなに感じないで、わくわく仕事ができていると思います。


今後、UKABUでどんなことをしたいのか

会社としては、丸山さんが実現したい世界に少しでも近づけるように、とにかくできることはなんでもサポートしたいという気持ちです。

私個人としては、人事としてスタッフ職として、本業だけでは得られないスキルアップができるように、幅広く学びながら実践を繰り返していきたいです。この記事を読んでくれている方々に、ぜひちょっと話をきいてみたいと思ってもらえるように、採用活動もさまざまな取り組みをしていきたいですし、人事制度も作っていきたいです。

すでにみんなが働きやすくて、UKABUの未来に向かって取り組める風土はあるので、それを人事制度や採用、組織体制作りの面でもしっかりと、仕組みとして作っていきたいと思います。

株式会社UKABUでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング