1
/
5

事業・プロジェクト紹介(AI・データサイエンス領域)

大学との連携で磨かれた最先端技術で未知の課題に挑む。
独自プロダクトや人材育成サービスも提供も活発化。

国内外の先進的な事例から、ビジネスの急速なデジタル化(デジタルトランスフォーメーション)の潮流をいち早く感知していた私たちは、AI/機械学習やデータサイエンス関連のソリューションに特化した「IT戦略支援事業部(現:デジタル戦略支援事業部)」を2014年に立ち上げました。クライアントは、金融業、商社、製造業、官公庁など、あらゆる業界が対象です。「AI/機械学習やデータサイエンスの技術を用いて事業を刷新したい」というクライアントの要望に対し、解決すべき課題としてのテーマを特定したうえで、そのテーマに対応する最適な最新テクノロジーやサービスを選定、提供しています。

また、この領域では、豆蔵の技術力を積極的に活用した自社開発プロダクトやサービスも提供しています。対話型AIエンジン(チャットボット)『MZbot™』は、その代表的な例です。この対話型AIエンジンは、単なるチャットボットではなく、チャットを通じてRPAやサービスロボット、クラウドAPI、IoTセンサ等と連携し、あたかもデジタル秘書のように、多くの業務を代行させることができます。この『MZbot™』は、FAQのデータをインポートするだけでチャットボットを簡単に導入できることや、文書のレコメンド機能、意味検索機能等の他社に無い独自の機能を数多く搭載することで、大手企業を中心に30社以上のクライアントからの支持をいただいています。また、業務の自動化を推進するRPAにおいては単なる「ロボット作成代行」ではなく、RPAの効果を最大限に引き出すためのワンストップサービス「RPA Office ™」を提供しています。

最先端の技術を理解し活用するべく、大学との連携を活発に行っているのも、この領域の特長です。九州大学、九州工業大学、一橋大学などの研究者との連携や人材交流を通じて、先端技術をビジネスに活用する『AIアスリート塾』や『データ分析Café』などの人材の育成事業において特に大きな成果を上げています。また、既存の事例が無い新しい領域のため、20代の若手社員の活躍も顕著です。『MZbot™』の開発を開始した2017年当時、新卒入社2年目だった社員がシステムのコア部分をほぼ一人で開発しました。現在では大幅に増員した開発チームの中心人物として活躍しています。

AI・データサイエンス領域の事例紹介

大手総合商社のデジタルトランスフォーメーションを推進する「技術パートナー」に。

大手総合商社でのプロジェクトでは、AIチャットボットやRPAなどの多岐にわたった技術適用を推進しています。技術を単に提供するだけではなく、たとえば、業務効率化のためのロボットコンテストの開催や、社員への教育研修に至るまで「RPA Office ™」で支援するなど、クライアントご自身で最新技術を展開・実践できるようにするところまでサポートを行っています。このようなフルレンジでの対応力により、デジタルトランスフォーメーションのための「技術パートナー」としての総合的なサービスを提供しています。

※転載元の情報は上記執筆時点の情報です。

上記執筆後に転載元の情報が修正されることがあります。


詳しいサービス内容はこちら


株式会社豆蔵では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう