1
/
5

なにをやっているのか

私たちバンダイナムコネクサスは、2017年8月に株式会社バンダイナムコエンターテインメントと株式会社ドリコムの合弁会社として、株式会社BXDとして設立されました。設立より、ブラウザゲームプラットフォーム「enza」の開発・運営を通して、配信するゲームタイトル毎にブラウザゲームプラットフォームならではの様々なアプローチを行ってまいりました。(「enza」では、現在、『アイドルマスター シャイニーカラーズ』をはじめ、『NARUTO X BORUTO 忍者 TRIBES』、『猫とドラゴン』を配信しております) 2020年3月にはバンダイナムコエンターテインメントの100%子会社となりました。「enza」 にとどまることなく、新しい IP の楽しみ方をファンの皆様へ提供する事ができるように、バンダイナムコグループが手掛ける様々なプラットフォームやサービスをクロスさせることで、これまでのプラットフォームベースから IP ベースの総合エンターテイメントの構築を実現・加速させるため、現在ではIPファン向けサービスの開発・運営・分析なども行っております。 また、2021年3月には現在のバンダイナムコネクサスという社名に変更いたしました。 バンダイナムコグループが展開する多彩な事業をつなげ、IPの創り手とファンのお客様との結びつきをより強くするための懸け橋となるという思いが、社名のnexus(繋がり・絆)には込められています。 ※IP:Intellectual Property の略で、キャラクターなどの知的財産のことを指します。

なぜやるのか

バンダイナムコグループは、玩具や店舗展開からデジタル領域まで 世界でも有数の多業種に渡るエンターテインメント事業を展開しています。 当社はこれらの事業で共通するIPを軸に、お客様と向き合い理解を深めることで、 これまでにないエンターテインメントをバンダイナムコグループとして 生み出していくことを企業ミッションとしております。 具体的にはグループが手掛ける単体事業だけでは到達できない、新たな発想や基盤構築を実現するための以下の3つの事業を推進しています。 ①「事業単体/横断データ分析」 ②「IPファン向け情報発信の機能開発・運営」 ③「商品連動を可能にしたHTML5 プラットフォーム enza の展開」 ネクサスの名のもと、これら3つの事業や業務をバンダイナムコグループ各社と緊密な連携を取りながら、バンダイナムコグループ全体の目線で、世の中をワクワクさせる取り組みへと進化させていきます。

どうやっているのか

2020年12月に改装した新オフィス(フリーアドレス席やオフィス中央のパントリー)
防音ボードのある集中ブース
バンダイナムコネクサスは、2017年8月の設立から4年が経ち、社員も35名まで増えました。 様々なバックグラウンドの仲間たちが、主にグループ外からの中途入社で集まってくれています。 創り手やファンへの価値提供に情熱をもったメンバーが、自身の専門性を強みに、エンターテインメント IP を推進している活気ある職場です 。 ■求める人材要件としての「自走型人材」 人材要件は『 自走型人材 』 を基本とし、新しいエンターテインメント体験を開拓するために3つの要素(「考え抜く力(課題や問題を解決に導く)」、「行動力(挑戦を楽しむ)」、「協働する力(周りを巻き込んで大きな事業を推進する)」)を大切にしています。 ■自律的な働き方 「BNX New Normal」 を掲げ、仕事内容によって働く場所を柔軟に選択できるワーキングスタイルです。それぞれが生産性を高めながら自律的に働くことを推奨しています。 オフィスはフリーアドレス化されています。リラックスして打ち合わせができるソファーブースや防音ボードが施された集中ブース、オフィス中央にはパントリーもありコーヒーメーカーやウォーターサーバーも設置しています。 多くの社員がテレワークで勤務しています。テレワーク環境のサポートを目的にした在宅勤務手当も毎月支給しています。 ※外部のサテライトオフィスサービスを契約しており、働く場所の選択肢の一つとして利用できます。 フレックスタイム制を採用し、服装もドレスコードはなく自由にしています。 ■働く環境・制度 ●成長支援 ・ビジネススキル向上を目的としたEラーニングの受講が可能です。  また、専門性向上を目的とした外部研修も受講できます。 ・社内勉強会も定期的に開催しています。 ・エンターテインメントに関連した活動を毎月補助するBNXプレミアムデーという制度があります。 ●コミュニケーション ・全体ミーティングを月2回程度開催しています。 ・イベント(歓迎会等)補助の制度もあり、部門をまたいでの交流も推奨しています。 ●評価 ・等級に求められる目標・行動目標を設定したうえで、年度評価を実施しています。 ※賞与は、個人の実績と業績連動賞与として、年1回6月に支給。その一部を仮払金として12月に支給しております。