1
/
5

従業員のウェルビーイングを実現する新サービス、「アドバンテッジウェルビーイングDXP」の開発・運用を担うエンジニアにインタビュー!



こんにちは!                                         アドバンテッジリスクマネジメント(ARM)人事部です。                      今回も社員のインタビューをお送りいたします。

今回紹介するのはDXサービス企画開発部のエンジニア、山口詢さんです。

ARMの開発ってどんなことをしている?
どんな人と一緒に働きたい?                                  などたくさんのことを語っていただきました!

DXサービス企画開発部 山口詢さん

2021年入社 
入社後、DXサービス企画開発部にてアドバンテッジウェルビーイングDXPの開発及び、
サービス・システム運用のディレクターとして活躍


-ARMへ入社したきっかけを教えてください

前職ではシステムの運用関連の業務に携わっておりました。しかし、業務にあたるにつれて、手を動かして作り上げた仕組みが世の中に残っていく、サービスの開発側に携わりたいという想いが強くなったのが転職のきっかけです。

そこで出会ったのがARMです。近年HRTechの言葉とともに人事領域で様々なサービスが誕生し、デジタル化が進んでいますが、各システムに蓄積されたデータを活用し、人事・組織課題を解決する仕組みはまだ世の中に浸透していません。そんな人事課題を解決するプラットフォームとして、とても事業価値が大きく面白いサービスだと感じた、「アドバンテッジ ウェルビーイングDXP」に開発段階で携われるということで非常にわくわくしました。

実は入社前はアドバンテッジウェルビーイングDXPも開発・構想段階であり、形のない状態でした。それでも入社を決めたのは、リスクはあっても面白く、自分自身のキャリアとしてもプラスになると思ったからです。学生時代にベンチャー企業で働いたことがあり、サービスを0から作る面白さを知っていたのも大きいかもしれません。なんでもやらせてもらえそうで、いろんな経験ができ、20代でスキルが伸ばせる、そんなARMに飛び込みました。


-実際に入社してみていかがですか

大変だろうなとは前もって考えていたので悪いギャップはありませんでした。未知な領域に飛び込み大変さを楽しもうと思っていたので。良い意味のギャップとしては、サービスの構想が絶対面白いものになると強く実感できたことです。


-どうして「絶対面白いものになる」と強く実感できたのですか

ARMは人事・組織課題に対するソリューションをかなり多く持っています。そして、そのどれもが専門的な知見かつ膨大なデータを元にしていることが特徴です。ただデータを活用し、人事・組織課題を見える化させるだけであれば他の企業のサービスでもできるかもしれませんが、その先にある課題の解決においてもワンストップで価値提供することができる、それは、業界のリーディングカンパニーとして実績を積んできたARMだからこそできること、と実際に入社をしてから実感したからです。
現段階ですでに業界をリードしているARMのソリューションと、その運用をさらに加速させるDXPの構築の可能性に、大きな期待感を持っています。


-具体的な業務内容を教えてください

アドバンテッジウェルビーイングDXPの開発及び、サービス・システム運用のディレクターとして働いています。開発といってもアドバンテッジウェルビーイングDXPのプロダクト開発にはパートナーとも呼べる強力な開発ベンダーがいます。ベンダーと協力しながら、アドバンテッジウェルビーイングDXPの利用価値を最大化するための機能仕様を検討したり、実装された機能の試験・改修を実施しています。

また、顧客オペレーションやシステム運用の設計及び実運用業務にも携わっています。お客様の業務負荷がかからない形で、いかにアドバンテッジウェルビーイングDXPを使っていただけるかを考えながら、お客様の導入支援や問い合わせ体制の構築・運用に当たっています。


-開発における、ARMならではの特徴や面白みは何かありますか

先にも述べたとおり、要件定義〜開発までフェーズから開発ベンダーと協業しながら進めています。ですが、事業会社にありがちな、開発ベンダーに任せきりの状態ではなく、要件・仕様などの各種検討には必ずARMメンバーが入り、 適宜、意思決定をしながら進めています。

ウェルビーイングDXPの開発言語はJava、フレームワークはSpring boot, Vue.js等を使用しています。また、AWSの各種技術をベースにサーバレスな構成を行っており、最新の技術トレンドを取り入れた、拡張性の高い開発を進めていることも特徴です。


-チームの雰囲気を教えてください

執行役員直下のプロジェクトとして、企画・開発に精通したPMの下で、10数名がアドバンテッジウェルビーイングDXPのサービスに携わっています。 また、中期経営計画にも掲げているとおり、IT投資を積極的に進めており、これまで以上にIT・システムに注力した会社に変化していっているという感覚を、メンバー一人一人がもって仕事にあたっています。

その中でも、全メンバーが自分の業務領域を持ちながらも、各々の領域に限らず、課題解決のために主体的に動けるのが大きな特徴だと考えています。チームには20〜60代まで幅広い世代の方がいますが、世代に関係なくフラットに議論・相談ができる環境だと感じています。

企業向けのシステムのため、法令等最低限抑えなければいけないポイントはありますが、サービスリリースして間もないこともあり、状況が刻一刻と変化する中、少人数でスピード感を持って仕事できるのも特徴ですね。入社して数ヶ月になりますが、これまで仕事面でやりづらさを感じることなく業務に取り組めています。


-ほかにも、ARM全体として感じることはありますか

ARMはストレスチェックやGLTD(団体長期障害所得補償保険)といった既存の事業基盤がしっかりしています。その上でより世の中に価値提供していくためにアドバンテッジウェルビーイングDXPの開発に取り組んでいるのが大きな特徴ではないでしょうか。そのような中でチャレンジできる環境は珍しいですし、入社のタイミングに関係なくどんどん関わることができるのも魅力ですね。

また、人が優しいのも特徴の一つです。私は業務の性質上他部署とのやりとりも多いですが、分からないことはみなさん積極的に教えてくださいますし、密な連携が取れています。相談やコミュニケーションに壁がなく、仕事に取り組みやすい環境だと感じています。


-これからどんな方と一緒に働きたいですか

これから急成長をしていくアドバンテッジウェルビーイングDXPですが、まだまだやるべきことも多いです。その中で、課題解決のために自身の業務領域に囚われず主体的にアクションを起こせる方を必要としています。 また、「健康経営」「DX」といった、世の中のトレンド・成長領域で働くことに面白さを感じていただける方とぜひ一緒に働きたいですね。事業成長とともに、個人としても間違いなく成長できる環境ですので、興味のある方はぜひ応募いただきたいです。

みなさん、いかがでしたでしょうか。
0から新しい価値を創り上げていくことに大きな喜びを持ち、楽しみながら挑戦し続ける姿はとても頼もしく、キラキラと輝いていました。アドバンテッジウェルビーイングDXPの今後が非常に楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは次回の社員紹介もお楽しみに!

株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメントでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう